トップページ > オーディオ関連 > PHONO端子の付いたアンプの選択

PHONO端子の付いたアンプの購入を検討するに至った背景と機種選定

昔からレコードプレーヤーを愛用している私はYAMAHAのAVX-590 DSPを買って20年になります。さすがにスピーカーの左から音が出なかったり、左が出るようになったかと思ったら右から出なくなったりと、気まぐれが起こるようになりました。2年ほど前にアンプの買い替えを検討した時は、市販の新しいアンプにはPHONO端子が付いていませんでした。それで、2015年1月30日にYAMAHAのAVX-590 DSPの中古品をAmazonで2万円ちょっとで買いました(現在でもその中古品は同じ値段でネット通販されているようです)。買った中古品もやっぱり同じような症状が出ましたので、このAVX-590 DSPの機種特有の症状なのだろうと思いました。それでも電源のON/OFFを繰り返すとその時だけ直ることもありましたし、直らないこともありました。いろいろいじっている中で発見したのは、BALANCEを音が出ないスピーカー側にいっぱいに回しておいて、アンプのボリュームつまみを急に大きく回すと直ることがあることです。大きく回すと言っても角度でいうとせいぜい40°くらいです。あまり上げ過ぎると音が出た時にものすごい音量になるので、自分も他人もびっくりしますし、何よりもスピーカーが破損する可能性が高いです。だから最高でも40°くらいにとどめています。

この方法でうまくいった時は、断線していたのが急に接触して繋がった感じの「ガサガサ」という音がします。BALANCEツマミを中央に戻す時にそんな音がします。いかにも接触不良の感じです。古いからしょうがないのでしょう。20歳ですから。私はBALANCEつまみがこの2台ともだめになっているのだと睨んでいます。つまり、この機種特有の現象なのだと思います。その証拠に、2年前に買った中古品のBALANCEつまみは外側の回す部分だけ交換してありました。前に使っていた人がそこにトラブルを抱えていたことを物語っています。

私はこの裏技によって中古品も1年半は使えたのですが、2016年4月16日の熊本地震本震でうんともすんともいわなくなりました。中が断線したようです。

そこで、元のアンプを定位置に戻して現在使っています。これも現在の症状は元の症状と変わりません。気まぐれで右のスピーカーから音が出なかったり、ある日は左のスピーカーから音が出なかったりです。これはうまく立ち上がった時でも途中でそうなることもありますが、だいたいは電源を入れた初期状態でなっています。

このままではこのアンプも使えなくなってしまうのは時間の問題です。そこで、現在市販されている新しいアンプがないものかネットで調べてみました。その結果、気付いたことがあります。そもそも私が中古品を探していたのは、レコードプレーヤーが廃れた現在、2年前ぐらいに市販されていたアンプにはPHONO端子が付いていなかったと思います。しかし、ここ1〜2年のアナログレコードブームの影響でレコードプレーヤーが発売されているので、現在の新しいアンプにはPHONO端子が付いているものが増えてきています。しかも価格は安いものでは2万円台で手に入るようです。

この傾向はレコードファンにとっては嬉しいです。なぜならば、昔の機種の中古品に必ずしもこだわらなくてもレコードが聴けるからです。むしろ、現在の方がハイレゾも聴けたりしますから、楽しみ方も多様化しています。

YAMAHAのAVX-590 DSPはだましだまし使っていますが、いつかはだめになるでしょう。そこで、現在売られている機種の中から買うとすれば何がいいだろうと思い、調べてみました。

私の好みはYAMAHAのアンプなのですが、安いものから高いものまであります。3機種の中から選ぼうと考えています。


検討している機種【ハイレゾ音源対応】プリメインアンプ DAC付 (シルバー)

YAMAHA A-S301(S) [シルバー]
YAMAHA A-S501(S) [シルバー]
YAMAHA A-S801(S) [シルバー]

まとめ

まだいろいろ検討している段階なので、決めていません。音がいいのはA-S801です。A-S301はちょっと物足りない感じです。最低でもA-S501以上と考えています。

ただ、最近、別の有効な方法を発見しました。それは、アンプとスピーカーの間を切るスイッチがあるので、それをOFFにしておいてボリュームつまみをかなり大きく回す方法です。ボリュームつまみを120°くらい大胆に迅速に往復させるのを連続で5〜6回繰り返したあとで、ボリュームをゼロにしておいてスピーカースイッチAをONにしてボリュームを徐々に上げてみると、左右から音が出るようになることが多いです。片方からしか出ないときは、出ないスピーカーの方にBALANCEつまみをいっぱい回して、そのままさらに20°くらいボリュームを迅速に往復させると直ったりします。しかし、注意しないといけないのは、スピーカーをOFFにしていたつもりがうっかりミスでONになっていたりしたらものすごい大音量が急に出て来てしまうことです。これでは驚くし、スピーカーも傷むと思います。そこを十分気をつければ今のところ最も有効な方法であることに気付きました。ただし、有効なのは電源を切るまでで、1回切るとまた元に戻るので、次にONにした時はまた同じことを行わなければなりません。この操作の成功率は80%ぐらいです。どうしても出ない時は一旦断念して、時間を置いて再チャレンジします。

しばらくはこれでいけるのではないかと思っていて、新しく買うのは控えています。どれを買うか決心がついたら、その購入プロセスも含めて改めてこのページで報告します。







このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの上へ戻る