トップページ > 果樹の栽培記録 > > ラ・フランスの落果と熟成と賞味

鉢植えラ・フランスの落果と熟成と食べた感想

5月になって咲いた季節外れの花が結実した鉢植えラ・フランスが12月3日に落果しました。市販のものに比べて少し小ぶりです。少し長い2週間の熟成後に食べたところ、甘くてラ・フランスの味がしました。今回の経験で授粉樹がなくても1本で花から実になることもあるといえます。

2018年10月12日7:49

ラ・フランス
ラ・フランスの実

9月9日の時点よりも大きくなって順調に生長しています。

2018年11月19日16:40

ラ・フランス
ラ・フランスの実

この1ヶ月では10月12日時点の大きさとあまり変わっていません。

2018年11月19日16:40

ラ・フランス
ラ・フランスの実

重く生っているので枝が垂れています。

2018年12月3日20:21

ラ・フランス
ラ・フランスの実

12月3日の夜にベランダで何かが落ちた音がしました。見てみるとラ・フランスの果実でした。ついに落ちました。5月上旬に花が咲いてから7ヶ月経ちました。ちなみに3月下旬にル・レクチェと一緒に咲いた花は結実しませんでした。

2018年12月3日20:21

ラ・フランス
ラ・フランスの実

市販のラ・フランスの果実は縦長ですが、この果実は横に広がっています。かなり変わった形をしています。

2018年12月3日20:22

ラ・フランス
ラ・フランスの実

萼窪(がくあ)側から撮影。

2018年12月17日19:03

ラ・フランス
ラ・フランスの実

落果してからちょうど2週間経ちました。ずっと室温で放置していました。少しシワが寄っています。

2018年12月17日19:08

ラ・フランス
ラ・フランスの実

包丁で皮を剥きました。よい香りがします。市販のラ・フランスと同じ香りです。

2018年12月17日19:09

ラ・フランス
ラ・フランスの実

がくあ側から撮影。大きさは市販品に及びません。

2018年12月17日19:11

ラ・フランス
ラ・フランスの実

包丁で半分に割りました。

2018年12月17日19:13

ラ・フランス
ラ・フランスの実

少し傷んで半透明の薄い褐色になっていた部分は切り取って除去しました(写真中央付近)。果実を食べてみたところ、市販のラ・フランスとほとんど同じ食感と味がしました。


まとめ

ラフランスは異品種と混植しないといけないと言われていますが、今回の検討結果は異品種なしで(ラ・フランス単独で)花が結果しました。授粉樹としてはル・レクチェを用意していたのですが、ラ・フランスとル・レクチェの両方で同時期に花が咲いた時は結実しませんでした。そして時期はずれの5月に小さい花が咲いた時は全然期待していなかったのですが、予想に反して実が生りました。授粉樹なしで結実するという結果になりましたが、今回の検討で、必ずしも混植しなくても自家受粉で結実することがあるということがわかりました。

2週間熟成して食べてみたところ、市販のラ・フランスと比べても遜色ない味がでした。ただ、熟成期間が少し長すぎたと思われます。果肉の一部がやわらかくなって皮がめくれて、果肉が半透明になってしまっていたからです。その部分は食べずに固くて白い部分を食べました。大きさも味も市販品には及びませんでしたが、ベランダで自分で栽培したラ・フランスの果実を味わうことができたので、喜びも一入です。







このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 1
  2. 2
  3. 3

このページの上へ戻る