トップページ > 私の旅行記 > 沖縄旅行記 > ANA万座ビーチホテルに3泊4日とブセナテラスに2泊3日の旅行代金比較

2泊3日より3泊4日の方がお得な場合もあります!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートに3泊4日で滞在した場合と、ブセナテラスに2泊3日で滞在した場合の旅行代金を比較しました。初期条件としては、

1. 2人で泊まる

2. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの方は「ANAスカイホリデーのレンタカーでゴー!プラン」を使う

3. ザ・ブセナテラスの方は「ANAスカイホリデーのリゾートステイプラン」を使う

です。同じプランで計算しなかったのは、ザ・ブセナテラスが「ANAスカイホリデーのレンタカーでゴー!プラン」に含まれていないからです。

結果を下の表に示します。


2016年11月2〜4日に2人で行った場合の計算結果

ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテル 179,600円(3泊4日で2人分)
ザ・ブセナテラス 199,900円(2泊3日で2人分)

上記の旅行費用の計算のための初期条件と計算方法の詳細

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
(ANAスカイホリデーのレンタカーでゴー!プランで11月2〜4日の3泊4日で2人として計算した場合)
基本代金
大人1人49,300円
人数
2名1室利用で1室
航空券追加料金
+4,500円/名(=往路2,500円+復路2,000円)
部屋
スーペリアオーシャンサイド(3〜5階のチャペルと名護湾が見える北西方向に向いている部屋)。
※ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートではオーシャンサイドよりビーチサイドの方が高いので注意。他のホテルでは、例えばブセナテラスではガーデンビューとオーシャンビューのように区別されていて、オーシャンビューの方が高いです。
ホテル追加料金
+12,000円×3泊=36,000/名
部屋は無料グレードアップはない!
レンタカー代
込み(レギュラー満タン返しも旅行代金に含まれているので不要)
ホテルの駐車場代
無料(旅行代金に含まれている)
特典
沖縄本島遊悠美ら海パス付き
オプショナルプラン
なしとして計算(サンセットクルーズに行くなら500円/人)
合計料金
179,600円(2人分)
ザ・ブセナテラス
(ANAスカイホリデーのリゾートステイプランで11月2〜4日の2泊3日で2人として計算した場合)
基本代金
大人1人77,300円
人数
2名1室利用で1室
航空券追加料金
+10,500円/名(=往路5,000円+復路5,500円)
部屋
オーシャンビュー
ホテル追加料金
4,200円×2泊=8,400円/人
レンタカー代
2,500円×3日=7,500円(プランに含まれていないので別途契約)
ホテルの駐車場代
無料
特典
なし
オプショナルプラン
なし
合計料金
199,900円(2人分)

まとめ

結論として、上記の条件では、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート3泊4日はブセナテラス2泊3日よりも若干安くて済むということです。1日でも長く滞在したくて、部屋のグレードや場所はあまり気にならなくて、万座ビーチでのバカンスを満喫したい人には、上記のような3泊4日の選択肢もありえます。私たちは万座ビーチで寛ぐのが好きなので、今度行く時はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで3泊4日を体験してみたいです。天気が悪くてもいいという覚悟があれば9月中に行ってみたいですが、3泊4日ともなると・・・やはりコスパのいい10月でないときついですね(私たちの場合)。でも、2泊3日で中日(なかび)が雨なら目も当てられませんので、3泊4日は雨の保険として1日あると思えば、少し安心です。もちろん、最悪の事態もあり得ます(3泊4日でも雨ばかりで晴れの日がなかったという事態です)。これは運ですので、人智ではどうしようもないですね。

それでは、また。







このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. トップページ
  2. 2011年(1)
  3. 2011年(2)
  4. 2012年
  5. 2013年
  6. 2014年
  7. 2015年
  8. 2016年(1)
  9. 2016年(2)
  10. 2017年
  11. 2018年

このページの上へ戻る