トップページ > 私の旅行記 > 沖縄旅行記 > 沖縄旅行2016年9月

2016年の沖縄旅行

訪れるたびに新しい発見があり、全然飽きずにゆっくり寛ぐことのできるザ・ブセナテラス。今回は2泊3日でデラックスナチュラル オーシャンビューに滞在します。今回は、施設内の大浴場や、スポーツジム、屋内プールや、場合によってはアクティビティも利用してみようと思います。今から計画を立てます。

昨年との料金の比較

今回、予約の段階で昨年と違う点は、

基本料金:71,300円/名


出発空港の追加料金:

往路:追加料金6,500円/名

復路:追加料金5,500円/名

福岡空港からの便であればこの料金はかからないそうなんですが、結局、そこまで行くJR代で相殺されるし、移動が面倒なので、このままで行くことにしました。しかし、ここを値上げされれば、同じホテルで同じグレードでも自分たちにはコントロールできません。同じ旅行でも年々高くなっていきます。航空運賃が高くなるのであれば、せめて出発時間を2〜3時間早めてくれれば良心的なのですが、滞在時間は短くなるし、料金は高くなるしで、いいことはまったくないですね。熊本地震もあったことだし、航空会社には考えて欲しいところです。

もう一つ、今回高くなったのはレンタカー代。昨年はレンタカープランが含まれていましたが、今年はそれが含まれていなかったので、別途、レンタカーを契約した形です。1日2,500円で3日なので7,500円です。昨年はもっと安くで済んだと思います。

オーシャンビューにグレードアップする際の追加料金

(4,200円×2日)/名

オーシャンビューにグレードアップする際の追加料金については、キャンセル待ちを申し込みました。数日後、旅行代理店から電話があり、1日分はキャンセルが出たということでした。それで、2人分で8,400円は安くなりました。でも、期限いっぱいの1ヶ月待っても2匹目のドジョウはいませんでした。でも8,400円は大きいので良しとしなければ…

上記の合計金額は182,500円になります。そのほかに外食代とか、ガソリン満タン代とか、空港(またはその近く)での駐車料金は別途かかります。

でも、お金はかかるけど、オーシャンビューの部屋は譲れません。仮にガーデンビューの2泊3日ならもっと安い別のホテルでオーシャンビューの部屋にすると思います。私にとって沖縄旅行は沖縄の海を楽しむためのものと言っても過言ではありません。

出発時間は昨年は9時でしたが、今年は一昨年に戻った感じの11時15分発。昨年は滞在時間を2時間得した感じだったのですが、今年は短くなります。その分、ホテルのチェックイン時間が遅くなります。つまり、予定通りに飛行機が着いて13時前。それからレンタカー会社で手続きして車を借りて、高速道路で名護市に向かっても、15時になりそうです。このせいでいい部屋が取れなかったらとても悔やまれます。まあ、行ってみないとわかりませんが。


チケットが届きました!


2016年9月2日にヤマト運輸の宅急便コンパクトが届きました。これまでは旅行代理店から電話が来て、こちらが取りに行くというパターンだったのですが、今回は初めてのパターンでクロネコで届けてくれました。開封してみるとチケット類一切合切が入っていました。

レンタカーの手続きはクィックチェックインシートの紙に事前に記入しておくとスムーズです。さらにインターネットでも可能。でも、注意しなければならないのは、それらのどちらかでよいということではなく、紙媒体は必須で、インターネットはしてもしなくてもよいという感じでしょう。ただ、免許証の情報などを入力しなければならないので、台風で飛行機が飛ばなかっりして中止になった場合などを想定して、まだ入力していません。このインターネットでの手続きは絶対ではないのでネットが不安な方は慎重にした方が無難かもしれませんね。インターネットで手続きしておけば当日の手続きが免除とかいうことではないです。若干早くなる程度と理解しておいた方がよさそうです。


台風12号


2016年9月4日朝に南九州が暴風域に入り、台風の目は枕崎から100kmのところにあります。1時間に10kmという自転車並みの速度で北上しています。9月5日0時に熊本市に最も接近しているような天気図になっています(4日夕方現在)。つまり、5日未明から朝方にかけて九州北部に上陸する可能性があります。また、沖縄の南に熱帯低気圧が発生しています。さて、私たちの沖縄行きはどうなるのでしょう。飛行機が飛んで沖縄本島に着陸できさえすれば、天気が悪くてもブセナテラス内で過ごすことは可能なのですが・・・

9月5日朝現在、台風は長崎に上陸した後、福岡市の西を北北東に時速20kmで進んでいるようです。福岡空港では発着便に少し欠航が出ているということですが、思ったほどの影響はなさそうです。熊本空港は影響はなさそうです。その後、台風は日本海に抜けて、対馬近海で熱帯低気圧に変わりました。あとは、沖縄の南の熱帯低気圧がどうなるかです。


台風13号


2016年9月6日朝現在、熱帯低気圧が台風13号になりそうとのこと。今日は沖縄は大荒れになる模様。明日7日午前3時には奄美大島あたり。

2016年9月6日昼前現在のYahoo!ニュースの進路図によると、7日朝9時に鹿児島県本土の真南にあり、その後、昼頃に四国沖、8日朝には関東近くに来ているという予想です。台風に伴う大雨が飛行機の発着に影響しそうで気掛かりです。どうなることやら。

9月6日夜現在、9月7日に九州で運航への影響が予測されるANA便発着空港は鹿児島空港と宮崎空港となっていて、熊本空港は影響はなかったようです。定刻通り飛び、予定時刻より5分ほど早く那覇空港に着きました。しかし、秋雨前線が停滞しているため、大雨でした。結局、3日間雨でした。いっそ欠航になってツアー自体がキャンセルになった方が良かったのではないかとさえ思いましたが、雨なら雨なりの楽しみ方を研究しようと思いました。

2016年9月7日

ザ・ブセナテラスのウェルカムドリンク
ザ・ブセナテラスのウェルカムドリンク

2016年9月7日、台風13号の影響は鹿児島空港と宮崎空港にはあったようですが、熊本空港、福岡空港にはありませんでした。熊本は曇りでしたが、熊本空港から無事に沖縄那覇空港に飛びました。しかし、雲を抜けて高度を下げて那覇空港に着陸した瞬間から大雨でした。そして、これから3日間、太陽が顔を出すことはありませんでした。今回ほど天気がいいことの有り難さを痛感したことはありませんでした。逆に言うと、天気さえ良ければあとのことは大した問題ではなく、青空の見える日が続くだけでも沖縄旅行の満足度は80%を超えるだろうと個人的には思いました。いくらいいホテルに滞在しても、大雨ばかりで太陽が顔を見せなければビーチに行っても楽しめないし、せっかくの沖縄旅行が台無しです。1日目の詳細はこちら→

2016年9月8日

テラスから見た早朝の虹
ラ・ティーダのテラスから見えた早朝の虹

2016年9月8日、早朝の5時半に起きて空を見てみると、星が出ていました。きれいなオリオン座が見えました。もしかしたら今日は晴れてくれるのではないかと淡い期待を抱いたのですが、そうは問屋が卸しませんでした。ラ・ティーダで朝食をとっていると、テラス席の人達には猛烈なスコールが見舞いました。強風が吹くのでパラソルを開いてあっても意味がありません。教訓の一つとして、天気が悪い時はテラス席はやめておいて、中の方の席の方が無難です。しかし、そのあとに、僥倖がありました。きれいな虹が現れました。みんなテラスに出て、虹の写真を撮りまくっていました。私たちも結局朝食が1時間40分かかってしまいました。2日目の詳細はこちら→

2016年9月9日

ブセナテラスの10Fの客室から見た外の景色
朝食から帰って来た時の窓の外

2016年9月9日、結局、太陽は雲に隠れたまま、出て来ませんでした。沖縄の週間天気予報を見ると、朝6時前の時点では12日は曇りのち晴れ、13日は曇りのち晴れ、14日は曇りのち晴れ、15日は晴れのち曇りでした。しかし、その後、午後に那覇空港でテレビを見ていたら14日と15日は太陽のマークは消えていました。つまり、12日と13日しか太陽が現れる時間帯はないということです。ずっと悪い天気が続いているわけです。台風一過でスカーッと張れるところが、秋雨前線の停滞で観光客にとってはとても残念な結果になっています。そして、9月10日夕方のYahoo!ニュースでは台風14号が。仮に旅行を1週間遅くしていたとしても天気はよくなかったかもしれません。まあ、こればかりは運ですし、9月は天気が変わりやすいのでしょうがないですかね。3日目の詳細はこちら→







このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. トップページ
  2. 2011年(1)
  3. 2011年(2)
  4. 2012年
  5. 2013年
  6. 2014年
  7. 2015年
  8. 2016年(1)
  9. 2016年(2)
  10. 2017年
  11. 2018年

このページの上へ戻る