トップページ > 熱帯果樹の最短収穫 > 生き残ったバンシルーの実生苗5本

生き残ったバンシルーの実生苗5本の2年目の生長記録

2017年10月に沖縄で買ってきたバンシルーの果実2個から2018年8月時点で5本の実生苗が育っています。これらNo.1, No.2, No.4, No.6, No.8の生長を追っていきます。イエローストロベリーグァバの場合は2年目は生長が加速しましたが、バンシルーの場合も同様なのか興味があります。


2018年12月22日13:49

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

最初に発芽してから1年1ヶ月経ちました。現在まで生き残ったのはNo.1, No.2, No.3, No.4, No.8の5本です。11ヶ月経った9月11日現在でも5本は変わりません。しかし、イエローストロベリーグァバの実生に比べて生長がかなり遅いです。写真下の少し写っているのがNo.6で、上の方は左からNo.4, No.1, No.2, No.8。伸びている順に並べるとNo.4 ≒ No.2 > No.1 ≒ No.8 > No.6のようになります。

2018年12月22日13:50

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

最も生長している2本のうちの1本がNo.4です。茎に赤い部分があります。

2018年12月22日13:50

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

最も小さいのがNo.6です。

2018年12月22日13:50

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

中央がNo.1で、フレームに収まりきれていないのがNo.2、写真では右端の1本がNo.8です。

2018年12月31日12:39

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

写真で最も上に写っているのがNo.2、その右がNo.8、その下がNo.1、その下がNo.6、その左上がNo.4。最も生長しているのはNo.2とNo.4です。

2019年1月6日10:36

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

左からNo.2、No.8、No.1、No.6、No.4。

2019年1月6日10:36

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

左からNo.2、No.8、No.1、No.6、No.4。下に写っている柑橘類の実生はダイダイです。写真ではわかりませんが4本あります。

2019年1月6日10:36

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

写真中央はNo.2。その右側はNo.8。さらにその右側はNo.1。

2019年1月6日10:37

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

中央はNo.8。右側はNo.1。左端はNo.2。

2019年1月6日10:37

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

写真中央はNo.1。左奥はNo.8。右奥はNo.6。

2019年1月6日10:37

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

写真中央はNo.4。左側はNo.1。

2019年1月6日10:37

バンシルーの実生苗
バンシルーの実生苗

写真中央はNo.6。左側はNo.1。写真右下の茎はNo.4のもの。


まとめと今後の予定

発芽実験で1年2ヶ月経過して、バンシルーはイエローストロベリーグァバより生長が遅いと感じます。播種してから8ヶ月で何とか5本生き残り、2019年1月に1年2ヶ月になります。それらを丈の大きい順に並べるとNo.4≒No.2>No.1≒No.8>No.6のようになります。これは今後1本ずつ大きな鉢に植え替える場合の優先順位になります。

2017年12月までの結果はこちら →

2018年春に発芽したバンシルーの生長過程はこちら →

2018年8月時点で生き残ったバンシルーの実生苗はこちら →







このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. 熱帯果樹の最短収穫
  2. グァバ
  3. グァバ(1)
  4. グァバ(2)
  5. グァバ(3)
  6. グァバ(4)
  7. アボカド
  8. パッションフルーツ
  9. フェイジョア
  10. パパイヤ
  11. スターフルーツ
  12. アテモヤ
  13. ミニパイン
  14. ゆうな
  15. ココヤシの実
  16. バンシルー(1)
  17. バンシルー(2)
  18. バンシルー(3)
  19. バンシルー(4)

このページの上へ戻る