「Rainy days and Mondays」の和訳「雨の日と月曜日は」について

こんにちは、熊の実です。

部屋の中にいて雨の音がすると、時々カーペンターズ「雨の日と月曜日は」という曲を思い出します。私はカーペンターズの曲は好きですが、その中でもベスト5に入るぐらい印象に残っている曲です。

その曲のタイトルについて、いつか車の中で聴いていたラジオで、その番組のDJが「この『雨の日と月曜日は』の日本語訳は間違いで、正しくは『雨の日で月曜日は』が正しいです」みたいなことを言っていました。つまり、「雨の日、かつ日曜日」だというのです。しかし、本当にそうなのでしょうか。私は違和感を覚えました。

Rainy days and Mondays always get me down.

「雨の日」と「月曜日」は、もちろん両方の条件を満たすこともありますが、どちらか片方でもいいのではないでしょうか。

数学で言うならば、ベン図があって、そこに2つの円があり、左の円は「Rainy days」、右の図は「Mondays」とします。一部重なっているとします。その重なった部分が「雨の日で、かつ、月曜日」になります。でも実際はand/orと捉えればいいのではないかと考えています。もし、「雨の日で、かつ、月曜日」なのであればRainy Mondaysではいけないのでしょうか。

上記のカーペンターズの曲のタイトル「Rainy days and Mondays」は、そのベン図の重なった部分と重ねっていない部分の全部が該当すると思うのです。なので、先のDJの発言「雨の日で、かつ、月曜日は」というのは中央部分の重なった部分だけということになり、正しくないと思うわけです。

本当のところはどうなんでしょう。

それでは、また。







関連記事

  1. 英語学習のモチベーションを与えてくれた洋楽の歌詞

  2. 洋楽から入る英語学習

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー