ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルのアクアリウム

万座ビーチホテルのリゾートセンターのアクアリウム(2018年10月10日)

ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテルのリゾートセンターのアクアリウム。1年前にはスズメダイはいませんでした。(2018年10月10日17:22撮影)(2019年1月28日公開)

ベラやスズメダイやクマノミが泳いでいた万座ビーチホテルのリゾートセンターのアクアリウム(2018年10月11日)

ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテルのリゾートセンターのアクアリウムは早朝6時台はライトアップされていませんでしたが、9時台にはきれいにライトアップされていました。ベラやスズメダイやクマノミが泳いでいます。(2018年10月11日9:52撮影)(2019年1月28日公開)

まとめ(2019年12月21日)

このアクアリウムは2019年10月7日に2泊3日で行った時には撤去されていました。個人的には毎年楽しみにしていたので、少し寂しく感じました。







関連記事

  1. スジエビとテナガエビの飼育2018

  2. トカゲ

  3. 飼育4ヶ月半でだいぶ馴れてきた大きい方の子スッポン

  4. 甲長26cmと17cmの大きいスッポンの観察とリリース

  5. 夕方の西の空に見えた彩雲

  6. 2014年のスッポンの観察

  1. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  2. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  3. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  4. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  5. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー