プランターのキノコはヒトヨタケ!

プランターのキノコはヒトヨタケ

Fungi (Mushrooms) grown in the planter

めちゃくちゃたくさんキノコが生えてきました。しかし、寿命は短く、早朝には伸びていますが、陽が当たると午前中のうちに萎んでしまいます。胞子が飛んで、プランターの縁が黒くなってしまいました。土が常に湿っていると生えてくるようです。水のやりすぎかもしれません。

このキノコ、どうやらヒトヨタケ(一夜茸)というものらしいです。水のやりすぎが原因のようです。夜のうちに生えて、午前中にだんだん溶けていきます。これは自己消化により次第に液化していっているらしいです。日が出て暖かくなってくるとついには溶けて消えていき、萎びた柄だけが残っています。この消える前のヒトヨタケはは食べることができるそうです。けっこう美味しいという話もあるようですが、どうもキノコ類は怖くて素性の知れたものしか食べる気にはなりません。このヒトヨタケ、アルコールを飲む前後に食べると中毒症状を起こすらしいので注意が必要です。そもそも食べない方が無難だと思います。


Fungi
傘が開く前のキノコ
(2014年6月3日)


Fungi
開くと捲れてきます。
(2014年6月4日)


Fungi
白いキノコ
(2014年6月5日)


Fungi
香緑の実生の根元にキノコの束
(2014年6月11日)


Fungi
ベニーオクラの下のキノコ
(2014年6月11日)


Fungi
ベニーオクラの下のキノコ
(2014年7月29日)


Fungi
ベニーオクラの下のこんなにたくさんのキノコ
(2014年8月13日)







関連記事

  1. 輝く赤い葉っぱ

  2. 備忘録 メニュー

  3. 私の台風の記憶

  4. ポンドを円に両替して思ったこと

  5. 中島みゆきの大吟醸 | 私の趣味

  6. 車検に出して代車の新型FITに乗った感想

  1. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  2. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  3. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

    2020.09.11

  4. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

    2020.09.08

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

    2020.09.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー