ジャーニーのスティーブ・ペリーのボーカルはやっぱり凄かった!

こんにちは、熊の実です。

ジャーニーといえばアメリカのロックバンドの代表的存在でしたが、今は別のボーカリストで活動しています。私にとってジャーニーといえば何と言ってもスティーブ・ペリーの声です。全盛期が私の最も元気の良かった頃、高校生〜大学生の頃です。

2017年のちょうど今の時期、World Baseball Classicの試合を先日もテレビでやっている時、当時のヒット曲「Separate Ways」がヘビロテでかかっていました。昨年もそうでした。

2007年1月29日から2015年3月27日まで日テレの朝の情報番組「スッキリ!!」でオープニングに使われていた「Any Way You Want It」(お気に召すまま)は、実は私は誰の曲か知らなかったのですが、声がジャーニーのスティーブ・ペリーに似ているな〜とずっと気になっていたら、案の定、そうでした。あの声はインパクトがあるのですね。彼か加入する前のジャーニーは知りませんでした。私が最初にいいなと思った曲はアルバム「ESCAPE」の中の3曲目「Who’s Crying Now」です。もちろん1曲目の「Don’t Stop Believin’」もFMでよくかかっていたし、好きですが、前者の方がとても気に入りました。両方ともFMでよく耳にしました。でも、最も好きな曲は、最後の曲「Open Arms」です。バンドの作品中日本で最も有名なバラードと言ってもいい「Open Arms」、ピアノもいいし、スティーブ・ペリーの歌声が冴えわたっていると個人的には思います。

プロ野球のWBC(World Baseball Classic)の日本チームのテーマソングに使われている「Separete Ways」は、発売当初の1983年(大学2年生頃)にリアルタイムで聴いていました。LPレコード「FRONTIERS」も輸入盤を持っています。LPはちょっと反っているのが玉に傷なのですが、聴くのに支障はないので大切な1枚です。のちにCDも買いましたが、やはりLPレコードの質感はにはCDは勝てません。このアルバムもなかなか良くて、私は「ESCAPE」よりも「FRONTIERS」の方が聴いた回数が多いと思います。今でも聴くと、当時の学生寮の生活を思い出します。アルバム「FRONTIERS」の中ではA面4曲目の「After The Fall」が最も好きですが、その次の曲「Faithfully」もいいです。全体的によくまとまったアルバムで、「ESCAPE」よりもよく聴いた理由がわかります。アルバム「FRONTIERS」はよりハードロック志向の強い曲も収録されています。ジャーニーに今興味を持ち始めて、どれから聴いてみようかと思う人にはお勧めの1枚ですが、いきなりハードルが上がってしまうのも考えものですかね。

私のお勧めの2枚は文句なしで「ESCAPE」と「FRONTIERS」です。

ジャーニーの音楽も私の学生時代を振り返った時に欠かせないものの1つです。

それでは、また。

関連記事

  1. イーグルスのホテル・カリフィルニアとザ・ロングラン

  2. ELPのLPレコード「展覧会の絵」

  3. フィル・コリンズのLPレコード「No Jacket Required」

  4. カルチャー・クラブのLPレコードは2枚だけ持っていました

  5. 何も文字がないレコードジャケット「LED ZEPPELIN IV」

  6. レコードのプレス過程で私が疑問に思ったこと

  1. 近所の用水路にいた緑がかった大きいミシシッピアカミミガメ

    2021.06.10

  2. 近所の用水路にいる大きいナマズの観察2021

    2021.06.01

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年6月)

    2021.06.01

  4. 飼育919日からの通算2匹目のスッポンの飼育記録(2021年)

    2021.05.28

  5. 近所の用水路のコイの群れの観察2021

    2021.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー