Japanese Proverbs used in Japan


Japanese Proverbs and their counterparts in English

Japanese Proverbs
Counterparts in English
あつものに懲りてなますを吹く
(A-tsu-mo-no ni ko-ri-te na-ma-su wo fu-ku)
Once bitten, twice shy.(一度噛まれると、二度目はビクビク)
あとは野となれ山となれ
(A-to-wa no-to-na-re ya-ma-to-na-re)
After us the deluge.(自分たちがいなくなったら、大洪水でも何でも来い)
犬も歩けば棒に当たる
(i-nu-mo a-ru-ke-ba bo-ni a-ta-ru)
Every dog has its day. (どの犬にもいい日がある)
one’s dayは「良かった日」、複数形では「全盛期」や「生涯」といった意味。ビートルズのFor No Oneの歌詞の最初の一行の「Your day breaks」のYour dayは、良かった時とか、全盛期といった意味はないようです。
魚心あれば水心
(u-o-go-ko-ro a-re-ba mi-zu-go-ko-ro)
You scratch my back, I’ll scratch yours. (背中をかいてくれれば、君のもかいてやる)
あばたもえくぼ
(a-ba-ta mo e-ku-bo)
Love is blind.(愛は盲目)
飼い犬に手を噛まれる
(ka-i-i-nu ni te-wo ka-ma-re-ru)
Don’t bite the hand that feeds you. (餌をくれる手を噛むな)
鬼の居ぬ間に洗濯
(o-ni no i-nu-ma ni sen-ta-ku)
When the cat’s away, the mice will play. (猫が去れば、ネズミが遊ぶ)
蛙の子は蛙
(ka-e-ru-no-ko wa ka-e-ru)
Like father, like son.
Like mother, like daughter.
(カモメはカモメ, ka-mo-me wa ka-mo-me; song by Miyuki Nakajima)
来年の事を言うと鬼が笑う
(ra-i-nen no ko-to-wo i-u to o-ni ga wa-ra-u)
Nothing is certain but death and taxes. (確かなものは死と税金だけだ)
豚に真珠
(bu-ta ni shin-jyu)
It’s like casting pearls before swine. (豚の前に真珠を投げ入れるようなものだ)
転石、苔むさず
(ten-se-ki ko-ke mu-sa-zu)
A rolling stone gathers no moss. (転がる石に苔は育たない)
三つ子の魂、百まで
(mi-tsu-go no ta-ma-shi-i hya-ku ma-de)
What is learned in the cradle is carried to the grave. (よりかごの中で学んだことは墓場まで運ばれる)
捕らぬ狸の皮算用
(to-ra-nu ta-nu-ki no ka-wa-zan-yo)
Don’t count your chickens before they hatch. (ヒヨコがかえらぬうちにその数を数えるな)
馬子にも衣装
(ma-go ni-mo i-sho)
Clothes make the man. (衣装が人を作る)
Fine feathers make fine birds. (羽毛が美しければ鳥も美しい)
失敗は成功のもと
(ship-pa-i wa se-i-ko no mo-to)
If at first you don’t succeed, try, try, again. (最初は失敗しても努力し続けろ)
Every failure is a stepping-stone to success. (どんな失敗でも成功の踏み石となる)
青天の霹靂
(se-i-ten no he-ki-re-ki)
A bolt from [out of] the blue. (青天から稲妻)
過ぎたるは及ばざるが如し
(su-gi-ta-ru wa o-yo-ba-za-ru ga go-to-shi)
More is not always better. (更なるものがよりよいものとは限らない)
十人十色
(ju-nin to-i-ro)
Different strokes for different folks. (異なる人々には、異なる生き方がある)
蛇の道は蛇
(jya-no-mi-chi wa he-bi)
Set a thief to catch a thief. (泥棒は泥棒に捕まえさせろ)
釈迦に説法
(sha-ka ni sep-po)
There’s no need to teach a fish to swim. (魚に泳ぎ方を教える必要はない)
小人閑居して不善をなす
(sho-jin kan-kyo shi-te fu-zen wo na-su)
Idle hands are the devil’s workshop. (怠けた手は悪魔の仕事場)
触らぬ神に祟りなし
(sa-wa-ra-nu ka-mi ni ta-ta-ri na-shi)
Let sleeping dog lie. (眠っている犬は寝かせておけ)
去る者は日々に疎し
(sa-ru ^mo-no wa hi-bi ni u-to-shi)
Out of sight, out odf mind. (視界から外れた者は心に留まらない)
転ばぬ先の杖
(ko-ro-ba-nu sa-ki-no tsu-e)
Look before you leap. (飛び跳ねる前にちゃんと見よ)
三人寄れば文殊の知恵
(san-nin yo-re-ba mon-jyu no chi-e)
Two heads are better than one. (2人で考えた方が1人で考えるより良い)
雀百まで踊り忘れず
(su-zu-me hya-ku ma-de o-do-ri wa-su-re-zu)
The leopard cannot change its spots. (ヒョウはまだら模様を変えられない)
腐っても鯛
(ku-sat-te-mo ta-i)
A diamond in a dunghill is still a diamond. (糞にまみれてもダイヤはダイヤ)
窮鼠、猫を噛む
(kyu-so ne-ko wo ka-mu)
The leopard cannot change its spots. (ヒョウはまだら模様を変えられない)
後悔、先に立たず (覆水盆に返らず)
(ko-ka-i sa-ki-ni ta-ta-zu, fu-ku-su-i bon ni ka-e-ra-zu)
Don’t cry over spilt milk. またはIt is no use crying over spilt milk. (ミルクをこぼしてから泣いてもどうしようもない)
船頭多くして、船、山にのぼる
sen-do o-ku-shi-te fu-ne ya-ma ni no-bo-ru)
Too many cooks spoil the broth. (多すぎるコックがスープを台無しにする)
蓼食う虫も好き好き
ta-de-ku mu-shi-mo su-ki-zu-ki)
There is no accounting for taste. (好みを説明することはできない)
Tastes differ. (好みは異なる)







関連記事

  1. Four character idiomatic compounds used in Japan

  2. Conventional Japanese Phrases

  3. Conveyor Belt Sushi

  4. Record House Woodstock reopened on December 4, 2014

  5. We visited Rose Festival at Hanaasobi on May 20, 2016

  6. The meaning of nomunication/nominication

  1. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  2. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  3. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

    2020.09.11

  4. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

    2020.09.08

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

    2020.09.02

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー