実家の畑の赤オクラ

赤オクラ

Red Okra

赤オクラの栽培のページです。花は黄色でハイビスカスに似ています。茎は赤くなってきれいでした。ハーブティーにできるのではないかと思いました。

オクラの原産地はアフリカ北東部で、熱帯から温帯で栽培されています。オクラは熱帯では多年草ですが、寒さに弱いために、日本では一年草としてしか栽培できません。日本で主流を占めるのは、稜がはっきりしていて断面は丸みを帯びた星型になる品種ですが、沖縄や八丈島などでは大型で稜がほとんどなく、断面の丸いものが栽培されています。通常の緑色のオクラの他に、莢が暗紅色になる赤オクラなどもあり、多くの品種があります。大きくなりすぎると繊維が硬くなるので、角オクラは10cm、丸オクラは15cmに成長した段階を目安に収穫すれば柔らかい状態で食べることができます。オクラは、刻んだ時に粘性物質が出るので、私は、温かいごはんにかけて、醤油で味をつけて食べるのが好きです。このぬめり成分の正体は、ペクチン、アラピン、ガラクタンという食物繊維で、コレステロールを減らす効果があるといわれています。ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC(アスコルビン酸)、ミネラル、カルシウム(Ca)、カリウム(K)なども栄養素として含まれるため、夏ばて防止、整腸作用などにも効果が期待されます。粘り気があるといえば、めかぶも大好物です。めかぶのぬめり成分は、アルギン酸やフコイダンなどの水溶性食物繊維に由来するといわれています。


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年8月15日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
2012年9月8日


Red Okra
そろそろ終わりです(2012年10月20日)







関連記事

  1. ニホントカゲ

  2. 用水路の側壁に止まっていたゴマダラチョウ

  3. アナカリスについていた緑色のアオモンイトトンボヤゴ

  4. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

  5. イチョウの木の上のハチの巣?

  6. アシダカグモ

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー