よくわからない種からの発芽 − 初雪草

よくわからない種からの発芽 ➖ 初雪草

Sprouting of unidentified seeds – Mountain Snow

栽培しやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

unknown seeds
未知の種から発芽していました。
(2012年3月24日)


unknown seeds
手前の1本を深く植え直しました。
(2012年3月25日)


unknown seeds
少し生長しました。
(2012年4月5日)


unknown seeds
3本目を深く植え替えました。
(2012年4月8日)


unknown seeds
だいぶ大きくなりました。
(2012年4月16日)


unknown seeds
さらに大きくなりました。
(2012年4月22日)


unknown seeds
だいぶ生長してきました。
(2012年5月13日)


unknown seeds
枯れてきました。
(2012年6月13日)


unknown seeds
こんなふうになるはずでした。
(2012年7月1日)


unknown seeds
こんなふうになるはずでした。
(2012年7月16日)


unknown seeds
結局このようになりました。これが答えです。
(2012年8月14日)


unknown seeds
結局このようになりました。ハツユキソウ(初雪草、Snow on the Mountain)が答えです。
(2012年8月14日)


unknown seeds
種子が実りました。
(2012年9月8日)

3月24日、植木鉢の中で何かよくわからない種3個から発芽していました。生長して何になっていくのか経過を追ってみたいと思います。しばらくはこれを楽しみにします。3月25日、真ん中の1本は帽子がはずれました。
2012年4月5日、少し生長していました。
2012年4月8日現在 3本目を深く植え替えました。帽子も取れました。
2012年4月16日現在 だいぶ大きくなりました。
2012年4月22日現在 さらに大きくなりました。
2012年5月13日現在 だいぶ生長してきました。そのうち正体が明らかになると思いますが、たぶん初雪草の苗と同じですので、その予想が正しければ白い花が咲くと予想されます。
2012年6月13日(水)、白い花が確認できると思っていたのですが、枯れてきてしまいました。

結論

実家の方で同じものが発芽していましたが、お盆には花が咲いていました(写真は示していません)。このよくわからない種からの発芽はハツユキソウ(初雪草, Snow on the Mountain)と思われます。







関連記事

  1. 子宝草の栽培

  2. カルミア(オスボレッド)の栽培

  3. アメリカシャクナゲ(カルミア – ラテフォーリア)の栽培

  4. ハイビスカス・ローゼルの種からの栽培

  5. 月花美人

  6. 姫檜扇水仙, ヒメヒオウギズイセン

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

    2020.12.01

  2. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  4. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  5. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー