真鯛を捌きました

真鯛を捌きました。

I dressed a sea bream

2014年8月30日(土)、友人が海に釣りに行って、真鯛を釣ってきました。帰りがけにアパートに寄って45cmの真鯛を1枚(1匹、1尾)くれました。さっそく捌きました。


Red Sea Bream
友人が釣ってきた真鯛。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
45cmあります。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
3枚におろして、左右2枚は刺身にしました。包丁の切れ味は今ひとつ。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
3枚におろした中央は、あら炊き(あら煮)用にぶつ切りにしました。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
できたあら炊き(あら煮)。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
刺身は死後硬直がいい感じでコリコリでした。
(2014年8月30日)

Red Sea Bream
頭のあら炊き(あら煮)を食べたあとの骨。
5枚目の写真と比較すると上半分であることがわかります。
(2014年8月30日)

夕飯で刺身とアラ炊きを食べました。刺身はコリコリしてとても美味しかったです。アラ炊きもいい感じで仕上がっていました。頭の解体作業をしながら、食べました。これらをきれいに洗って、もう1回組み立てたら面白いのではないかと思いました。夏休みの自由研究なんかにどうでしょうか。







関連記事

  1. 魚釣り(海と渓流)

  2. 釣り(パート2)

  3. 釣り針に釣り糸を結ぶ方法はいろいろと便利です!

  4. 友人からもらったイラと真鯛とカサゴ

  5. 真鯛とガラカブの3枚おろし

  6. 釣り メニュー

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  2. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  3. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  4. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

    2020.05.20

  5. 用水路のギンブナの観察2020

    2020.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー