飼育を始めて100日以降の2019年2匹目の赤ちゃんスッポンの観察

↑上のアイキャッチ画像は2023年10月12日14:07にリビングに差し込んだ太陽光で日光浴しながら伸びをしている飼育1500日目の(現在生きている中で3番目に年長者の)スッポンを撮影したものです。

2019年9月3日から飼育を始めた2019年に保護した2匹目の赤ちゃんスッポン(通算4匹目ですが3匹目が虹の橋のたもとに行ってしまったので現在生きている中では3番目の年長カメ)の飼育100日目以降の記録です。

以下に2019年12月12日以降の観察結果を示しています。

2019年に捕獲した元気に育っている4匹のうちのいちばん大きい赤ちゃんスッポン(2019年12月12日)

スッポン
2019年9月3日に住宅地の側溝で保護した赤ちゃんスッポン(写真では右上のいちばん大きい1匹)が飼育を始めてからちょうど100日目になりました。現在生きている4匹のうちではいちばん大きくて、現在の甲長は3.8cmです。2019年に捕獲した5匹の中では時系列で2匹目ですが、1匹目が病死したので生きている4匹の中では1匹目としています。(2019年12月12日8:56撮影)

2019年に住宅地の側溝で保護した5匹のうち、現在生きている4匹の動画です(最初の1匹は10月13日に病死してしまいました)。2019年に捕獲した赤ちゃんスッポンでは時系列で2匹目になりますが、この動画の中では現在生きている4匹のうちの1匹目としています。(2019年12月12日8:57撮影)(2019年12月13日公開)

2019年に捕獲した元気に育っている4匹のうちのいちばん大きい赤ちゃんスッポンを水槽に移す時(2020年1月10日)

2019年9月3日に用水路で保護した赤ちゃんスッポンがこの動画の1匹目として映っています。水槽の中で上手に泳ぐ様子がわかります。(2020年1月10日9:06撮影)(2020年1月10日公開)

2019年に保護して現在生きている4匹の赤ちゃんスッポンの水槽の中の様子(2020年2月15日)

2019年9月3日、10月16日、10月17日、11月12日に用水路で保護した赤ちゃんスッポン4匹が朝に水槽No.2の中で活動を始めた時の様子を動画に収めました。9月3日に保護した赤ちゃんスッポンはヒーターの蔭に隠れています。(2020年2月15日9:57撮影)(2020年2月15日公開)

水槽No.2の中の中の4匹の赤ちゃんスッポンの行動(2020年2月26日)

2019年9月3日、10月16日、10月17日、11月12日に用水路で保護した赤ちゃんスッポン4匹が朝に水槽No.2の中で活動している様子を動画に収めました。9月3日に保護した飼育日176目の赤ちゃんスッポンは動画再生50秒のところでヒーターの蔭に隠れていて鼻先がヒーターの右側に出ている1匹です。1分37秒のところでは画面の中央に映っています。11日前の行動パターンとあまり変わらないので、4匹の赤ちゃんスッポンはある程度縄張りがあることがわかります。(2020年2月26日8:57撮影)(2020年2月26日公開)

3匹目の赤ちゃんスッポンがいなくなって残り3匹になってしまった赤ちゃんスッポン(2020年5月12日)

2019年に保護した2匹目と4匹目と5匹目の赤ちゃんスッポンを強制滝に日光浴させたあとにリビングで撮影した動画。(2020年5月12日8:55撮影)(2020年5月12日公開)

スッポン
強制滝な日光浴のあとにリビングで撮影した2019年に保護した2匹目と4匹目と5匹目の赤ちゃんスッポン。この写真では3匹の区別はつきません。亡くなったタケちゃんが現在ではいちばん小さく、お腹もまだ赤かったです。小さいスッポンほど病気に弱いようです。(2020年5月12日8:55撮影)

飼育容器の中で日光浴しながら伸びをしている飼育1500日のスッポン(2023年10月12日)

スッポン
2019年に保護した2匹目の赤ちゃんスッポンが甲長16.5cm〜17cmぐらいになりました。今日はリビングに差し込んでいる太陽光で日光浴しながら伸びをしていました。びっくりしてやめないように、あまり近づかないように静かに写真を撮りました。(2023年10月12日14:06撮影)

スッポン
この子が伸びをしているところはあまりみた記憶がないので、嬉しくなりました。浮腫んだりして心配したこともありましたが、何とかここまで成長してくれました。(2023年10月12日14:07撮影)

飼育1500日目のスッポンがリビングに置いているプラスチック製の収納BOXの中で日光浴しながら伸びをしていました。この子が伸びているのを見たことは記憶にありません(小さい頃にあったかもしれませんが・・・)。何にしろ良いことです。健康であることの証左です。(2023年10月12日14:07撮影)(2023年10月13日公開)







関連記事

  1. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2018年6月〜2019年5月)

  2. 水槽プリズムを通った太陽光のスペクトル

  3. 夕方の用水路にいたショウジョウトンボ

  4. トカゲ

  5. 野生のスッポンの一時的捕獲とリリース

  6. アマガエル

  1. 2024年に観察した野生のスッポンの記録

  2. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年5…

  3. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年4…

  4. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年3…

  5. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年2…

  1. 通算6匹目のすっぽんの目が新鮮な水道水で白濁してし…

  2. 観察した近所の公園のチョウトンボの観察(2022年〜2…

  3. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  4. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  5. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥は…

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目…

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

アーカイブ

カテゴリー