観察開始53日目から325日目までのミシシッピアカミミガメ

上のアイキャッチ画像は2020年8月12日の夕方に住宅地の中の貯水池にいたミシシッピアカミミガメ。(17:57撮影)

2020年7月21日から観察を始めたミシシッピアカミミガメの2020年9月12日〜2021年8月3日の観察結果を以下に示しています。観察開始53日目から325日目までの結果となります。

観察開始から53日目にミシシッピアカミミガメを見に行った結果(2020年9月12日)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメが口を開けてエサを食べるところを撮影しました。甲羅の白は少し薄くなったような気がします。(2020年9月12日17:55撮影)

観察開始から53日目のミシシッピアカミミガメ(2020年9月14日)

ミシシッピアカミミガメ
ため池にいるミシシッピアカミミガメが私を見つけてこちらを見ています。最近いないことが多いのですが、今日はいました。夕方に18時前に少し早めに来るといることが多いような気がします。(2020年9月14日17:52撮影)

観察開始の日から数えて55日目になるミシシッピアカミミガメが、私を見つけて近づいてくるところを動画に収めました。とてもかわいいです。(2020年9月14日17:53撮影)(2020年9月14日公開)

ミシシッピアカミミガメ
動画撮影を途中でやめてエサを投げ込みました。ミシシッピアカミミガメがテトラレプトミンスティックを見つけて近づこうとしているところです。もたもたしていると錦鯉に取られてしまいます。(2020年9月14日17:55撮影)

ミシシッピアカミミガメ
1分後にはエサはだいぶなくなっています。錦鯉にほとんど食べられてしまいます。(2020年9月14日17:56撮影)

金魚用の加工餌を錦鯉と競い合って食べる観察55日目の夕方のミシシッピアカミミガメ(2020年9月14日)

最初の観察日から数えて55日目になるミシシッピアカミミガメが金魚用の加工餌(百均のダイソーで買ったもの)を錦鯉と競い合って食べるところを動画に収めました。ミシシッピアカミミガメはいつも錦鯉の迫力に圧倒されています。(2020年9月14日17:56撮影)(2020年9月14日公開)

ミシシッピアカミミガメと錦鯉
金魚用の餌はもう少し残っています。(2020年9月14日17:57撮影)

ミシシッピアカミミガメと錦鯉
ミシシッピアカミミガメを拡大しました。白色が薄くなってきたような気がします。(2020年9月14日17:57撮影)

ミシシッピアカミミガメと錦鯉
しかし、すぐに錦鯉がやってきました。(2020年9月14日17:57撮影)

ミシシッピアカミミガメと錦鯉
ミシシッピアカミミガメを拡大しました。(2020年9月14日17:57撮影)

ミシシッピアカミミガメ
この金魚の餌よりもカメ用のテトラレプトミンスティックの方がお気に召すようです。(2020年9月14日17:57撮影)

ミシシッピアカミミガメ
「もうエサはくれないの?」という感じでこちらを見ています。(2020年9月14日17:57撮影)

コンクリートの斜面の上で日光浴している観察66日目のミシシッピアカミミガメ(2020年9月25日)

ミシシッピアカミミガメ
貯水池のコンクリートのスロープの上で日光浴しているミシシッピアカミミガメ。(2020年9月25日9:43撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。この光景を見て少し安心しました。皮膚病が心配だったからです。(2020年9月25日9:43撮影)

最初の観察日から数えて66日目になるミシシッピアカミミガメが午前中の日差しが強い時に貯水池に車両が降りるために作られたコンクリートのスロープの上に上がって日光浴しているところを動画に収めました。白化した甲羅が最近少しずつ黒っぽく戻って来ているのはこの日光浴の効果だと考えられます。(2020年9月25日9:47撮影)(2020年9月25日公開)

特定の大きい金色の錦鯉だけについて回る最初の観察から66日目のミシシッピアカミミガメ(2020年9月25日)

ミシシッピアカミミガメ
夕方の貯水池の中で大きい金色の錦鯉だけに付いて回るミシシッピアカミミガメ。(2020年9月25日18:07撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。甲羅の白化はだいぶ治まって黒色が戻って来たように見えます。(2020年9月25日18:07撮影)

ミシシッピアカミミガメ
金色の錦鯉をじっと見ているミシシッピアカミミガメ。あとをついて泳いでいた時に金色の錦鯉がターンして戻ってきた時の状況です。(2020年9月25日18:08撮影)

ミシシッピアカミミガメ
あとをついて泳いでいた時に金色の錦鯉がターンして戻ってきた時の状況です。(2020年9月25日18:08撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。金色の錦鯉に熱い視線を送っています。お気に入りのようです。(2020年9月25日18:08撮影)

最初の観察日から数えて66日目になるミシシッピアカミミガメが夕方に5匹いる大きい錦鯉のうちある特定の金色の錦鯉だけに付いて回る様子を動画に収めました。一生懸命泳いでついていくところがかわいいです。このミシシッピアカミミガメのお気に入りのようです。錦鯉とミシシッピアカミミガメは心が通じ合うのでしょうか。(2020年9月25日18:10撮影)(2020年9月26日公開)

176日ぶりに見た近所の貯水池のミシシッピアカミミガメ(2021年3月17日)

ミシシッピアカミミガメ
夕方のウォーキングの時に近所の貯水池に行ってみたら、久しぶりにミシシッピアカミミガメが姿を現しました。昨年9月25日以来176日ぶりです。(2021年3月17日17:50撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2021年3月17日17:50撮影)

ミシシッピアカミミガメ
顔を拡大しました。(2021年3月17日17:50撮影)

ミシシッピアカミミガメ
こちらを見ています。(2021年3月17日17:50撮影)

最初の観察日から数えて242日目になるミシシッピアカミミガメの姿を見ることができました。昨年は餌をもらいに近づいてきたけれども、今日は私を見知らぬ人と思っているように見えました。水草の撤去作業があったようで、水草が水面にはほとんどなくなっていましたが、生きていて良かったです。(2021年3月17日17:51撮影)(2021年3月21日公開)

ミシシッピアカミミガメ
向きを変えました。餌をもらう場所から離れるようです。(2021年3月17日17:52撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2021年3月17日17:52撮影)

ミシシッピアカミミガメ
顔を拡大しました。(2021年3月17日17:52撮影)

何か食べるものが与えられるのを待っているように見えるミシシッピアカミミガメ(2021年4月11日)

ミシシッピアカミミガメ
夕方のウォーキングの時に近所の貯水池に行ってみました。水草が水面に増えていました。そこにいつものミシシッピアカミミガメが姿を現しました。2021年3月17日以来25日ぶりに見ました。(2021年4月11日17:52撮影)

最初の観察日から数えて267日目になるミシシッピアカミミガメの姿を25日ぶりに動画撮影しました。昨年の真夏ぐらいから白化した背甲は現在は元の甲羅の色に戻っているように見えました。私が何か食べ物をくれるのを待っているように見えました。昨年夏からよく餌を与えていた私のことを覚えているのかもしれません。(2021年4月11日17:54撮影)(2021年4月11日公開)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメとニシキゴイが餌を待ちながらこの辺りをうろうろしています。(2021年4月11日17:54撮影)

ミシシッピアカミミガメ
金色のニシキゴイも近寄ってきました。(2021年4月11日17:54撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメは水に潜って岸の方に向かっています。(2021年4月11日17:54撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメが岸に近いところまで来ました。(2021年4月11日17:55撮影)

夕方のため池で私が与えたテトラレプトミンスティックを食べているミシシッピアカミミガメ(2021年4月11日)

ミシシッピアカミミガメ
いつものミシシッピアカミミガメが今日はもう餌をもらえる態勢に入っていました。(2021年4月19日17:50撮影)

ミシシッピアカミミガメ
いつものミシシッピアカミミガメが今日はもう餌をもらえる態勢に入っていました。(2021年4月19日17:50撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメがテトラレプトミンスティックを食べようとしているところ。(2021年4月19日17:51撮影)

夕方のため池でいつものミシシッピアカミミガメが私が投げ入れたテトラたレプトミンスティックを食べているところを動画撮影しました。(2021年4月19日17:55撮影)(2021年4月19日公開)

ミシシッピアカミミガメ
もうないのかなという表情のミシシッピアカミミガメ。もう今日持ってきた餌はなくなったんだ。また明日来るね。(2021年4月19日17:55撮影)

夕方のため池で私が与えた人工餌カメプロスを食べているミシシッピアカミミガメ(2021年4月28日)

ミシシッピアカミミガメ
観察開始から228日目。私が来るのを待っていたいつものミシシッピアカミミガメ。(2021年4月28日17:48撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの拡大写真。(2021年4月28日17:48撮影)

夕方のため池でいつものミシシッピアカミミガメが私が与えた人工餌のカメプロスを食べているところを動画撮影しました。美味しそうに食べていましたが、時々食べるのをやめてこちらを見ていました。さらに投入されるかもしれないと思って時々こちらを見ながらカメプロスを食べるのを繰り返しているようです。(2021年4月28日17:50撮影)(2021年4月28日公開)

夕方に甲羅干ししていたミシシッピアカミミガメ(2021年6月7日)

ミシシッピアカミミガメ
夕方のため池でいつものミシシッピアカミミガメがコンクリートのスロープの上に上がって甲羅干しをしていました。こんなに近くから見ても逃げなかったのは初めてです。餌やりで覚えてくれているのでしょうか。(2021年6月7日17:36撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2021年6月7日17:36撮影)

いつものミシシッピアカミミガメが夕方のため池で水からコンクリートのスロープの上に出て来て甲羅干しをしていました。以前、遠くから見たことがありますが、人の気配を感知するとすぐに水に入ってしまいました。しかし、今日はかなり近くにいたにもかかわらず逃げることなく日光浴を継続していました。いつものようにエサをやろうとすると甲羅干しを邪魔することになるので、終わった頃に来ようと思ってひとまず退散しました。30分後に戻って来た時にはその辺りに姿がありませんでした。(2021年6月7日17:37撮影)(2021年6月7日公開)

ミシシッピアカミミガメ
動画撮影後に一旦退散する時に横から捕った写真。コンクリートのスロープのかなり下の方の水面に近いところで甲羅干ししています。(2021年6月7日17:38撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメの部分を拡大しました。(2021年6月7日17:38撮影)

夕方にため池のスロープで甲羅干ししていて突然逃げたミシシッピアカミミガメ(2021年8月3日)

ミシシッピアカミミガメ
いつものミシシッピアカミミガメがコンクリートのスロープのかなり下の方の水面に近いところで甲羅干ししています。今日は近づいてみることにしました。その様子は次の動画に映っています。(2021年8月3日17:37撮影)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメを拡大しました。(2021年8月3日17:37撮影)

いつものミシシッピアカミミガメが夕方のため池で水からコンクリートのスロープの上に出て来て甲羅干しをしていました。今日は近付いてみました。しばらくじっとしていましたが、急に水の中に逃げました。そして、水の中から私であることを確認するようにじっと見ていました。動画撮影が終わってからフェンスの真下まで来て餌を食べることができました。(2021年8月3日17:39撮影)(2021年8月5日公開)

ミシシッピアカミミガメ
動画の中では水草の間から私の方を見ていましたが、そのあと近くまで出てきました。(2021年8月3日17:3742撮影)

ミシシッピアカミミガメ
レプトミンを食べることができました。(2021年8月3日17:43撮影)







関連記事

  1. 婚姻色を呈しているオスのオイカワの飼育と観察

  2. 近所の公園にいるツグミの観察2021

  3. 捕獲した野生のウナギ

  4. 2018年のスッポン(2)

  5. 熊本空港から離陸する時と熊本空港に着陸する時の飛行機の窓から見えた外の景色

  6. 夕方に住宅地の側溝にいた1匹の大きいクサガメ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー