FITのスマートキーの電池交換

FITのスマートキーの電池交換

Replacement of Lithium Ion Battery of Smart Key for Honda FIT

リチウム電池の中のリチウムという金属はアルカリ金属と呼ばれ、軽くて軟らかい金属ですが、水と激しく反応して爆発します。それゆえ、バッテリーを分解したり、叩いたりするとたいへん危険です。リチウムはイオン化傾向が最も大きく、しかも軽いので電池の陰極として使うことができます。しかし、放電して電池が切れてしまったら充電はできません。一方、ノートパソコンなどにはリチイウムイオン(蓄)電池が使われています。リチイウムイオン電池は充電することできます。ノートパソコンなどのバッテリーもだめになったものを分解してはいけません。火が出ます。注意しましょう。

以下に、リチウム電池CR-2032の交換手順を簡単に示します。それを参考にして電池交換をご自分で試そうとされる場合、それによって生じるいかなる結果につきましても本サイト管理者は一切責任を負いません。くれぐれも自己責任において行っていただきますようよろしくお願い致します。基本的にはディーラーに行って交換してもらうことをお勧めします。

Smart key of FIT
これがスマートキーです。
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
反対側
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
ひっかかりを解除してキーを抜きます。
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
こんな感じでゆっくり引き抜きます。
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
硬貨を側面の溝にはめ込んでゆっくりねじる。
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
こんな風に開きます。
(2015年2月2日)


Smart key of FIT
完全に開けると電池があります。あとは、この電池を外して、新しい電池を+が上になるようにはめ込んでOKです。あとは丁寧に元に戻してください。
(2015年2月2日)

FITのスマートキーの電池交換(2回目)

2018年1月4日にバッテリー切れの点滅が運転席のメーターに表示されました。2年11ヶ月持ちました。ほぼ3年です。5日朝にエディオンで1個買って、支払った後にそのままそこで交換して、古い電池は回収してもらいました。210円+税でした。消費税分19円は貯まっていたポイントで支払ったので、210円でした。







関連記事

  1. 夏休みの自由研究の題材

  2. 里芋の葉っぱとアメンボウの足の構造

  3. りんごの皮の栄養物

  4. サッカーと野球の違いについての考察

  5. あかつき桃の木に生えた猿の腰掛け

  6. アボカドの形から種の形と大小を予測する方法の再現性とまとめ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜52匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー