りんごの皮の栄養物

りんごの皮の栄養物

Nutriments of rind of an apple

りんごの皮には便秘を予防する働きがある食物繊維が豊富に含まれています。また、ケルセチンというポリフェノールが入っています。ポリフェノールは、老化を早める活性酸素を抑制したり、がんなどを予防する効果もあるといわれています。さらに、りんご酸とクエン酸は、疲労回復などに効果があります。これはりんごの皮にある成分で、果肉の方にはありません。ケルセチンはタマネギの皮にもあることが知られています。強力な抗酸化作用で老化予防に効果があるといわれています。これは、フェノールが酸化されて相手を還元する、つまり、ポリフェノールは還元剤であることに起因します。また、アイスクリームの増粘剤としても知られる水溶性の食物繊維ペクチンは、腸内でコレステロールなどを捕まえて体外に排出する働きがあります。腸内の悪玉菌の活動を抑え、善玉菌を増やす働きもあります。このように、りんごは栄養価が高く、健康や美容によい果物です。りんごが赤くなると医者が青くなるとはよくいったものです。







関連記事

  1. 日常の中のサイエンス メニュー

  2. 夏休みの自由研究の題材

  3. 二日酔いにおける柿の効能

  4. テレビで紹介されていた「自宅でできる眼トレーニング方法」

  5. アボカドの形から種の形と大小を予測する方法の再現性とまとめ

  6. サプリメント

  1. 10月の適正体重維持におけるウォーキングの効果(2022年10月)

    2022.09.30

  2. 夕方の公園で時々出会う散歩中の薩摩ビーグルのハーフ

    2022.09.28

  3. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  4. 9月の減量におけるウォーキングの効果と痩せすぎの原因の考察(2022…

    2022.08.30

  5. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー