果物の生ゴミで堆肥・腐葉土作り

果物の生ゴミで堆肥・腐葉土作り

Making Compost Using Food Scraps of Fruits

つくりやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆


compost
果物の皮などを集めた生ゴミ。
冬だったので、臭くはありませんでした。
(2013年12月21日)


compost
腐ったキウイなどを捨てていたら、だいぶ一杯になってきました。市販の土を買ってきて、上から被せて、ベランダの他の植物の枯れた葉っぱを置きました。サラダ菜の花が咲いたあとも切り刻んで置いてあるのが見えます。
(2014年3月7日)


compost
だいぶ土らしくなってきました。
何か植えてみたくなりました。
(2014年3月11日)


compost
ホームセンターでアイベリーの苗が売っていたので、
買ってきて植えました。
(2014年3月15日)


compost
1ヶ月経ちました。アイベリーの葉っぱが予想以上に大きくなりました。腐ったキウイの果実を埋めたところからはキウイの芽が密集して出てきました。
(2014年4月19日)

堆肥に使えるものはいろいろありますが、私は、腐ったキウイの果実や、富有柿の皮や、ベランダで栽培したハイビスカスの茎を切り刻んだものや、食べた柑橘類の皮、薹が立ったサラダ菜、そしてそれについていた青虫などを腐葉土にしました。ベランダで、プラスチック製の鉢の中にただため込んでいっただけで堆肥を作ることができました。堆肥には空気、水分、そして栄養分が必要です。内容物が乾き過ぎも湿り過ぎていてもだめです。

今回、果物の生ゴミやベランダの植物で作った腐葉土というか、堆肥というか、堆積物ですが、アイベリーの生育具合から判断する限り、効果ありです。







関連記事

  1. フルーツトマトの栽培(前半)

  2. チューリップ栽培2015 〜むらさき種〜

  3. アイベリーの栽培2015

  4. チューリップ栽培2015 〜しろ種〜

  5. ミニトマト ルビーノの栽培(後半)

  6. オクラの種の採取

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年12月)

    2020.12.01

  2. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  4. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  5. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー