姫檜扇水仙, ヒメヒオウギズイセン

姫檜扇水仙, ヒメヒオウギズイセン

Montbretia, Crocosmia, Himeougizuisen

栽培しやすさ ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★☆

家の庭の姫檜扇水仙(ヒメヒオウギズイセン、別名:モントブレチア、クロコスミアとも言う)についてのページです。

姫檜扇水仙は、花期は7〜8月で、オレンジ色の花が咲きます。暖かい地方では、一度植えるとほとんど放置しておいても育ちます。繁殖力が旺盛な植物です。


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2012年7月16日


Montbretia, Crocosmia
2013年6月30日


Montbretia, Crocosmia
2013年6月30日


Montbretia, Crocosmia
2013年6月30日


Montbretia, Crocosmia
2014年7月12日


Montbretia, Crocosmia
2015年7月5日


Montbretia, Crocosmia
2015年7月5日


Montbretia, Crocosmia
2015年7月5日


Montbretia, Crocosmia
2016年7月2日


Montbretia, Crocosmia
2016年7月2日

うちの>姫檜扇水仙はニワトリ小屋のところに生えています。夏になると咲くので、これにより季節感が湧いて来ます。野獣がニワトリを虎視眈々と狙っているので、穴を掘って中に入らないように少しでも抑止力になればと思っています。でも、却って隠れ場所になってしまう可能性もあります。夏の暑い時には少しは避暑効果があるかもしれません。いずれにしても丸裸のニワトリ小屋より、見た目を良くする効果はあります。







関連記事

  1. よくわからない種からの発芽 − 初雪草

  2. タイタンビカス

  3. アメリカシャクナゲ(カルミア – ラテフォーリア)の栽培

  4. ハイビスカス フィジーアイランドの栽培と観賞

  5. コスモスの栽培

  6. プリムラ・ジュリアンの栽培

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜47匹目)

    2021.09.12

  2. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

    2021.09.11

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

    2021.09.10

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

    2021.09.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー