エコパーク水俣の水俣ローズフェスタ春(2017年5月14日)

こんにちは。熊の実です。

エコパーク水俣で開催されている「水俣ローズフェスタ春」に2017年5月14日(日)に行ってきました。土日はバラ園の隣りの道の駅の前の広場では大音響でイベントをやっていて、テントを張った出店が多く、お客さんもかなり多かったです。駐車場はけっこう離れたところまで行かなければなりませんでした。午前中はマラソンもあったらしく、私たちが行った午後13時過ぎには国道3号線の上りが混んでいました。私たちは下りだったのですが、混んでいませんでした。

今年のバラは桜同様、春が寒かったので、開花が遅くなったとのこと。5月21日あたりまではいい状態ではないかということでした。ぎりぎり今月いっぱいまでは楽しめそうとのこと。

ここのバラ園には750種、約6,500株があります。敷地が広いので、歩いて回ると気持ちいいです。バラのアーチやバラのモニュメントなどもあって、天気のよい日には青空と相俟ってとてもきれいなバラ園です。

ここのバラ園は杉の木か檜の木の皮と思われるものをバラの木の下に敷いてあります。だからエコパーク水俣なのでしょう。サステナブルな公園といえます。

写真を撮ったので紹介します。ちょっと載せ過ぎの感がありますが、できるだけ載せました。

パパ・メイアンパパ・メイアン
ロナルド・レーガンロナルド・レーガン
イングリッド・バーグマンイングリッド・バーグマン
クリムゾン・グローリークリムゾン・グローリー
ストロベリー・アイスストロベリー・アイス
ブリリアント・ピンク・アイスバーグブリリアント・ピンク・アイスバーグ
イエロー・クィーン・エリザベスイエロー・クィーン・エリザベス
ラブ・アンド・ピースラブ・アンド・ピース
キャラミアキャラミア
エバー・ゴールドエバー・ゴールド
アライブアライブ
ペッシュ・ポンポンペッシュ・ポンポン
ローズ・ポンパドゥールローズ・ポンパドゥール
アシュラムアシュラム
アシュラムアシュラム
アカペラアカペラ
芳純芳純
光彩光彩
チャールストンチャールストン
ドクター・ヒューイドクター・ヒューイ
トゥール・エッフェル2000トゥール・エッフェル2000
ギー・サヴォアギー・サヴォア
ウィリアム・アンド・キャサリンウィリアム・アンド・キャサリン
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント
フォース・オブ・ジュライフォース・オブ・ジュライ
フォース・オブ・ジュライフォース・オブ・ジュライ
フォース・オブ・ジュライフォース・オブ・ジュライ
プリンセス・アンプリンセス・アン
ウィズリーウィズリー
コンスタンス・スプレイコンスタンス・スプレイ
ピエール・ドゥ・ロンサールピエール・ドゥ・ロンサール
ヒアワサヒアワサ
ブリーズブリーズ
アレゴリーアレゴリー
クロード・モネクロード・モネ
パトラッシュパトラッシュ
マリー・ルイーズ・ラ・ラメーマリー・ルイーズ・ラ・ラメー
トーマス・エイ・ベケットトーマス・エイ・ベケット
ユーロピアーナユーロピアーナ
ブルー・ムーンブルー・ムーン
ブルー・リバーブルー・リバー
マスケラードマスケラード
パレードパレード
ゴールデン・ウィングスゴールデン・ウィングス
芳純芳純
プリンセス・ド・モナコプリンセス・ド・モナコ
フリュイテフリュイテ
フリュイテフリュイテ

以上です。あなたはどれが好きですか。私はプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケントとかフォース・オブ・ジュライとか、たくさん気に入ったものがありましたが、最後の写真(フリュイテ)は形はともかく輝いて見えるので好きです。

秋にもローズフェスタがあるようです。

最後に道の駅で買って食べたソフトクリームが美味しかったです。ピンク色の方はローズソフトで、バラの味と香りがしました。

ソフトクリーム

それでは、また。







関連記事

  1. 水俣ローズフェスタ春のほぼ満開のバラ

  2. はな阿蘇美のバラドームのバラ2017(Part 2)

  3. 過去50年で最も開花が遅かった一心行の大桜を見に行きました!

  4. はな阿蘇美のバラドームのバラ2017(Part 3)

  5. 南阿蘇村の観音桜

  6. 満開2日目の一心行の大桜を満開初日と比較してみた

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー