はな阿蘇美のバラドームのバラ2017(Part 2)

はな阿蘇美のバラドームのバラ2017(2)

パーマリンク: http://dreamscomtrue.net/hanaasobirosedome2017-2.html

こんにちは。熊の実です。

阿蘇市にある「はな阿蘇美」のバラドームに7月22日に行った時のバラを紹介しきれなかったので、ページを分けて紹介します。

パート1はこちら↓

パート3はこちら↓

以下に、撮ってきた写真の中から選んでパート2として掲載します。ここで取り上げたバラはパーマネント・ウェーブ、バーガンディ・アイスバーグ、サングリア、マジック、トロピカル、カリンカ、ゴールデン・セレブレーション、ギネ、ヒルダ・ミュレル、リリアン・オースチン、ウィンチェスター・キャシドラル、レディ・オブ・シャーロット、リリアン・オースチン、ルビー・セレブレーション、ソフィア・ルネッサンス、ウィリアム・シェイクスピア、レディ・オブ・メギンチ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、クリムゾン・グローリー、エドアール・マネ、エドアール・マネ、フォーリング・ラブ、クィーン・オブ・ハーツ、ゆうぜん、ヨハン・シュトラウス、グラン・シュクル、ケニギン・ベアトリックス、マチルダ、バーカンディ・アイスバーグ、パンプキン・パッチ、ボルデュール・アブリコ、ベティ・ブープ、オードリー・ヘップバーン、ひさみ、バロン・ジロー・ド・ラン、コンテス・ドゥ・セギュール、レッド・ブロカットです。

パーマネント・ウェーブパーマネント・ウェーブ
フリュイテフリュイテ
バーガンディ・アイスバーグバーガンディ・アイスバーグ
サングリアサングリア
サングリアサングリア
マジックマジック
トロピカルトロピカル
カリンカカリンカ
ゴールデン・セレブレーションゴールデン・セレブレーション
ギネギネ
ヒルダ・ミュレルヒルダ・ミュレル
リリアン・オースチンリリアン・オースチン
ウィンチェスター・キャシドラルウィンチェスター・キャシドラル
レディ・オブ・シャーロットレディ・オブ・シャーロット
リリアン・オースチンリリアン・オースチン
ルビー・セレブレーションルビー・セレブレーション
ソフィ・アルネッサンスソフィ・アルネッサンス
ウィリアム・シェイクスピアウィリアム・シェイクスピア
レディ・オブ・メギンチレディ・オブ・メギンチ
レオナルド・ダ・ヴィンチレオナルド・ダ・ヴィンチ
クリムゾン・グローリークリムゾン・グローリー
エドアール・マネエドアール・マネ
エドアール・マネエドアール・マネ
フォーリング・ラブフォーリング・ラブ
クィーン・オブ・ハーツクィーン・オブ・ハーツ
ゆうぜんゆうぜん
ヨハン・シュトラウスヨハン・シュトラウス
グラン・シュクルグラン・シュクル
グラン・シュクルグラン・シュクル
ケニギン・ベアトリックスヨハン・シュトラウス
マチルダマチルダ
バーカンディ・アイスバーグバーカンディ・アイスバーグ
パンプキン・パッチパンプキン・パッチ
ボルデュール・アブリコボルデュール・アブリコ
ベティ・ブープベティ・ブープ
ベティ・ブープベティ・ブープ
ベティ・ブープベティ・ブープ
オードリー・ヘップバーンオードリー・ヘップバーン
ひさみひさみ
ひさみひさみ
バロン・ジロー・ド・ランバロン・ジロー・ド・ラン
バロン・ジロー・ド・ランバロン・ジロー・ド・ラン
バロン・ジロー・ド・ランバロン・ジロー・ド・ラン
コンテス・ドゥ・セギュールコンテス・ドゥ・セギュール
レッド・ブロカットレッド・ブロカット
まとめ

やはり光の加減がよくて、ドームのバラは写真がきれいだと思いました。バラの種類は、フランスのものもけっこうあって、ドイツのものも少しありました。

それでは、また。







関連記事

  1. 水俣ローズフェスタ春のほぼ満開のバラ

  2. 季節の花イベント

  3. 過去50年で最も開花が遅かった一心行の大桜を見に行きました!

  4. 満開2日目の一心行の大桜を満開初日と比較してみた

  5. 阿蘇山を背景にした満開の観音桜は絶景でした!

  6. エコパーク水俣の水俣ローズフェスタ春(2017年5月14日)

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜51匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー