2018年のスッポンの観察

2018年のスッポンの動画

2018年4月22日

(2018年4月22日11:11撮影)(2018年4月22日公開)

(2018年4月22日11:10撮影)(2018年4月22日公開)

2018年4月23日

(2018年4月23日11:09撮影)
(2018年4月23日公開)

(2018年4月23日11:08撮影)(2018年4月23日公開)

2018年7月5日

2018年7月5日(木)の夕方、用水路に小さいスッポンが静止していました。私に気づかれないようにじっとしています。こういう場合、目を離した隙に逃げてしまいます。

子スッポン用水路にいた子スッポン。見つからないようにじっとしています。この子スッポンもすでに見つかっていることはわかっているかもしれませんが、私が視線を逸らすまでは動きません。持久戦になります。(2018年7月5日17:03撮影)(2018年7月5日公開)

子スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月5日17:03撮影)(2018年7月5日公開)

用水路にいた子スッポン。(2018年7月5日17:05撮影)(2018年7月5日公開)

2018年7月10日

2018年7月10日(火)の夕方、用水路の壁に小さいスッポンが私に見つかった時の体勢で固まっていました。私はスッポンが逃げるまで目を離さず動画を録画し続けました。子スッポンは約2分で痺れを切らしたのか、潜って逃げてしまいました。

子スッポン用水路の壁の子スッポン。(2018年7月10日17:14撮影)(2018年7月10日公開)

子スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月10日17:14撮影)(2018年7月10日公開)

用水路にいた子スッポン。(2018年7月10日17:16撮影)(2018年7月10日公開)

2018年7月11日

2018年7月11日(水)の夕方17:48に、用水路の水面下の壁ところでスッポンが動いていました。私の存在に気付いて水面に顔を上げて見ています。こちらが目を離さない限りじっとしています。ここから持久戦に入りましたが、私が右手で録画しながら左手を動かしてみたら、2分22秒後に水中に潜って逃げていきました。今日だけで3匹目のスッポンです。

スッポン用水路の水面下で動いていたスッポンが私に気づいて水面に顔を上げて固まりました。(2018年7月11日17:48撮影)(2018年7月11日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月11日17:48撮影)(2018年7月11日公開)

用水路にいた子スッポン。(2018年7月11日16:58撮影)(2018年7月11日公開)

2018年7月11日(水)の夕方、用水路のメダカを見ていたら、突然スッポンが底から上がってきて壁にへばりつきました。私がいることを予想していなかったため、そのままフリーズしていましたが、10秒後ぐらいに急に底の方に潜って逃げました。今日2匹目のスッポンです。

スッポン用水路の壁に突如として現れたスッポン。(2018年7月11日16:57撮影)(2018年7月11日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月11日16:57撮影)(2018年7月11日公開)

用水路にいた子スッポン。(2018年7月11日16:58撮影)(2018年7月11日公開)

2018年7月11日(水)の早朝、用水路の壁に小さいスッポンがへばりついていました。私に見つかった時の体勢のまま警戒して固まっていましたが、録画し始めてから35秒後に水中に潜って逃げました。今日1匹目のスッポンですが、このあと夕方までに合計3匹見ることになるとは思っていませんでした。

子スッポン用水路の壁の子スッポン。(2018年7月11日6:07撮影)(2018年7月11日公開)

用水路にいた子スッポン。(2018年7月11日6:07撮影)(2018年7月11日公開)

2018年7月25日

夕方に散策している時、水が引いた用水路にとても小さなスッポンが2匹いました。1匹はどら焼きぐらいのサイズでしたが、もう1匹はかなり小さいスッポンでした。これまで野生のスッポンを見てきた中では最も小さいです。

スッポン水が少なくなった用水路の上流方向に向かって、小さいスッポンとさらに小さいスッポンが歩いていました。私がカメラを向けると私に気づいてまず小さい方のスッポンがフリーズしました。その数秒後に先頭を歩いていたスッポンが固まりました。(2018年7月25日16:55撮影)(2018年7月25日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。後方のスッポンはかなり小さいです。(2018年7月25日16:55撮影)(2018年7月25日公開)

用水路にいた子スッポン(右)とさらに小さいスッポン(左)が私に気づいてフリーズしてから逃げるまでの過程。先に小さい方のスッポンが後方に逃走し、そのあと右側のスッポンが下の泥に潜りました。(2018年7月25日16:58撮影)(2018年7月11日公開)

2018年7月26日

夕方に散策している時、昨日いた2匹の小さいスッポンがいました。そこで、逃げるまで動画を撮影しました。

スッポン昨日いた2匹のうち、大きい方のスッポン。(2018年7月26日17:00撮影)(2018年7月26日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大。(2018年7月26日17:00撮影)(2018年7月26日公開)

昨日の夕方に用水路にいた小さいスッポン2匹のうちの大きい方が逃げる瞬間を撮った動画。(2018年7月26日17:02撮影)(2018年7月26日公開)

スッポン昨日いた2匹のうち、小さい方のスッポン。(2018年7月26日17:28撮影)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大。(2018年7月26日17:00撮影)(2018年7月26日公開)

昨日の夕方に用水路にいた小さい方のスッポンが逃げる瞬間を撮った動画。(2018年7月26日17:29撮影)(2018年7月26日公開)

2018年7月27日

スッポンが早朝にけっこう大きいザリガニを1時間半前後でほぼ完食する様子を動画に収めることができました。

昨日の大きい方のスッポンではない、もう一回り大きい別のスッポンが早朝に用水路でけっこう大きいザリガニを捕食していました。(2018年7月27日6:33撮影)(2018年7月27日公開)

人間に見られているのを気にしています。しかし、それでも食べるのを続けます。逃げることは後回しで食べることに夢中です。悪意ある人間に見つかったら捕獲されてしまうでしょうね。(2018年7月27日6:40撮影)(2018年7月27日公開)

約40分後にもう一度見てみたら、まだ食べていましたが、ほとんど食べてしまい、あとは足ぐらいしか残っていません。ほぼ完食です。6:25から観察を始めてちょうど1時間なので、1時間ちょっとで完食したと思われます。用水路にザリガニの手足だけ残されていることが時々ありますが、その原因がスッポンではないかと思っていたので、確認できてよかったです。(2018年7月27日7:23撮影)(2018年7月27日公開)

スッポンが散策する姿はほとんど観察できません。なぜならば、警戒心が強いので、人間に気づくと動くのをやめてしまうか、隙を見て泥や水草の下に潜ってしまうかのどちらかです。今朝、少し離れたところから小さなスッポンがエサを探して歩き回っている姿を撮ることができました。

小さいスッポンが早朝にエサを探して歩き回っています。(2018年7月27日6:45撮影)(2018年7月27日公開)

歩き回っていたスッポンの正体は、昨日いた2匹のうちの小さい方のスッポンでした。(2018年7月27日6:50撮影)(2018年7月27日公開)

2018年7月28日

これまで近所の用水路で見た中では最も小さいスッポンが用水路を歩いていました。普通は人間見られていると気づいた段階で動かなくなってしまうか、瞬時に泥に潜ってしまいますが、今日のスッポンはずっと歩き続けていました。

スッポン用水路を歩いていたとても小さいスッポン。これまでここで見た中ではいちばん小さいです。(2018年7月28日6:48撮影)(2018年7月28日公開)

スッポン部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月28日6:48撮影)(2018年7月28日公開)

とても小さいスッポンが用水を歩いていました。これまでここで見たスッポンお中では最小です。かなり警戒心が薄いようで、人間に上から見られているのに歩くのをやめませんでした。(2018年7月28日6:47撮影)(2018年7月28日公開)

歩いているうちに、隠れることの場所を見つけました。水草の下に隠れてしまいました。(2018年7月28日6:50撮影)(2018年7月29日公開)

2018年8月20日

2018年7月28日に見たスッポンと比べてどちらが小さいかわかりませんが、これまでこのあたりの用水路で見た中では最小レベルのスッポンがいました。これまでと違う点は、私を怖がらずに泳ぎ始めたことです。優雅な泳ぎを撮影することができました。

スッポン用水路の壁で固まってこちらを見ているとても小さいスッポン。(2018年8月20日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

スッポンこれまでこの用水路で見た中では最小クラスです。(2018年7月28日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月28日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

とても小さいスッポンが用水を泳ぐ姿を撮影することができました。(2018年8月20日10:20撮影)(2018年8月20日公開)

2018年7月28日にいた小さいスッポンと同一の個体であるかどうかはわかりませんが、これまで見た中では最小クラスです。小さいせいか、人間に対する警戒心が薄いようです。だからこそ泳ぐところが撮影できました。大きいスッポンでこの至近距離ではまず無理です。(2018年8月20日10:22撮影)(2018年8月20日公開)

2018年9月4日

ここ数ヶ月はほとんど小さいスッポンしか見ていませんでしたが、2018年9月4日の早朝、けっこういいサイズのスッポンが泳いでいました。私に気づいて底に潜ってしまいましたが、潜っている間に体の手入れを始めたりして、どこにいるかバレバレでした。3分後に浮上してきて、再び泳ぎだしました。立ち泳ぎしたり、水面より上の用水路の壁にいた獲物を捕まえて食べる瞬間も動画に映っています。

早朝にスッポンが餌を探して用水路を泳いでいました。橋の下に入っていきました。(2018年9月4日6:24撮影)(2018年9月4日公開)

用水路を泳いでいるスッポンが私を警戒して潜って隠れました。そして3分後に浮上して再び泳ぎ出しました。(2018年9月4日6:29撮影)(2018年9月4日公開)

スッポンが用水路の水面より上の壁にいる獲物を捕まえる瞬間が映っています。(2018年9月4日6:31撮影)(2018年9月4日公開)

2018年9月11日

夕方の散策の途中、用水路でスッポンが水草の間から顔を覗かせてじっとしているのを見つけました。

スッポン用水路の水草の間から顔を水面に出していたスッポン。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

スッポンズームで撮影しました。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

夕方、用水路の水草の間からスッポンが顔を水面に出していました。動画を撮っている間、じっとしていました。(2018年9月11日17:45撮影)(2018年9月12日公開)







関連記事

  1. 熊本空港から離陸する時と熊本空港に着陸する時の飛行機の窓から見えた外の景色

  2. 2019年に保護した少し成長が遅い5匹目の赤ちゃんスッポン

  3. ベランダの網戸と用水路で観察したギンヤンマ

  4. スッポンに関する記事一覧(時系列)

  5. 夕方に飛んでいたコウモリ

  6. 飼育している多数のオイカワの中に1匹いたカワムツ

  1. 2020年に用水路で保護した3匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  2. 2020年に用水路で保護した2匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  3. 2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.22

  4. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  5. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー