カヤヒバリの鳴き声

↑上のアイキャッチ画像はカヤヒバリではありません。でもカヤヒバリはその写真のコオロギのような感じの昆虫です。

暗闇の中で鳴いているカヤヒバリ(2018年9月9日)

毎晩、カヤヒバリの鳴き声が聞こえてきます。そこで2018年9月9日の夜に鳴き声のする方向に歩いて近づいてみました。

カヤヒバリが暗闇の中で鳴いていました。歩いて近づいてみると、駐車場の柵の向こう側のアパートの草むらで鳴いているようです。(2018年9月9日21:48撮影)(2018年9月9日公開)

柵の向こうに道路側から行ってみました。あまり近づき過ぎたせいか、この動画の最後では一旦鳴き止んでしまいましたが、録画を止めてから数秒後には再び鳴き始めました。(2018年9月9日21:49撮影)(2018年9月9日公開)








関連記事

  1. ハグロトンボ

  2. そよ風

  3. アナカリスについていた緑色のアオモンイトトンボヤゴ

  4. 飼育を始めて6日以降の2019年2匹目の赤ちゃんスッポンの観察

  5. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

  6. 中国生まれのアルビノシナスッポンの飼育(2021年〜2022年)

  1. 2020年3月に最初に保護した甲長7cmの子スッポンの2年3ヶ月後

    2022.07.06

  2. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  3. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  4. イシマキガイ

    2022.06.28

  5. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー