日齢861日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

アイキャッチ画像は2022年2月27日13:14に撮影した孵化してから882日(日齢882日)のCH種のスッポン7匹のうち、現在生きている5匹のうちの最も大きい1匹(ペンタ)が日光浴中に大の字になって伸びをしているところです。

2019年9月29日未明に孵化したCHスッポン7匹のうち、2022年2月末現在、5匹が生きていて、健康状態は良好です。しかし、その5匹の成長速度は様々で、大きく差が出ています。いちばん大きい個体が甲長15cmで、いちばん成長が遅い個体は甲長5.5cmです。甲長という尺度ではいちばん小さい個体はいちばん大きい個体の約3分の1ですが、楕円形として見える甲羅の大きさはかなり違います。

以下に2022年2月以降の飼育結果を示しています。5匹のうち、最も成長している1匹(名前はペンタ)についての話題を採用している頻度が高いです。

私のすぐ隣りでかなりリラックスしている日齢861日のスッポンといつも通り水槽の中でかなり忙しくしている飼育1189日のスッポン(2022年2月6日)

スッポン
日齢861日のスッポンが後ろ足を伸ばしてリラックスしているところ。私が座っているところから30cmぐらいしか離れていないのですが、全く関係ない感じでいつも寛いでいます。卵から出て来た時に初めて見たのが私で、ずっと餌をもらっているとこんな感じになりました。現在も生きているあと4匹もここまではないにしてもこれに近い感じです。このいちばん大きい1匹(名前はペンタ)が最も馴れています。(2022年2月6日12:42撮影)

日齢861日のスッポンの今生きている5匹のうちのいちばん大きくなっている1匹(ペンタ)が私のすぐ隣りでかなりリラックスしている様子と、窓辺のガラス水槽の中でいつも通りかなり忙しくしている飼育1189日のスッポンの様子を動画に収めました。(2022年2月6日12:46撮影)(2022年2月6日公開)

スッポン
まだ足をぶん投げています。(2022年2月6日12:46撮影)

スッポン
モグラみたいな手の格好になっています。(2022年2月6日12:52撮影)

日光浴中に足をピーンと伸ばして尻を持ち上げた日齢882日のスッポン5匹のうちいちばん大きい1匹(2022年2月27日)

スッポン
たらいの中で日光浴中に足をピーンと伸ばして尻を持ち上げた日齢882日のスッポン5匹のうち、いちばん大きい1匹。名前はペンタ。(2022年2月27日13:14撮影)

卵から生まれた日齢882日のスッポンが7匹生まれましたが、現在5匹生き残っています。そのうちの最も大きい1匹がたらいの中での強制的日光浴中に足を伸ばして尻を上げて口もパカーンと開けているポーズをとりました。その様子を動画に収めました。(2022年2月27日13:16撮影)(2022年2月27日公開)

スッポン
動画撮影を終了後、ピーンとしていた足と首と尻を緩めていました。(2022年2月27日13:16撮影)

たらいの中で腹甲以外は満遍なく太陽光を浴びようとする日齢886日のスッポン(2022年3月3日)

スッポン
日光浴を開始直後の日齢886日のスッポンの様子。この写真を撮影した後に4分ほど動画撮影したのですが(未公開)、その中では2分7秒〜3分39秒で手足をピーンと伸ばして尻を上げて日光を浴びていました。そのあと、動き出したので動画撮影を終了しました。(2022年3月3日15:26撮影)

スッポン
その未公開の動画を撮影終了後に撮った写真。動き始めたので様子を見ていたら、突然手足をピーンと伸ばして尻を上げて日光を浴び始めました。それが次の写真です。(2022年3月3日15:30撮影)

スッポン
これが今日2回目の手足ピーンです。すぐに今日2回目の動画撮影を始めました。それが次の動画です。(2022年3月3日15:30撮影)

日齢886日のスッポンをたらいに入れて西日の当たるベランダで日光浴させているところの動画です(2本目)。この2本目の動画の前に撮影30秒ほど手足をピーンと伸ばして尻を太陽の方(西の方角)に向けて上げているところを撮った1本目の未公開の動画があります。その1本目を撮影中に動き出したので動画撮影をやめたのですが、しばらくして再び手足をピーンと伸ばして尻を上げたので、急いで2本目の動画撮影を始めました。それがこの動画です。この動画では3分35秒辺りから一旦動き始めましたが、体の向きを変え始めて再び開始4分辺りで手足をピーンと伸ばして尻を上げて別の角度から太陽光を浴び始めました。腹甲以外はできるだけ太陽光を浴びようと工夫していることがわかる動画です。1本目の動画も含めると今日は3方向から日光を浴びて手足をピーンと伸ばして尻を上げたことになります。(2022年3月3日15:38撮影)(2022年3月3日公開)

スッポン
2回目の動画撮影後に動き出した日齢886日のスッポンの写真。この後はもう手足ピーンは見られませんでした。(2022年3月3日15:38撮影)

プラスチック容器の中で伸びをしながら方向を変えて太陽光を浴びている日齢947日の5匹の中で最も小さいスッポン(2022年5月3日)

スッポン
バスキングシェルターの上に乗って伸びをしながら日光浴をしている日齢947日の5匹の中で最も小さいスッポン。(2022年5月3日15:47撮影)

スッポン
上の写真を別角度から撮った写真。(2022年5月3日15:47撮影)

スッポン
角度を変えました。誰から習ったわけでもないのにどのスッポンも同じようなことをするので、DNAに刷り込まれているようです。(2022年5月3日15:57撮影)

日齢947日のスッポンで現在生きている5匹のうち、最も小さい1匹がバスキングシェルターの上に乗って伸びをして角度を変えながら日光浴をしているところを動画に収めました。口を開けているので気持ち良さそうです。(2022年5月3日15:56撮影)(2022年5月3日公開)

夕方に水槽から手で持ち上げるといつも口を開ける日齢970日の5匹の中で最も成長しているスッポン(2022年5月26日)

スッポン
頭を引っ込めて眠っています。(2022年5月26日13:11撮影)

スッポン
頭を出しました。(2022年5月26日13:11撮影)

日齢970日のスッポンで現在生きている5匹のうち、最も大きい1匹は毎日夕方に水槽から飼い主が両手で取り出すときに毎回口を開けます。今日はいつもと違って口の開け具合が控えめでした。私以外にデジカメの撮影者がいたからだと思われます。(2022年5月26日17:10撮影)(2022年5月26日公開)

日齢974日の5匹の中で最も大きいスッポンの舌とくちばし(2022年5月30日)

スッポン
日齢974日の5匹の中で最も大きいスッポンを膝の上のヒートテックにくるんでいるところ。頭を出して口を開けているので下のくちばしと舌が見えています。(2022年5月30日13:53撮影)

日齢974日の5匹の中で最も大きいスッポンを膝の上に乗せて口を開けたところを正面から動画撮影しました。舌と下のくちばしが見えます。(2022年5月30日13:55撮影)(2022年5月30日公開)

日齢1003日の5匹の中でもっとも大きいスッポンとの戯れ(2022年6月28日)

日齢1003日の5匹スッポンの中で最も大きい個体の入っているガラス水槽の中に手を入れて指でツンツンしてみました。(2022年6月28日13:55撮影)(2022年6月29日公開)

スッポン
指で触るのをやめた後のスッポンの様子(1枚目/4枚)。(2022年6月28日13:56撮影)

スッポン
指で触るのをやめた後のスッポンの様子(2枚目/4枚)。(2022年6月28日13:56撮影)

スッポン
指で触るのをやめた後のスッポンの様子(3枚目/4枚)。(2022年6月28日13:56撮影)

スッポン
指で触るのをやめた後のスッポンの様子(4枚目/4枚)。(2022年6月28日13:56撮影)







関連記事

  1. 2019年に保護した赤ちゃんスッポン4匹の特徴(現在生きている4匹)

  2. 近所にいるササゴイの観察結果(2021年)

  3. サクラ

  4. 羽が傷んだヒヨドリ

  5. 甲長が5.1cmから175日で6.5cmになった成長が遅いアルビノシナスッポン

  6. アカハラ

  1. 10月の適正体重維持におけるウォーキングの効果(2022年10月)

    2022.09.30

  2. 夕方の公園で時々出会う散歩中の薩摩ビーグルのハーフ

    2022.09.28

  3. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  4. 9月の減量におけるウォーキングの効果と痩せすぎの原因の考察(2022…

    2022.08.30

  5. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー