日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

アイキャッチ画像は2022年8月13日8:31に撮影した孵化してから1049日(日齢1049日)のCH種のスッポン7匹のうち、現在生きている5匹のうち最も大きい1匹(名前はペンタ)がガラス水槽内でリラックスしているところに私が上から見たので私を見ているところです。

2019年9月29日未明に孵化したCHスッポン7匹のうち、2022年7月上旬現在、5匹が生きていて、健康状態は良好です。いちばん大きい個体が甲長17.5cmで、いちばん成長が遅い個体は甲長5.8cmぐらいです。

以下に2022年7月以降の飼育結果を示しています。5匹のうち、最も成長しているペンタの出現頻度が高いです。

日齢1010日の5匹の中で2番目に大きいスッポンとの戯れ(2022年7月5日)

スッポン
日齢1010日の5匹のスッポンの中で2番目に大きいスッポン。メスと違ってかなりやんちゃです。5匹のうち2匹がオスですが、そのうちの1匹で、もう1匹は大きさは4番目です。(2022年7月5日16:42撮影)

日齢1010日の5匹のスッポンの中で2番目に大きいスッポンは顔を指に近づけるけれど噛みません。少し戯れてみました。(2022年7月5日16:44撮影)(2022年7月5日公開)

水槽の中でリラックスしている日齢1030日の5匹の中で一番大きいスッポン(2022年7月25日)

スッポン
日齢1030日の5匹のスッポンの中で一番大きいスッポンが水槽の中で足をぶん投げているところ(1枚目/2枚)。(2022年7月25日10:53撮影)

スッポン
日齢1030日の5匹のスッポンの中で一番大きいスッポンが水槽の中で足をぶん投げているところ(2枚目/2枚)。(2022年7月25日10:53撮影)

日齢1030日の5匹のスッポンの中で最も大きいスッポンが喉をプクプクさせながら足をぶん投げてリラックスしている様子を動画に収めました。最近またウグイス色になってきました。(2022年7月25日10:01撮影)(2022年7月25日公開)

スッポン
日齢1030日の5匹のスッポンの中で一番大きいスッポンを上から見た姿(1枚目/3枚)。(2022年7月25日20:13撮影)

スッポン
日齢1030日の5匹のスッポンの中で一番大きいスッポンを上から見た姿(2枚目/3枚)。(2022年7月25日20:13撮影)

スッポン
日齢1030日の5匹のスッポンの中で一番大きいスッポンを上から見た姿(3枚目/3枚)。(2022年7月25日20:13撮影)

日齢1052日の5匹の中で一番大きいスッポンに抗生物質の錠剤を経口投与(2022年8月16日)

日齢1052日の5匹の中で一番大きいスッポンに抗生物質の錠剤を経口投与する時の様子を動画に収めました。サケの刺身をキッチンバサミで切って、そこに切り目を入れて袋状にし、抗生物質の錠剤を挟み込みました。それをガラス水槽内のスッポンに与えると、一瞬で飲み込みました。慣れていないスッポンでは難しいと思われます。現在の甲長は18cm。腹部に赤い細菌性皮膚炎が小さいですができています。テラマイシンとポビドンヨードとこの内服薬で治療しています。ちなみにこの内服薬は2日に1回で7回分処方されましたが、今日で3回目です。(2022年8月16日13:25撮影)(2022年8月16日公開)

日齢1056日のスッポンへの抗生物質の錠剤の経口投与:1回おき7回投与予定の5回目(2022年8月20日)

日齢1056日のスッポンへ抗生物質の錠剤の5回目の経口投与を行いました。2日に1回の7回分を処方されたので、今日で5回目です。処方された8月12日からすでに8日経過し、錠剤が崩れてきました。そこで、1回分に相当する量を目分量で集めてあらかじめ切れ目を入れておいたサケの刺身に挟み込み、ガラス水槽内のスッポンにピンセットで与えました。今日も1秒で飲み込んで、「まだないの〜」と催促していました。薬は2日に1回で7回分処方されているので、あと2回は残っている割れた錠剤と粉末を目分量で2等分して与えることになります。錠剤が簡単に崩れるのは予想外でした。ノートに挟まずにもっと安全な場所に保存すべきだったと後悔しました。(2022年8月20日12:51撮影)(2022年8月20日公開)

日齢1071日の5匹のスッポンのうちのいちばん大きい1匹が膝の上で寝ているところ(2022年9月4日)

スッポン
日齢1071日の一番大きいスッポンがこの中に包んであります。(2022年9月4日9:00撮影)

スッポン
開けてみるとこんな感じです。寝ています。(2022年9月4日9:00撮影)

スッポン
顔を接写。(2022年9月4日9:00撮影)

スッポン
手の感じがThe Beatlesのオリジナルアルバム”Magical Mystery Tour”のアルバムジャケットに写っているセイウチ(Walrus)みたいです(主観)。(2022年9月4日9:12撮影)

日齢1071日の5匹のスッポンのうち、いちばん成長している甲長18cmの1匹の腹甲に抗生物質のクリームを塗ってしばらく待っているところです。膝の上に載せていたら眠り始めました。デジカメで動画撮影を始めたらすぐに起きてしまいました。皮膚病は8月12日に動物病院に行ってからもう23日になります。もう治ってきていると思うのですが、薄くなってきた赤みがなかなか最後とれません。(2022年9月4日9:14撮影)(2022年9月4日公開)

スッポン
動画の中で一旦起きましたが、動画撮影を終えてからまた寝かし付けたら寝ました。(2022年9月4日9:22撮影)







関連記事

  1. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2020年6月〜2021年5月)

  2. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の観察

  3. いろいろなところで見かけたモズ

  4. 赤ちゃんスッポンのへその緒が消えるまでの日数の調査

  5. 飼育11ヶ月目以降の2匹目の子スッポン

  6. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(18匹目〜23匹目)

  1. カワセミの求愛行動

    2022.09.27

  2. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  3. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  4. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  5. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー