ヨシノボリ

水の少ない用水路で捕獲したヨシノボリ(2018年11月15日)

ヨシノボリ↑金魚鉢に入れたヨシノボリ。左側に写っています。メダカも入っています。(2018年11月15日16:40撮影)

ヨシノボリ↑接写しました。(2018年11月15日16:40撮影)

ヨシノボリ↑反時計回りに少し移動しました。(2018年11月15日16:40撮影)

ヨシノボリ↑水槽の壁のガラスにくっついていました。(2018年11月15日17:31撮影)

ヨシノボリ↑38分後も壁にいました。(2018年11月15日18:09撮影)

ヨシノボリ↑前の写真より少し明るく写りました。(2018年11月15日18:10撮影)

ヨシノボリ↑1時間後も壁にくっついていました。壁が好きなようです。(2018年11月15日19:02撮影)

近所の用水路で捕獲したヨシノボリを水槽に入れていたら、壁にくっついていました。(2018年11月15日17:54撮影)(2018年11月15日公開)

水槽でスジエビに追い出されたヨシノボリ(2018年11月18日)

ヨシノボリ↑水槽の中のヨシノボリ。(2018年11月18日9:08撮影)

ヨシノボリ↑水槽の中のヨシノボリとスジエビ。(2018年11月18日9:09撮影)

ヨシノボリ↑水槽の中のヨシノボリが水面に上がって水草の上で死んでいました。この時の水温は28℃。温度上昇が原因と考えられます。(2018年11月18日9:53撮影)

ヨシノボリ↑水槽の中から取り出して上から撮影したヨシノボリ。(2018年11月18日9:54撮影)

ヨシノボリ↑水槽の中から取り出して横から撮影したヨシノボリ。(2018年11月18日9:54撮影)

近所の用水路で捕獲してきたヨシノボリを水槽に入れていたら橋の下にいました。そこにスジエビがやってきてヨシノボリを追い出しました。このヨシノボリは1時間後には死んでしまいましたが、このスジエビが原因ではなく、おそらく太陽光による温度上昇(28℃)が原因だと思われます。しかし、たかだか28℃で死ぬとは思いも寄りませんでした。(2018年11月18日7:10撮影)(2018年11月19日公開)








関連記事

  1. ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルのアクアリウム

  2. 金魚鉢と水槽で飼育しているメダカ

  3. 飼育6ヶ月半の大きい方の子スッポンの興味深い行動

  4. 住宅地の貯水池にいる人馴れしたミシシッピアカミミガメ

  5. 近所の用水路に棲息しているザリガニの観察(2020年)

  6. 近所の用水路で捕獲したカワニナを飼育していたら孵化しました!

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー