2018年のスッポン(2)

2018年8月20日

2018年7月28日に見たスッポンと比べてどちらが小さいかわかりませんが、これまでこのあたりの用水路で見た中では最小レベルのスッポンがいました。これまでと違う点は、私を怖がらずに泳ぎ始めたことです。優雅な泳ぎを撮影することができました。

スッポン用水路の壁で固まってこちらを見ているとても小さいスッポン。(2018年8月20日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

スッポンこれまでこの用水路で見た中では最小クラスです。(2018年7月28日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年7月28日10:17撮影)(2018年8月20日公開)

とても小さいスッポンが用水を泳ぐ姿を撮影することができました。(2018年8月20日10:20撮影)(2018年8月20日公開)

2018年7月28日にいた小さいスッポンと同一の個体であるかどうかはわかりませんが、これまで見た中では最小クラスです。小さいせいか、人間に対する警戒心が薄いようです。だからこそ泳ぐところが撮影できました。大きいスッポンでこの至近距離ではまず無理です。(2018年8月20日10:22撮影)(2018年8月20日公開)

2018年9月4日

ここ数ヶ月はほとんど小さいスッポンしか見ていませんでしたが、2018年9月4日の早朝、けっこういいサイズのスッポンが泳いでいました。私に気づいて底に潜ってしまいましたが、潜っている間に体の手入れを始めたりして、どこにいるかバレバレでした。3分後に浮上してきて、再び泳ぎだしました。立ち泳ぎしたり、水面より上の用水路の壁にいた獲物を捕まえて食べる瞬間も動画に映っています。

早朝にスッポンが餌を探して用水路を泳いでいました。橋の下に入っていきました。(2018年9月4日6:24撮影)(2018年9月4日公開)

用水路を泳いでいるスッポンが私を警戒して潜って隠れました。そして3分後に浮上して再び泳ぎ出しました。(2018年9月4日6:29撮影)(2018年9月4日公開)

スッポンが用水路の水面より上の壁にいる獲物を捕まえる瞬間が映っています。(2018年9月4日6:31撮影)(2018年9月4日公開)

2018年9月11日

夕方の散策の途中、用水路でスッポンが水草の間から顔を覗かせてじっとしているのを見つけました。

スッポン用水路の水草の間から顔を水面に出していたスッポン。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

スッポンズームで撮影しました。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

スッポン1枚前の写真を部分的に切り取って拡大しました。(2018年9月11日17:44撮影)(2018年9月12日公開)

夕方、用水路の水草の間からスッポンが顔を水面に出していました。動画を撮っている間、じっとしていました。(2018年9月11日17:45撮影)(2018年9月12日公開)

2018年10月5日

夕方、川にリリースした2匹の幼いスッポンの行動を10分間追いました。大きい方の子スッポンはしばらくうろうろした後、川下の方に泳いでいきました。小さい方のスッポンはうろうろして潜る場所を探しているようです。この動画撮影の後、小さい方のスッポンは砂に潜りました。(2018年10月5日17:13撮影)(2018年10月6日公開)

小さい方のスッポンは川の中の砂に潜って顔を出しました。ひとまずここで落ち着きそうです。(2018年10月5日17:14撮影)(2018年10月6日公開)

2018年10月9日

早朝に川にリリースした1匹の幼いスッポンが川底の砂に隠れる様子を動画に収めました。最後の方では砂から顔を出しているのが、あとで動画を見直した時にわかりました。録画している時は保護色でわかりませんでした。(2018年10月9日6:51撮影)(2018年11月14日公開)

早朝にリリースした子スッポンが川底から顔を出している様子を動画に収めました。(2018年10月9日6:54撮影)(2018年11月14日公開)

2018年10月18日

タニシに背中に乗られて違和感を感じたのか、首を長くして必死に嚙みつこうとするスッポンの様子を動画に収めました。この動画には映っていませんが、このスッポンは尻尾の付近の甲羅に大きい蛭が食いついている時も、同じように嚙みつこうとしましたが、さすがに届きませんでした。その時は私が割り箸で外してやりました。(2018年10月18日21:07撮影)(2018年10月18日公開)

2018年10月31日

子スッポンが水槽の中で餌を探している様子を動画に収めました。(2018年10月31日14:12撮影)(2018年11月24日公開)

2018年11月5日

水が枯渇した用水路の水溜りで捕獲したドンコギギオイカワドブガイタナゴライギョフナと小さいスッポン。スッポンは動画の最後の方で映っています。スッポン以外はすべて一気にひっくり返してリリースしました。スッポンは飼っています。(2018年11月5日13:46撮影)(2018年11月25日公開)

2018年11月9日

水槽の中で飼っている子スッポンがちょうどメダカを捕獲したところに遭遇しました。捕獲した後で動画に収めました。最終的には口を緩めてリリースしてしまいました。その理由はわかりません。ダメージを受けたメダカは後に死んでいました。(2018年11月9日15:25撮影)(2018年11月9日公開)

11月の晴れた日の夕方、ウォーキングの途中で用水路に甲長15cm前後のスッポンがいるのを見つけたので、動画に収めました。昨日の雨で水がほんの少しだけ増えていました。スッポンは餌を探しているようでした。20分後にもう一度通りかかった時には、姿はありませんでした。1ヶ月ぐらい前に同じ場所で同じ個体を見かけたことがあるので、この辺りの砂に潜ったものと考えられます。(2018年11月9日16:23撮影)(2018年11月13日公開)

2018年11月10日

容器の中に敷いた砂に子スッポンが必死で潜る姿を動画に収めました。(2018年11月10日7:25撮影)(2018年11月24日公開)

2018年11月21日

スッポン子スッポンが水槽の中でサケの切り身を食べるところを撮りました。(2018年11月21日9:10撮影)(2018年11月21日公開)

子スッポンが水槽の中でサケの切り身を食べるところを動画に収めました。(2018年11月21日9:12撮影)(2018年11月21日公開)

2018年11月23日

水槽の中の子スッポンに近づいてみました。2018年9月28日から飼い始めて56日目です。(2018年11月23日12:53撮影)(2018年11月23日公開)

スッポン水槽の中の子スッポンにサケの切り身を与えたところです。警戒して奥に引っ込んでいます。次の動画で食べ始めます。(2018年11月23日16:47撮影)(2018年11月23日公開)

子スッポンが水槽の中でまわりを極度に警戒しながらサケの切り身を食べるところを動画に収めました。(2018年11月23日16:51撮影)(2018年11月23日公開)

2018年11月25日

水槽の中で子スッポンが冷凍したサケの切り身を食べている間に息継ぎをするために数回水面に首を伸ばしました。息継ぎなしでは完食できないようです。食べていない時よりは呼吸の頻度が高いようです。(2018年11月25日10:01撮影)(2018年11月25日公開)

2018年11月28日

幼いスッポンを手のひらの上に仰向けに置いたら、そのまま起き上がろうともせずじっとしていました。このスッポンは弱っているわけではありません。いつもは首を伸ばして起き上がるのに、この時だけはなぜかじっとしていました。直前まで手の上で眠っていたからかもしれません。(2018年11月28日18:08撮影)(2018年11月28日公開)

2018年11月29日

子スッポンが与えたサケの切り身を見つけてかぶりつく様子を動画に収めました。人の姿が見えていると警戒して食べないので、2メートル離れたところから隠れてズームで撮影しました。口で噛んで前足で切っています。切れ端が画面左側に飛んでいくのがわかります。(2018年11月29日11:57撮影)(2018年11月29日公開)

2018年11月30日

飼っている2匹の子スッポンのうち、1ヶ月遅れでやってきた2匹目のより小さい方はまだ孵化して間もないと思われる小さな個体ですが、なかなか餌を食べてくれません。11月30日朝、サケの切り身を与えたところ、首を伸ばして興味を示すものの、最終的に食べるまでに至りませんでした。(2018年11月30日11:57撮影)(2018年11月30日公開)

2018年12月6日

飼っている2匹の子スッポンのうち、大きい方はサーモンの切り身をよく食べますが、鯛の切り身はあまり食べません。このスッポンはサーモンと鯛の切り身を一緒に与えてもサーモンの方を食べることが多いです。しかし、今日は珍しく鯛の切り身を食べました。お腹が空いていたのかもしれません。(2018年12月6日15:23撮影)(2018年12月7日公開)

飼っている2匹の子スッポンのうち、大きい方のスッポンは橋の上がお気に入りです。鯛の切り身を与えたら底に沈みましたが、橋の上から首を伸ばして食べました。(2018年12月6日15:26撮影)(2018年12月6日公開)

飼っている2匹の子スッポンのうち、小さい方の個体が狭いところに入って、呼吸をするために水面に顔を出すことができなくて慌てていました。最終的には大きい穴を見つけて脱出し、無事に空気を吸うことができました。(2018年12月6日16:51撮影)(2018年12月6日公開)

2018年12月7日

水槽の中の子スッポンとオイカワとメダカとミナミヌマエビの様子を動画に収めました。この水槽ではメダカの方がオイカワより弱く、死んでしまいます。死んだ魚やエビはこのスッポンのエサになりますが、生きた魚やエビでも噛みつかれて餌になるるものもいます。それを意図して飼っています。私が見ている感じではこのスッポンはメダカよりオイカワの方を好んで食べます。サステナブルなスッポンの餌の自給システムを試行錯誤していますが、まだ改善の余地はあるものの、ひとまずこれが完成形です。当然、継続して検討していきます。(2018年12月7日17:01撮影)(2018年12月7日公開)

2018年12月9日

水のなくなった用水路で保護した2匹の子スッポンを家で飼い始めて2ヶ月と1ヶ月経ちました。大きい方は9月28日、小さい方は11月5日に保護しました。この動画は金魚鉢にぬるま湯を入れて、そこに1匹ずつ入れたところを撮影しました。(2018年12月9日8:41撮影)(2018年12月9日公開)

2018年8月以前はこちら↓



スッポンの屋外での観察に関する詳細記事はこちら↓







  1. モツゴ

    2018.12.08

  2. 近所の用水路にいたミナミヌマエビの飼育(2)

    2018.11.28

  3. ライギョ

    2018.11.25

  4. ギギ

    2018.11.25

  5. ドブガイ

    2018.11.25

  1. 大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

    2018.08.03

  2. MacBook ProのOSをMavericksからSierra経由でHigh Sierraにアップデ…

    2018.04.15

  3. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  4. フォトギャラリー型トップページ

    2018.03.19

  5. 私の趣味の別バージョンTOP

    2018.03.19

  1. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

  2. 西郷どん第15回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.04.26

  3. 西郷どん第11回で出てきた鹿児島弁と銀による毒の検出についての解説

    2018.03.20

  4. 私の趣味の位置づけ

    2018.03.19

  5. フォトギャラリー型トップページ

    2018.03.19

アーカイブ

カテゴリー