用水路で泳いでいたほぼ生まれたばかりの赤ちゃんスッポンの飼育

↑上のアイキャッチ画像は2019年8月17日の7:03に撮影したものです。

2019年8月17日の朝にとても小さい赤ちゃんスッポンを住宅地の用水路で見つけました。孵化して間もないと思われます。一般に50日前後で孵化するといわれているので、この赤ちゃんスッポンの入っていた卵は親スッポンがどこかの陸の土の中に6月下旬ごろに産んだものと思われます。

朝の用水路で泳いで移動していた赤ちゃんスッポン(35匹目)(2019年8月17日)

スッポン
2019年8月17日の朝に用水路で何か小さいものが動いているのでよく見たらとても小さい赤ちゃんスッポンが泳いでいました。孵化してそれほど日にちが経っていないと思われます。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
1枚前の写真から1秒後。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
3秒後。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
4秒後。ズームしました。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
10秒後。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
13秒後。(2019年8月17日7:03撮影)

スッポン
14秒後。トンネルの中(橋の下)に消えていきました。写真では少し腹が見えていますが、赤いことがわかります。このあと上流側になる出口でしばらく待っていましたが出てきませんでした。(2019年8月17日7:03撮影)

2019年8月17日朝に住宅地の用水路でとても小さい赤ちゃんスッポンが壁伝いに泳いでいるところを動画に収めました。トンネルの中に入ったので出口で待っていましたが出て来ませんでした。(2019年8月17日7:03撮影)(2019年8月17日公開)

昼前の用水路で泳いでいた35匹目とは別個体の赤ちゃんスッポン(37匹目)(2019年8月21日)

2019年8月21日の昼前に先日赤ちゃんスッポンがいた場所から200メートルほど上流のところの住宅地の用水路でとても小さい赤ちゃんスッポンが泳いでいるところを動画に収めました。(2019年8月21日11:41撮影)(2019年8月21日公開)

スッポン
動画を撮影した後に網で掬いました。(2019年8月21日11:42撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの部分を切り取って拡大しました。(2019年8月21日11:42撮影)

スッポン
網越しに手の上に載せてみました。(2019年8月21日11:42撮影)

スッポン
もう少し近づけて撮影しました。(2019年8月21日11:42撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンがいた側壁。(2019年8月21日11:43撮影)

スッポン
網で掬った時に側壁の土が少し削れたのがわかります。(2019年8月21日11:43撮影)

網で捕獲した赤ちゃんスッポン(37匹目)(2019年8月21日)

スッポン
10円玉より少し大きい赤ちゃんスッポン。(2019年8月21日11:53撮影)

スッポン
100円玉の大きさと同じぐらいの甲羅です。(2019年8月21日11:53撮影)

スッポン
砂に潜って目だけを出しています。(2019年8月21日12:03撮影)

スッポン
砂に潜って頭を出しています。(2019年8月21日12:06撮影)

スッポン
手のひらに載せて撮影。(2019年8月21日12:13撮影)

スッポン
甲長は2.8cmぐらいです。(2019年8月21日12:21撮影)

スッポン
お腹は少し赤いですが、思ったほどは赤くありませんでした。注目すべき点はへその緒があることです。これがあるということは、卵から孵化してまだ間もない、ほぼ生まれたてであることを意味しています。数日で消えると言われています。(2019年8月21日12:24撮影)

2匹目の赤ちゃんスッポンを網で捕獲して砂の入ったコンテナに入れました。500円硬貨ぐらいの大きさの赤ちゃんスッポンを真上から動画に収めました。(2019年8月21日11:51撮影)(2019年8月21日公開)

赤ちゃんスッポン(37匹目)の腹部の色がわかる動画(2019年8月21日)

スッポン
定規を下に置くと甲長は3cm近くあるように見えますが、より正確には上で示したように2.8cmぐらいでした。(2019年8月21日14:35撮影)

スッポン
定規の部分を切り取って拡大しました。(2019年8月21日14:35撮影)

2019年の通算37匹目の観察になる2匹目の赤ちゃんスッポンを一時的に金魚鉢に入れて網で捕獲して砂の入ったコンテナに入れました。500円硬貨ぐらいの大きさの赤ちゃんスッポンを真上から動画に収めました。(2019年8月21日17:21撮影)(2019年8月21日公開)

飼育2日目の赤ちゃんスッポン(2019年に観察した37匹目)(2019年8月22日)

スッポン
プラスチック容器の中の赤ちゃんスッポン。(2019年8月22日9:25撮影)

2019年の通算37匹目の観察になる2匹目の赤ちゃんスッポンを連れて帰って2日目になりました。朝の様子を動画に収めました。このプラスチック容器には早朝に入れました。昨夜は金魚鉢の中に入れた海の砂に潜って過ごしました。(2019年8月22日9:41撮影)(2019年8月22日公開)

スッポン
プラスチック容器の隅に行った時に正面から撮影。(2019年8月22日9:42撮影)

スッポン
橋のオーナメントに隠れているところを上から撮影。黄色い液体は上から垂らしたテトラレプチゾル2滴。(2019年8月22日9:46撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンが上を見上げました。かわいいです。(2019年8月22日9:46撮影)

砂になかなかうまく潜れない赤ちゃんスッポン(2019年8月24日)

金魚鉢の底に敷いた砂になかなかうまく潜ることができない37匹目の赤ちゃんスッポンの様子を動画に収めました。(2019年8月24日17:39撮影)(2019年8月24日公開)

スッポン
やっと潜ることができて顔を出していました。(2019年8月24日17:57撮影)

スッポン
顔を拡大しました。(2019年8月24日17:57撮影)

早朝に細かく切ったサケの切り身を食べている赤ちゃんスッポン(2019年8月25日)

早朝に砂に潜って頭だけ出している赤ちゃんスッポンにキッチンばさみで細かく切ったサケの切り身を与えました。それに食いつく様子を動画に収めました。(2019年8月25日5:47撮影)(2019年8月25日公開)

朝食を食べた後に砂に潜った赤ちゃんスッポン(2019年8月25日)

赤ちゃんスッポンがキッチンばさみで細かく切ったサケと鯛の切り身を食べた後に砂に潜ろうとするところを動画に収めました。(2019年8月25日6:05撮影)(2019年8月25日公開)

水槽No.2の中を泳いでいる赤ちゃんスッポン(2019年8月25日)

赤ちゃんスッポンが水槽No.2の中を泳いでいる様子を動画に収めました。(2019年8月25日16:22撮影)(2019年8月25日公開)

水槽の中であくびをしてうとうとする赤ちゃんスッポン(2019年8月26日)

スッポン
赤ちゃんスッポンが欠伸(あくび)をしているところ。(2019年8月26日17:02撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの部分を拡大しました。(2019年8月26日17:02撮影)

水槽No.2の中であくびをした後にうとうとし始める赤ちゃんスッポンの様子を動画に収めました。(2019年8月26日17:06撮影)(2019年8月26日公開)

砂から顔を出したままうとうとし始めた赤ちゃんスッポン(2019年8月26日)

スッポン
赤ちゃんスッポンが砂から顔を出しているところ。滴下したテトラレプチゾルで黄色くなっています。(2019年8月26日19:52撮影)

スッポン
顔を拡大しました。(2019年8月26日19:52撮影)

スッポン
あたりを見回しています。(2019年8月26日19:53撮影)

スッポン
顔を拡大しました。(2019年8月26日19:53撮影)

赤ちゃんスッポンが砂から顔を出したままうとうとし始めるところを動画に収めました。最後は砂に潜りました。黄色いのは滴下したテトラレプチゾルです。(2019年8月26日19:55撮影)(2019年8月26日公開)

水槽の水草の上でうとうとしている赤ちゃんスッポン(2019年8月27日)

水槽No.2の中の水草の上に載ってリラックスモードでうとうとしている赤ちゃんスッポンを動画に収めました。(2019年8月27日8:40撮影)(2019年8月27日公開)

砂に潜るのがうまくいかない赤ちゃんスッポン(2019年8月27日)

スッポン
金魚鉢に敷いた砂にうまく潜れない赤ちゃんスッポン。(2019年8月27日18:52撮影)

赤ちゃんスッポンが金魚鉢に敷いた砂にうまく潜れない様子を動画に収めました。(2019年8月27日19:03撮影)(2019年8月27日公開)

カメラ目線の赤ちゃんスッポン(2019年8月28日)

スッポン
水槽の中の水面付近で体勢を整えている赤ちゃんスッポン。(2019年8月28日15:19撮影)

デジカメのレンズをじっと見る赤ちゃんスッポンを動画に収めました。(2019年8月28日15:21撮影)(2019年8月28日公開)

スッポン
水槽の水面で呼吸をしようとしている赤ちゃんスッポン。(2019年8月28日18:08撮影)

飼っている3匹の子スッポンを同時に撮影(2019年8月29日)

連続して3匹の子スッポンを動画に収めました。最初の1匹が2019年8月21日に保護して飼い始めた赤ちゃんスッポンです。(2019年8月29日19:57撮影)(2019年8月29日公開)







関連記事

  1. アスペクタの桜吹雪

  2. 孵化が始まったメダカの卵

  3. 近所の用水路にいるオイカワの観察

  4. 庭によくいるシロハラ

  5. ホームセンターで購入した甲長5.1cmのアルビノシナスッポンの飼育

  6. 水槽プリズムを通った太陽光のスペクトル

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年7月)

    2020.07.01

  2. 近所のクマゼミの観察2020

    2020.06.28

  3. ホームセンターで購入した甲長5.1cmのアルビノシナスッポンの飼育

    2020.06.20

  4. 水の音

    2020.06.18

  5. 夕方に住宅地の側溝にいた1匹の大きいクサガメ

    2020.06.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー