近所の用水路に生息している大きいナマズの観察(2020年4月)

↑上のアイキャッチ画像は2020年4月14日の17:39に撮影したものです。

2020年になって近所の用水路で見かけた大きなナマズの観察記録です。

夕方の用水路にいた2020年初の観察になる2匹の大きなナマズ(2020年4月14日)

ナマズ
夕方の用水路にいた2匹の大きなナマズ。1匹は写真中央に映っています。もう1匹は写真左上に写っています。用水路には桜の花びらがたくさん浮いて、用水路の汚れと混ざっています。(2020年4月14日17:40撮影)

ナマズ
上の写真の中央のナマズの部分を切り取って拡大しました。(2020年4月14日17:40撮影)

ナマズ
夕方の用水路にいた2匹目のナマズ。こちらの方が1匹目より大きいように見えます。(2020年4月14日18:10撮影)

ナマズ
1枚前の写真のナマズの部分を切り取って拡大しました。(2020年4月14日18:10撮影)

夕方の用水路にいた2匹のナマズを動画に収めましたが、じっとしたまま全く動きませんでした。(2020年4月14日18:11撮影)(2020年4月14日公開)

夕方の用水路で大きなライギョを追い払った大きなナマズ(2020年4月15日)

ナマズ
夕方の用水路にいた1匹の大きなライギョ。この2分後に大きなナマズと入れ替わるようにいなくなりました。この写真の動画はこちら →(2020年4月14日17:39撮影)

ナマズ
大きなナマズがやってきたので、ライギョはどこかに行き始めました(1枚目/4枚)。(2020年4月14日17:41撮影)

ナマズ
ナマズと入れ替わるようにいなくなる1匹の大きなライギョ(2枚目/4枚)。(2020年4月14日17:41撮影)

ナマズ
ナマズと入れ替わるようにいなくなる1匹の大きなライギョ(3枚目/4枚)。(2020年4月14日17:41撮影)

ナマズ
ナマズと入れ替わるようにいなくなる1匹の大きなライギョ(4枚目/4枚)。(2020年4月14日17:41撮影)

夕方の用水路にいた1匹のライギョと入れ替わるように1匹の大きなナマズが現れたところから動画に収めました。ライギョよりナマズの方が強いようです。(2020年4月14日17:41撮影)(2020年4月14日公開)

夕方の用水路でじっとしていた1匹の大きなナマズ(2020年4月15日)

ナマズ
上の写真を撮影してから16分後に反対側の岸から撮影した1匹の大きなナマズ。(2020年4月15日17:57撮影)

夕方の用水路にいた今日2匹目のナマズを反対側の岸から動画に収めました。今日1匹目とは別の1匹だと考えています。昨日2匹いたからです。ただ、1匹目が場所を変えただけという可能性もあります。(2020年4月15日17:59撮影)(2020年4月15日公開)

まとめ(2020年4月15日現在)

2020年4月15日の夕方に用水路で大きなライギョを見つけたので観察していたところ、大きなナマズがやってきて、ライギョは場所を明け渡すようにどこかに行ってしまいました。このことから、力関係はナマズの方が上なのかと思いました。

夕方の用水路で口ひげを動かしている1匹の大きなナマズ(2020年4月18日)

ナマズ
夕方に用水路の段差のところの淵でじっとしていた1匹の大きなナマズ。桜の花びらがたくさん浮いています。(2020年4月18日17:23撮影)

ナマズ
ナマズの顔を拡大しました。口ひげを1本だけ動かしていました。その様子は下の動画に映っています。(2020年4月18日17:23撮影)

夕方の用水路に1匹目のナマズがじっとしていましたが、右側の長い口ひげ1本が動いていました。しばらくして奥の方に泳いで入っていきました。(2020年4月18日17:25撮影)(2020年4月18日公開)

夕方に用水路の浅い淵の近くで泳いでいた1匹の大きなナマズ(2020年4月18日)

夕方の用水路でコイを観察中に突然1匹目のナマズが泳いで現れました。さっきまで右側の長い口ひげ1本を動かしていたナマズと同一個体である可能性もありますが、確認はできませんでした。もう1匹終始じっとしているナマズがいましたが(下の写真)、それとは明らかに別の個体です。よって、この動画のナマズと1つ前の動画のナマズが同一個体なのかどうか、すなわち、この場所で現在確認できているナマズは2匹なのか3匹なのかはわかりませんでした。(2020年4月18日17:39撮影)(2020年4月19日公開)

用水路
ナマズはこの下に隠れました。苔がだいぶ生えています。(2020年4月18日17:39撮影)

ナマズ
上の動画のナマズはこの写真のナマズとは別です。この写真のナマズは私が帰途につくまで終始じっとしていました。上の最新の2つの動画のナマズは同一個体である可能性はあります。よって、この浅い淵で現在確認できたナマズは2匹か3匹となります。(2020年4月18日17:37撮影)

夕方の用水路の浅瀬でじっとしていた1匹の大きなナマズ(2020年4月26日)

ナマズ
夕方に用水路の浅瀬で大きなナマズがじっとしていました。(2020年4月18日18:01撮影)

公園のところを流れる用水路で夕方に1匹のナマズを動画撮影しました。ナマズは終始じっとしていました。(2020年4月26日18:02撮影)(2020年4月26日公開)

夕方に用水路の淵で1匹の大きなナマズが泳いでいるところ(2020年4月26日)

夕方に公園のところを流れる用水路の淵の中で1匹の大きなナマズが泳いでいるところを動画に収めました。(2020年4月26日18:12撮影)(2020年4月26日公開)

夕方の用水路の淵でオイカワを観察している時に突然現れた1匹の大きなナマズ(2020年4月26日)

夕方の用水路の淵でオイカワを観察していたところ、突然1匹の大きなナマズが現れました。(2020年4月26日18:13撮影)(2020年4月26日公開)







関連記事

  1. 冠羽のあるコサギを近くで観察した結果

  2. 観察17日目から37日目までのコサギと観察結果のまとめ

  3. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

  4. 沖縄の海に関する動画(2014年〜2017年)

  5. オイカワの飼育2019

  6. 沖縄のリゾートホテルや近所の住宅地で見かけたイソヒヨドリ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー