故郷の川のカワムツを衣装ケースの中で泳がせて観察

↑上のアイキャッチ画像は2019年9月15日の7:26に撮影したものです。

実家に帰省した時に衣装ケースの中で泳がせてあったたくさんの小さなカワムツ。アブラメも少々含まれています。大きいカワムツとオイカワは弟がウナギを釣るのに使用しますが、たくさんの小さな魚たちは弟が私が飼っているスッポンのエサになるように生きたままとっておいてくれたものです。ただ、必要分もらったら、残りは弟が川にリリースに行きました。

衣装ケースの中のたくさんの小さなカワムツ(2019年9月15日)

カワムツ70cmのウナギの入った衣装ケースにカワムツが一緒に入れてあります。(2019年9月15日7:26撮影)

カワムツ大き目のカワムツがこの写真にはもう1匹写っています。衣装ケースの横から見るとまあまあのサイズのオイカワも数匹いたので、左側の1匹はオイカワである可能性もあります。(2019年9月15日7:26撮影)

カワムツ大きなカワムツが1匹います。(2019年9月15日7:26撮影)

カワムツ小さなカワムツがたくさんいます。(2019年9月15日16:46撮影)

カワムツ斜め上からみたたくさんの小さなカワムツ。(2019年9月15日16:47撮影)

70cmのウナギの入った衣装ケースに一緒に入れてあるカワムツを動画に収めました。中央付近に大きなカワムツが1匹いて、ゆったりと泳いでいます。(2019年9月15日16:49撮影)(2019年9月16日公開)

カワムツ大きいハヤ(カワムツとオイカワ)を取り除いた後のたくさんの小さなカワムツを斜め上からみた写真。(2019年9月15日17:30撮影)

カワムツ塩ビ管の右端から70cmのウナギの尻尾が出ています。(2019年9月15日17:30撮影)

70cmのウナギの入った衣装ケースの上から撮影したたくさんのカワムツが泳いでいる様子。大きいカワムツとオイカワを取り除いた後なので、小さい魚(カワムツとアブラメ)ばかりです。(2019年9月15日17:32撮影)(2019年9月16日公開)

衣装ケースの横から撮影した泳いでいるカワムツの動画。アブラメもいますが、ほとんどがカワムツであることがわかります。(2019年9月15日17:33撮影)(2019年9月16日公開)

まとめ(2019年9月16日現在)

これまでカワムツを飼ってみて感じたことは、カワムツはオイカワより弱いということです。アブラメが最も安定感があり、オイカワはあまり強くないという印象を持っていましたが、カワムツはもっと弱いという感じがします。

川の中で泳いでいる1匹の大きいカワムツ(2019年10月12日)

田舎の田んぼの中の小さな川の中で泳いでいた1匹の大きなカワムツです。橋の上から動画を撮影しました。(2019年10月12日14:04撮影)(2019年10月12日公開)

きれいな川の中で泳いでいる大小たくさんのカワムツ(2019年11月16日)

カワムツ田舎の田んぼの中のきれいな川の中で泳いでいる大小たくさんのカワムツ。(2019年11月20日13:53撮影)

田舎の田んぼの中のきれいな小さな川の中でたくさんのカワムツが泳いでいました。その様子を動画に収めました。(2019年11月16日13:53撮影)(2019年11月20日公開)







関連記事

  1. 水の少ない用水路を覗き込んだ時に目の前に突然現れたフナ

  2. 近所で鳴いていたクマゼミとベランダや網戸に飛来したクマゼミの観察

  3. 飼育を始めて7ヶ月目〜10ヶ月目の2匹目の子スッポン

  4. スッポンの卵が孵化するまでの過程の観察とその後

  5. 砂抜き中のアサリの水吹き

  6. 用水路と水槽のフナの観察

  1. スッポンに関する記事一覧

    2020.07.11

  2. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年6月〜)

    2020.07.10

  3. 近所にいるドンコの観察2020

    2020.07.08

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年7月)

    2020.07.01

  5. 近所のクマゼミの観察2020

    2020.06.28

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー