近所の公園にいるツグミの観察(2021年〜2022年)

上のアイキャッチ画像は2021年1月19日の夕方に近所の公園にいたツグミ(17:09撮影)

2017年から2019年までツグミの観察を行い、2020年も引き続き観察を行いました。そして2021年も引き続きツグミの観察を続けます。小走りに移動するところがかわいいです。

夕方の公園でけっこう近くまで歩いて来たツグミ(2021年1月19日)

ツグミ夕方に近所の公園の芝生の上でエサを探していたツグミ。(2021年1月19日17:09撮影)

ツグミわりと人馴れしたツグミでした。6〜7メートルぐらいのところまで近づいて来ました。(2021年1月19日17:09撮影)

夕方に近所の公園の用水路の柵の近くにいたツグミを動画撮影しました。エサを探しながら私から6〜7メートルぐらい離れたところまで近づいてきました。動画撮影の後に公園の中央の方に走って行きました。(2021年1月19日17:11撮影)(2021年1月19日公開)

ツグミ動画撮影後に公園の中央の方の芝生に移動したツグミ。(2021年1月19日17:20撮影)

ツグミ獲物を探しているようでした。(2021年1月19日17:20撮影)

夕方の公園で4分間にミミズを4匹捕まえて飲み込んだツグミ(2021年2月9日)

ツグミ夕方の公園にいた1羽のツグミ。(2021年2月9日17:51撮影)

夕方の公園の芝生の上で1羽のツグミがミミズを3匹捕まえて飲み込むところを3分6秒の動画に収めました。ツグミは頭を低くして目を凝らして地面を見ていましたが、ミミズを見つけるとすぐにくちばしで捕まえて飲み込みました。この動画撮影中、39秒、1分21秒、2分28秒のところで合計3回ミミズを1匹ずつ捕食しました。まわりに注意を払いながら薄暗い公園で3分間に3匹もミミズを見つけるツグミの目はすごいと思いました。あの薄暗い中で芝生の中のミミズを人間の目で見つけるのはほぼ不可能です。この動画撮影を終了してから1分後もミミズを1匹捕まえて食べていました。その写真は下にあります。(2021年2月9日17:54撮影)(2021年2月9日公開)

ツグミ動画撮影後も獲物を探していたツグミ。(2021年2月9日17:54撮影)

ツグミ頭を低くして目を凝らして見ています。(2021年2月9日17:54撮影)

ツグミツグミのくちばしに何かが挟まっています。(2021年2月9日17:55撮影)

ツグミ私が観察している間で4匹目のミミズを捕まえて食べました。(2021年2月9日17:55撮影)

電線に止まっているツグミ(2021年2月16日)

ツグミ夕方の住宅地の電線に止まった1羽のツグミ。(2021年2月16日17:43撮影)

ツグミツグミを拡大しました。(2021年2月16日17:43撮影)

夕方の住宅地の道路を歩いていたら1羽のツグミが用水路にいました。私が近づくと上空に上がって電線に止まりました。その電線に止まったツグミを動画撮影しました。最後は向きを変えてふんを下に落として飛び去りました。(2021年2月16日17:43撮影)(2021年2月22日公開)

夕方の公園でミミズを探して捕食していたツグミ(2021年2月20日)

ツグミ夕方の公園の芝生の上でミミズを探していた1羽のツグミ。覗き込んでいます。(2021年2月20日17:43撮影)

ツグミ何か見つけたようです。(2021年2月20日17:43撮影)

夕方の住宅地の道路を歩いていたら1羽のツグミが用水路にいました。私が近づくと上空に上がって電線に止まりました。その電線に止まったツグミを動画撮影しました。最後は向きを変えてふんを下に落として飛び去りました。(2021年2月20日17:44撮影)(2021年2月22日公開)

ツグミ動画撮影を終了した後もツグミはまだ獲物を探していました。(2021年2月20日17:45撮影)

ソメイヨシノの枝に止まっているツグミ(2022年3月12日)

ツグミ夕方の公園のソメイヨシノの枝に止まっている1羽のツグミ。最初は私が芝生の上を歩いている時に2メートルぐらい先を走っていたのですが、桜の木の枝に上がりました。(2022年3月12日17:37撮影)

ツグミ少し私が立っている位置を変えて撮影しました。(2022年3月12日17:38撮影)

ツグミツグミの後ろの方に移動して撮影した写真。私の方を気にして少し後ろを見ています。(2022年3月12日17:38撮影)

ツグミ6分後にもまだいました。(2022年3月12日17:44撮影)

ツグミ後ろの方に回って撮影しました。やはり私を気にして後方を見ています。この後、動画撮影をしました。(2022年3月12日17:45撮影)

夕方の公園のソメイヨシノの木の枝に止まっている1羽のツグミを後方から動画撮影しました。直線距離で3〜4メートルのけっこう近いところにいて、逃げませんでした。後方から見ている私の方をチラチラ見ていました。この動画の撮影を終えてからもしばらくは観察していたところ、ふんを下に落として別の枝に飛び移りました。私はそこで帰路に就きました。(2022年3月12日17:46撮影)(2022年3月13日公開)

ツグミ動画撮影終了後のツグミを横から撮影した最後の1枚。このツグミは結局最後まで逃げませんでした。(2022年3月12日17:47撮影)

夕方の公園の芝生の上でエサを探していたツグミとスズメ(2022年3月25日)

ツグミ夕方の公園の芝生の上に1羽のツグミがいました。獲物を探しているようでした。(2022年3月25日18:07撮影)

夕方の公園の芝生の上にいた1羽のツグミを動画撮影していたら、たくさんのスズメも画面の中に映っていました。ツグミは何か虫を探しているようでした。夏場だったらミミズを食べるところを見ることができます。今の時期はミミズはいないので、何を食べるのでしょう。スズメたちも忙しそうに何かを啄んでいました。(2022年3月25日18:09撮影)(2022年3月25日公開)

ツグミ芝生の上に落ちている枯葉と一見見分けがつかないくらい保護色になっているスズメたち。(2022年3月25日18:09撮影)







関連記事

  1. スジエビとテナガエビの飼育2018

  2. イチモンジセセリ

  3. 2018年のスッポン(2)

  4. トンビ

  5. 近所の用水路のナマズの観察(2014年10月〜2018年3月)

  6. 2匹目のスッポンの飼育1189日目以降の観察記録と賢さがわかる挙動(2022年2月)

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー