用水路にいるライギョの観察(2022年)

アイキャッチ画像は夕方に用水路の支流の入り口にいた体長40cmぐらいのライギョ。(2022年7月28日の17:04撮影)

2022年に観察した近所の用水路のライギョの記録です。

夕方の用水路で水面で空気を吸ったライギョ(2022年7月28日)

ライギョ夕方に用水路の支流の入り口の浅瀬に1匹のライギョがいて、じっとしていました。この写真は橋の上から撮影したものです。(2022年7月28日17:03撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年7月28日17:03撮影)

ライギョ左側の岸に移動してメッシュフェンスの網目を通からズームで撮影しました。(2022年7月28日17:04撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年7月28日17:04撮影)

40cmぐらいのライギョが用水路の支流のトンネルの入り口のところにいました。じっとしていましたが、動画再生50秒のところからひれを動かして52秒あたりで水面に口を出して空気を吸いました。そしてまた沈んでじっとしていました。ライギョの口は水面で空気を吸いやすいようになっているようです。ライギョがもう1匹近くにいたのでそれも撮影しました。外来種が増えました。(2022年7月28日17:06撮影)(2022年7月28日公開)

ライギョもう1匹のライギョは写真の中央から少し左下にいます。(2022年7月28日17:06撮影)

ライギョもう1匹のライギョを拡大しました。(2022年7月28日17:06撮影)

夕方に用水路の浅いところを泳いでいる大きいライギョ(2022年8月10日)

ライギョ夕方の用水路に1匹の大きいライギョがいました。を拡大しました。(2022年8月10日17:39撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。水面が風で波立っているのでライギョの輪郭が変形しています。(2022年8月10日17:39撮影)

50cmぐらいのライギョが夕方の用水路の浅いところでじっとしていましたが、私が動画撮影を始めるとすぐに泳ぎ始めました。そして波立った水面で見えなくなりました。(2022年8月10日17:40撮影)(2022年8月10日公開)







関連記事

  1. 水槽No.2の中にいた1匹のコイの幼魚

  2. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年6月〜7月)

  3. 用水路や田んぼでよく見かけるコガモの観察(2019年〜2020年)

  4. シマエナガの鳴き声

  5. 実家の庭にいたカマキリ

  6. 近所でよく見かけるシジュウカラの観察結果

  1. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(49匹目〜)

    2022.08.13

  2. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜)

    2022.08.07

  3. 8月の減量におけるウォーキングの効果(2022年8月)

    2022.08.01

  4. 近所にいるヒヨドリの観察2022

    2022.07.31

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(29匹目〜)

    2022.07.30

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー