用水路にいるライギョの観察(2022年〜2024年)

アイキャッチ画像は夕方に用水路の支流の入り口にいた体長40cmぐらいのライギョ。(2022年7月28日の17:04撮影)

2022年〜2024年に観察した近所の用水路のライギョの記録です。

夕方の用水路で水面で空気を吸ったライギョ(2022年7月28日)

ライギョ夕方に用水路の支流の入り口の浅瀬に1匹のライギョがいて、じっとしていました。この写真は橋の上から撮影したものです。(2022年7月28日17:03撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年7月28日17:03撮影)

ライギョ左側の岸に移動してメッシュフェンスの網目を通からズームで撮影しました。(2022年7月28日17:04撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年7月28日17:04撮影)

40cmぐらいのライギョが用水路の支流のトンネルの入り口のところにいました。じっとしていましたが、動画再生50秒のところからひれを動かして52秒あたりで水面に口を出して空気を吸いました。そしてまた沈んでじっとしていました。ライギョの口は水面で空気を吸いやすいようになっているようです。ライギョがもう1匹近くにいたのでそれも撮影しました。外来種が増えました。(2022年7月28日17:06撮影)(2022年7月28日公開)

ライギョもう1匹のライギョは写真の中央から少し左下にいます。(2022年7月28日17:06撮影)

ライギョもう1匹のライギョを拡大しました。(2022年7月28日17:06撮影)

夕方に用水路の浅いところを泳いでいる大きいライギョ(2022年8月10日)

ライギョ夕方の用水路に1匹の大きいライギョがいました。を拡大しました。(2022年8月10日17:39撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。水面が風で波立っているのでライギョの輪郭が変形しています。(2022年8月10日17:39撮影)

50cmぐらいのライギョが夕方の用水路の浅いところでじっとしていましたが、私が動画撮影を始めるとすぐに泳ぎ始めました。そして波立った水面で見えなくなりました。(2022年8月10日17:40撮影)(2022年8月10日公開)

昼前に住宅地の側溝のとても浅いところでじっとしていた大きいライギョ(2022年8月21日)

ライギョ昼前に住宅地の側溝のとても浅いところで1匹の大きいライギョがまるで擬態しているかのようにじっとしていた。(2022年8月21日11:36撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。ニシキヘビか何かのように見えます。(2022年8月21日11:36撮影)

40cmぐらいのライギョが昼前の住宅地の側溝のとても浅いところでじっとしていました。13分後に戻ってきた時にはもういませんでした。(2022年8月21日11:37撮影)(2022年8月21日公開)

夕方に用水路を泳いでいた大きいライギョ(2022年8月21日)

ライギョ50cmはあろうかという1匹のライギョが夕方の用水路でゆったりと泳いでいました。(2022年8月21日17:49撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年8月21日17:49撮影)

50cmぐらいのライギョが夕方の用水路をゆったりと泳いでいました。動画撮影を始めてまもなく見えなくなりました。(2022年8月21日17:50撮影)(2022年8月21日公開)

正午に住宅地の側溝で胸びれを動かしていた小さいライギョ(2022年8月27日)

ライギョ住宅地の側溝で胸びれを動かしながら静止していた黄緑色で体長10cm前後のライギョ。(2022年8月27日11:58撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年8月27日11:58撮影)

体長10cmぐらいの小さいライギョが正午頃に住宅地の側溝にいて、右側の胸びれを動かしながら静止していました。黄緑色のきれいな体色をしていました。顔もかわいい顔をしています。(2022年8月27日12:00撮影)(2022年8月27日公開)

ライギョ動画撮影を終了してもまだ逃げることなくじっとしていました。(2022年8月27日12:00撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。このライギョはきれいだと思いました。これ以上大きくならないなら欲しいと思いました。(2022年8月27日12:00撮影)

水を2回吐き出した小さいライギョ(2022年8月28日)

ライギョ昨日のライギョがほぼ同じ場所にいました。(2022年8月28日11:42撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年8月28日11:42撮影)

昨日もいた体長10cmぐらいの小さいライギョが正午前に住宅地の側溝にいて、ひれを動かしながら静止していました。後退するところも映っています。時々水を吐き出していました。この動画の中では2回吐き出しました。(2022年8月28日11:43撮影)(2022年8月30日公開)

ライギョ動画撮影後も逃げませんでした。(2022年8月28日11:43撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2022年8月28日11:43撮影)

夕方の用水路にいた体長50cmぐらいライギョの顔(2023年8月4日)

ライギョ夕方の用水路にいた体長50cmぐらいライギョがいました。(202年8月4日17:12撮影)

ライギョズームで撮影しました。(2023年8月4日17:12撮影)

夕方の用水路にいた体長50cmぐらいライギョを動画撮影しました。顔を正面から撮ることができました。かわいい顔をしていま。(2023年8月4日17:13撮影)(2023年8月4日公開)

ライギョライギョの正面から見た顔(58秒のところ)を動画の中からスクショをとって切り取ってJPG画像にしました。意外にかわいい顔をしています。こんな顔をした人いませんか。(2023年8月4日17:13撮影)

橋の上から観察した体長40cmぐらいのライギョ(2024年5月11日)

ライギョ40cm以上あると思われる1匹のライギョが夕方の用水路にいました。この写真の右下にいます。(2024年5月11日16:40撮影)

ライギョ1枚前の写真の右下のライギョを拡大しました。(2024年5月11日16:40撮影)

40cm以上はあると思われる1匹のライギョが夕方の用水路にいました。橋の上から真下をズームで動画撮影しました。(2024年5月11日16:41撮影)(2024年5月12日公開)

ライギョ橋の上から動画撮影した後に撮ったライギョの写真。まだゴミの近くにいます。(2024年5月11日16:41撮影)

ライギョ1匹の真鯉もやってきました。(2024年5月11日16:42撮影)

ライギョ1匹の真鯉は横を通り過ぎて行きました。(2024年5月11日16:42撮影)

ライギョ1匹の真鯉は離れて行きました。(2024年5月11日16:42撮影)

橋の上から観察した体長40cm〜50cmの4匹のライギョ(2024年5月14日)

ライギョ体長が50cmぐらいあると思われる1匹のライギョが夕方の用水路でオイカワの群の横でじっとしていました。(2024年5月14日16:38撮影)

ライギョそのライギョは泳ぎだしました。そして壁側のもう1匹のライギョの近くに移動しました。(2024年5月14日16:38撮影)

ライギョその2匹の他に上流側(この写真では左下方向)にさらに2匹のライギョと1匹の真鯉がいました。(2024年5月14日16:38撮影)

ライギョ動画撮影開始直前のライギョ4匹と真鯉1匹。(2024年5月14日16:40撮影)

40cm〜50cmぐらいの4匹のライギョが夕方の用水路にいるところを動画に収めました。左側の1匹は水面に空気を吸うために水面に上がってきました(動画開始から7秒のところ)。他の3匹はほとんど動きませんでした。大きい1匹の真鯉も映っています。(2024年5月14日16:40撮影)(2024年5月14日公開)

ライギョ動画撮影終了直後のライギョ4匹と真鯉1匹。その真鯉はその辺りを泳ぎ回っていることがこの写真を含めた連続3枚の写真を比較することでわかります。(2024年5月14日16:42撮影)

夕方の用水路の水面で空気を吸った体長50cm以上のライギョ(2024年5月17日)

ライギョ用水路に1匹の大きいライギョがいるのが橋の上から見えました。(2024年5月17日16:51撮影)

ライギョズームで撮影しました。今日は上流にある食品会社の白い排水で用水路が白濁しています。迷惑です。(2024年5月17日16:52撮影)

ライギョ動き出しました。(2024年5月17日16:52撮影)

ライギョ上流の方に泳ぎだし、橋に近づいてきました。ここから動画撮影に切り替えました。(2024年5月17日16:53撮影)

体長が50cmは優にあると思われる1匹のライギョが夕方の用水路mの水面で空気を吸うところを正面から撮影することができました。動画開始から25〜26秒あたりに映っています。他に数匹の大きいライギョもいました。(2024年5月17日16:56撮影)(2024年5月18日公開)

夕方の用水路でじっとしていた体長50cm以上のライギョ(2024年5月18日)

ライギョ夕方の用水路に体長50cm以上の1匹のライギョがいるのが橋の上から見えました。川底でじっとしていました。(2024年5月18日16:35撮影)

ライギョライギョの部分を切り取って拡大しました。(2024年5月18日16:35撮影)

体長が50cmは余裕でありそうな大きい1匹のライギョが夕方の用水路の川底でじっとしていました。橋の上からズームで動画撮影しました。この動画撮影中はじっとしていて動きませんでしたが、私の日課のウォーキングの復路で15分後にもう一度通りかかった時にはもうそこにはいませんでした。(2024年5月18日16:36撮影)(2024年5月18日公開)

田植えシーズン前の最後の観察かもしれない用水路の浅瀬の体長約50cmのライギョ(2024年5月31日)

ライギョ夕方の用水路の浅いところに体長50cmぐらいのライギョがいました。(2024年5月31日16:35撮影)

ライギョ夕方の用水路の浅いところに体長50cmぐらいのライギョがいました。(2024年5月31日16:35撮影)

夕方の用水路の浅瀬で体長約50cmのライギョがじっとしていました。6月から田植えが始まるので、用水路が浅いのは5月いっぱいぐらいまでではないかと思われるので、これが田植えシーズン前の最後の観察かもしれません。(2024年5月31日16:46撮影)(2024年5月31日公開)

ライギョ角度を少し変えて撮影しました。コイも泳いで来ました。(2024年5月31日16:36撮影)

ライギョコイがいなくなってから撮影しました。(2024年5月31日16:36撮影)

ライギョライギョの部分を拡大しました。(2024年5月31日16:36撮影)







関連記事

  1. 水槽プリズムを通った太陽光のスペクトル

  2. 2020年のササゴイの観察結果

  3. 近所の用水路にいる小魚の観察

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(9匹目〜12匹目)

  5. 沖縄のリゾートホテルや近所の住宅地で見かけたイソヒヨドリ

  6. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2020年5月)

  1. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年7…

  2. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年6…

  3. 2024年に観察した野生のスッポンの記録

  4. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年5…

  5. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年4…

  1. 通算6匹目のすっぽんの目が新鮮な水道水で白濁してし…

  2. 観察した近所の公園のチョウトンボの観察(2022年〜2…

  3. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  4. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  5. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥は…

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目…

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

カテゴリー