飼育24ヶ月(月齢26ヶ月)以降のシナスッポンの飼育記録

↑上のアイキャッチ画像は2022年12月26日にリビングのガラス水槽の中で側壁の上端に両前足をかけて立っている飼育808日のシナスッポン。(2022年12月26日13:28に撮影)

ペットショップに2020年9月16日に入店して仲間はどんどん売れていき、最後に残った赤ちゃんシナスッポンでした。その時点から気になってずっと注視していたのですが、1週間経ち、2週間経ちました。その時点であと1週間売れなかったら私が連れて帰ろうと思っていました。そして、最後の1匹になってから3週間経ちました。私はその赤ちゃんスッポンを2020年10月9日の夕方に買って帰りました。甲長は帰って測ってみると2.2cmしかありませんでした。食欲はあり、すくすく育ちました。そして、そのシナスッポンが2022年10月9日に飼育満2年となりました。甲長は2022年11月19日測定で16cmになっていました。体の厚みも他の個体と比べるとかなり厚いです。今生きているスッポンの中では飼育開始時点で最も小さかった2.2cmからのスタートでしたが、2年で16cmまで成長したのはうちのスッポンたちの中で比べてもかなりのハイペースといえます。性格は穏やかで、私はこの子から一度も噛まれたことはありません。でも、食べ残しやふんを吸い取る時のスポイトを口で攻撃することはあります。この子は自然の川とか用水路にいたわけではないので、容器の中しか知りません。それもあってか、逃げようという感じは見受けられません。容器から脱出したところで、どこに行きようもありません(隣の容器の蓋の上で日光浴していたことはあります)。異国で生まれて日本に来て、ホームセンターのペットコーナーで1ヶ月ぐらい過ごして、仲間はどんどんいなくなって最後に残った1匹でした。でも、陳列棚の水槽の中で私の方に人懐こい感じで近寄ってきていたので、気になっていました。それから時々見に行っては「まだいた」、「まだいた」の繰り返しでついに3週間過ぎ、「もう一緒に帰ろうか」という感じで私の家に迎えました。その時の甲長は2.2cmでした。そしてそれから2年で甲長16cmまで育ちました。感慨深いです。これからも元気に育ってもらいたいと願っています。

飼育757日のシナスッポンがリビングのプラスチック容器の中で日光浴しているところ(2022年11月5日)

シナスッポン
リビングのプラスチック容器の中で手足をピーンと伸ばして尻を持ち上げて日光浴をしている飼育757日目のシナスッポン。(2022年11月5日10:10撮影)

飼育757日目のシナスッポンがリビングのプラスチック容器の中で手足をピーンと伸ばして尻を持ち上げて日光浴しているところを動画に収めました。現在の甲長は15.5cmぐらいです。(2022年11月5日10:12撮影)(2022年11月5日公開)

シナスッポン
動画撮影を終了して撮った写真。(2022年11月5日10:12撮影)

私が飼っている赤ちゃんスッポン5匹を除いた11匹のスッポンと1匹のニホンイシガメ(2022年11月18日)

私が飼っている赤ちゃんスッポン5匹を除いた11匹のスッポンと1匹のニホンイシガメを動画に収めました。「台湾ちゃん」は現在も元気に成長しており、現在の甲長は15.5cmです。この動画では9秒あたりから映っています。「チビチビチビ」より大きくなりました。(2022年11月18日10:59撮影)(2022年11月18日公開)

指で頭を触ると怖がってびくびくする(ように見える)ガラス水槽の中の飼育797日のシナスッポン(2022年12月15日)

シナスッポン
ガラス水槽の中の飼育797日のシナスッポン。(2022年12月15日10:35撮影)

飼育797日の台湾生まれのスッポンの頭を私が指でツンツンするととても過敏な反応を示すところを動画に収めました。一見とても怖がっているように見えますが、実際のところそれほど恐れていないと思われます。常に上を見ているのは私が餌をくれると期待しているからです。(2022年12月15日10:37撮影)(2022年12月15日公開)

シナスッポン
動画撮影を終えてから撮った写真。餌を待っています。(2022年12月15日10:38撮影)

ガラス水槽の中で日光浴するためにじっと立っていた飼育807日のシナスッポン(2022年12月25日)

シナスッポン
飼育807日のシナスッポンがリビングに置いているガラス水槽の中で側壁の上端に両前足をかけて直立の姿勢でじっとしているところ。私には日光浴しているように見えました。(2022年12月25日13:13撮影)

シナスッポン
接写。(2022年12月25日13:14撮影)

飼育807日の台湾生まれのスッポンがリビングに置いているガラス水槽の中で側壁の上端に両前足をかけて直立した状態で日光浴をしているようでした。あるいは登ろうとしていたことも考えられますが、もしそうであったら私に見つかって諦めたのだと思います。このスッポンはふだんは蓋をしていなくてもほとんど脱出することはありません。(2022年12月25日13:16撮影)(2022年12月25日公開)

シナスッポン
いつもの場所に自発的に戻りました。(2022年12月25日13:17撮影)

ガラス水槽の中でリラックスしている飼育808日のシナスッポン(2022年12月26日)

シナスッポン
飼育808日のシナスッポンがリビングに置いているガラス水槽の中で足を伸ばしてリラックスしているところ。(2022年12月26日8:58撮影)

リビングのガラス水槽の中で思い思いにリラックスしているスッポンたち(2023年1月21日)

シナスッポン
飼育834日のシナスッポン。甲長16cm。(2023年1月21日11:38撮影)

シナスッポン
飼育834日のシナスッポン「台湾」(左)と日齢1210日の「扁平」(右)。甲長16cm(左)と17.5cm(右)。(2023年1月21日11:39撮影)

シナスッポン
日齢1210日の「扁平」(上)と飼育834日のシナスッポン「台湾」(下)。17.5cm(上)と甲長16cm(下)。(2023年1月21日11:39撮影)

シナスッポン
リビングのホットカーペットの上に置いているスッポンたちの飼育容器(各種ガラス水槽とプラスチック製収納BOX)。(2023年1月21日11:55撮影)

リビングのガラス水槽の中で思い思いにリラックスしているスッポンたちの表情様子を動画に収めました。甲長11cm以上のスッポンが9匹いるのですが、それら全部ではなく、大きさでは6番目までと9番目の7匹が映っていて(順不同)、7番目と8番目は今回は登場しません。見所は24秒から1分29秒までの1分余りは日齢1210日の5匹のうち、2番目に大きい(甲長17.5cmの)オスのスッポンがお尻を上げて伸びをしながら日光浴してリラックスしているところです。台湾ちゃんは4秒〜9秒と19秒〜25秒と1分26秒〜39秒に映っています。それぞれに思い思いのリラックス方法があるようでおもしろいです。(2023年1月21日11:58撮影)(2023年1月21日公開)

飼育843日のシナスッポンが水槽から出て隣のプラスチック製の飼育容器の蓋の上で自発的に日光浴して戻っていきました!(2023年1月30日)

シナスッポン
リビングの水槽から出て隣の飼育容器の蓋の上で日光浴を始めた飼育843日のシナスッポン。(2023年1月30日13:33撮影)

シナスッポン
手足をプーンと伸ばすて気持ち良さそうです。私の方を見ていますが、あまり気にしていないです。(2023年1月30日13:33撮影)

シナスッポン
いつもマイペースです。(2023年1月30日13:33撮影)

シナスッポン
もっと日当たりが良くなるようなレイアウトにしておけば良かったと思いました。(2023年1月30日13:33撮影)

飼育843日のシナスッポンがリビングに置いてある自分のガラス水槽から出て隣の飼育容器のプラスチック製の蓋の上で自発的に日光浴し始めました。私が気づいた時にはすでに始めていました。そして、それから7分後には自分の水槽の中に自発的に戻っていきました。水槽の中に体を乾かすための陸地が必要かどうか思案していたのですが、このシステムなら水槽内には必要ないと思いました。いつでも好きな時に隣の蓋の上に上がることができます。この台湾生まれのシナスッポンはCB(Captive Bred)なので、外の世界を知りません。よって、どこに逃げようもありません。だからこの方法でリビングで自分の好きなように日光浴させることは可能かもしれません。(2023年1月30日13:33撮影)(2023年1月30日公開)

シナスッポン
動画撮影を終えてから撮った写真。最初発見した時はびっくりしましたが、笑ってしまいました。けっこうシュールな状況だと思います。(2023年1月30日13:34撮影)

シナスッポン
まだ手足をピーンと伸ばしています。このあと自分で元の水槽に戻って行くかどうか様子を見ることにしました。(2023年1月30日13:34撮影)

シナスッポン
1枚前の写真を撮影した時点から6分後には写真左側の自分の水槽に戻っていきました。この写真はポチャッと落ちる音がしてから撮りました。残念ながら戻る瞬間は撮っていません。(2023年1月30日13:40撮影)







関連記事

  1. 野生のスッポンの観察2019(10匹目まで)

  2. 2019年に保護した赤ちゃんスッポン4匹の特徴(現在生きている4匹)

  3. 甲長26cmと17cmの大きいスッポンの観察とリリース

  4. 2020年に用水路で保護した10匹目の赤ちゃんスッポン

  5. スッポンに関する記事一覧(時系列)

  6. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(5匹目〜8匹目)

  1. 2018年〜2020年に保護したスッポン幼体のデータ

    2023.01.16

  2. 2023年に偶然撮れたお気に入りの自然の一発録り動画

    2023.01.14

  3. 夜に走行中の車に鹿が衝突した件の顚末

    2023.01.13

  4. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2023年1月)

    2023.01.01

  5. 2019年に保護した5匹目の赤ちゃんスッポンの2022年以降の飼育記録

    2022.12.26

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー