月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポンの飼育記録

↑上のアイキャッチ画像は2020年10月9日に自宅で撮影したペットショップから買ってきた台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポン。赤ちゃんスッポンとしては2020年9匹目。(2020年10月9日18:38に撮影)

ペットショップに9月16日に入店して3週間経って最後に残っていた赤ちゃんスッポンを2020年10月9日の夕方に買ってきました。甲長は2.2cmでした。10月9日は故ジョン・レノンの誕生日、また息子のジュリアンレノンの誕生日でもあるので、名前は「ジョン」か「ジュリアン」のどちらかにしようと迷った結果、最終的には「おチビちゃん」にしました。

入店日から半月経った台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポン(2020年10月1日)

スッポン
2020年9月29日に私が購入したいちばん小さい赤ちゃんスッポンのあとに残された最後の1匹。甲羅に少し白い部分が散見されます。水槽内に赤虫がたくさんバラまかれていますが、ちゃんと食べたのでしょうか。1匹で寂しそう。(2020年10月1日16:32撮影)

スッポン
こちらを見ています。入店日9月16日から3週間経った10月7日になっても売れ残っていたら購入を検討しようと思います。連れて帰りたくなりました。(2020年10月1日16:32撮影)

台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポン(2020年10月9日)

入店日9月16日から3週間と2日経った2020年10月9日の夕方にペットショップから買ってきた赤ちゃんスッポンを昆虫用の容器に入れて動画撮影しました。(2020年10月9日18:38撮影)(2020年10月9日公開)

スッポン
2020年10月9日の夕方にペットショップから買ってきたばかりの赤ちゃんスッポン。昆虫用の容器の中に入れて撮影。(2020年10月9日18:38撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの部分を拡大しました。昆虫用の容器の中に入れて撮影。カビのようなフワフワが少し気になります。(2020年10月9日18:38撮影)

スッポン
甲長は2.2cm。(2020年10月9日18:40撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンを手の上に乗せて撮影。(2020年10月9日18:44撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンを手の上に乗せて正面から撮影。(2020年10月9日18:44撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの部分を拡大しました。(2020年10月9日18:44撮影)

スッポン
橋のオーナメントの上に乗っている赤ちゃんスッポンを撮影。(2020年10月9日18:46撮影)

スッポン
赤ちゃんスッポンの部分を拡大しました。(2020年10月9日18:46撮影)

台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンの翌日の様子(2020年10月10日)

スッポン
オーナメントの間にいる赤ちゃんスッポン「おチビちゃん」。(2020年10月10日11:45撮影)

スッポン
甲羅の模様の特徴を把握するために拡大してみましたが、これといった特徴がありません。国産の天然スッポンの模様とは違うのはわかります。(2020年10月10日11:45撮影)

台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンの腹甲の特徴(2020年10月10日)

スッポン
この台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンの腹甲は近所で生まれたスッポン達に比べて赤色が薄く、黒点も小さめです。(2020年10月10日15:44撮影)

カーペットの上を歩き始めた手のひらの上の台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポン(2020年10月11日)

購入して2日後の朝に赤ちゃんスッポンを手のひらに乗せていたら、突然下りてカーペットの上を歩き始めました。(2020年10月11日6:47撮影)(2020年10月11日公開)

飼育10日になった台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポン(2020年10月19日)

スッポン
飼育10日になった台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンをほぼ同時期に生まれた野生の赤ちゃんスッポン9匹と一緒にたらいの中で泳がせてみました。いちばん色が明るくて小さいのが台湾生まれの赤ちゃんスッポンです。(2020年10月19日9:29撮影)

飼育10日になった台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンがほぼ同時期に生まれた野生の赤ちゃんスッポン9匹と一緒にたらいの中で泳いでいるところを動画に収めました。ほぼ同時期に生まれたにもかかわらず台湾生まれの赤ちゃんスッポンはかなり小さいことがわかります。この台湾生まれの赤ちゃんスッポンの甲長は2.4cmで、9匹の甲長は3.0cm以上あります。(2020年10月19日9:31撮影)(2020年10月19日公開)

スッポン
左端の小さい1匹が台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンです。(2020年10月19日9:32撮影)

スッポン
写真の真ん中あたりの色の薄い小さい赤ちゃんスッポンが台湾生まれの月齢2ヶ月の赤ちゃんスッポンです。(2020年10月19日9:32撮影)

スッポン
左から2匹目の色の薄い小さい赤ちゃんスッポンが台湾生まれの甲長2.4cmの赤ちゃんスッポンです。(2020年10月19日9:33撮影)

午後にリビングのガラス水槽の中のバスキングシェルターの上で日光浴をしている飼育545日のシナスッポン(2022年4月7日)

飼育545日のシナスッポンが午後にリビングのガラス水槽の中のバスキングシェルターの上で日光浴をしているところを動画撮影しました。(2022年4月7日13:21撮影)(2022年4月7日公開)

午後にリビングのガラス水槽の中のバスキングシェルターの上で日光浴をしている飼育557日のシナスッポン(2022年4月19日)

スッポン
台湾生まれの飼育557日のシナスッポンがバスキングシェルターの上に上がっています。(2022年4月19日14:55撮影)

スッポン
シナスッポンの部分を拡大しました。こちらを見ています。(2022年4月19日14:55撮影)

飼育557日のシナスッポンが午後にリビングのガラス水槽の中のバスキングシェルターの上で日光浴をしているところを動画に収めました。(2022年4月19日14:56撮影)(2022年4月19日公開)

スッポン
動画撮影を終えてから少し上から写真を撮影しました。(2022年4月19日14:57撮影)

スッポン
近づくと下りるのでズームで撮影しました。(2022年4月19日14:57撮影)

水槽の内側から指を顔で追いかける飼育575日のシナスッポン(2022年5月7日)

飼育575日のシナスッポンが夜にガラス水槽の内側から私の右手の人差し指を目で追う/顔で追う様子を動画に収めました。ただ、水面で空気を吸っている時はそちら優先のようです。夜に限ったことではなくて、撮影したのがたまたま夜でした。空腹の時にこのような傾向があるような気がしています。(2022年5月7日20:35撮影)(2022年5月8日公開)

スッポン
台湾生まれの飼育575日のシナスッポンが水面で空気を吸っているところ。(2022年5月7日20:36撮影)

スッポン
大きいあくびをした後の台湾生まれの飼育575日のシナスッポン。(2022年5月7日20:40撮影)







関連記事

  1. 2022年に観察した野生のスッポンの記録:冬眠明け間近の兆候と2匹目〜9匹目の観察

  2. 2020年に観察した27匹目から40匹目までの野生のスッポン

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(18匹目〜23匹目)

  4. 2016年のスッポンの観察

  5. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  6. 2019年に入って観察した20匹目から23匹目までのスッポン

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー