大きいスッポンが小さいスッポンを襲う瞬間

2018年8月3日の早朝の衝撃的な出来事

大きいスッポンが小さいスッポンを襲う過程の主要写真22枚

2018年8月3日の朝、田んぼの横の小さい用水路に小さいスッポンがいました。壁にへばりついて顔を水面に出していました。私の存在に気づいて固まりました。このまま根比べに突入した1分20秒後、信じられない光景が目に飛び込んできました。それを以下に写真22枚で示します。また、最後に動画を貼っています。

スッポン用水路の壁にへばりついた小さなスッポン。そこに下から大きなスッポンの頭が現れました(1/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン小さなスッポンに頭が届きました(2/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン口を開いて・・・(3/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン左の後ろ足をガブッ(4/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン水中に引きずり込みました(5/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンもっと甲羅までしっかりガブッ(6/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン小さなスッポンも抵抗(7/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン必死で振りほどきました(8/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン勢い余って水面から飛び出します(9/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン足の爪をコンクリートの壁にひっかけて・・・(10/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン思いっきり蹴って・・・(11/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン足で水を漕いで漕いで漕いで・・・(12/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンやっと通常の泳ぐ体勢になりました(13/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンあとは逃げるだけだ!(14/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンこのまま直進!(15/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンこのあたりで下へ方向転換(16/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン下に潜るぞ(17/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン慌てているので仰向けになっているけど、とにかく逃げるんだ(18/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンこのまま行けー(19/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポンなりふりかまわず逃げるぞ!(20/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン振り切ったか?最後まで気を抜かずに逃げるぞー(21/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

スッポン死ぬかと思った!!仰向けになって逃げたことはあまりない!下にはまだ大きなスッポンの影が・・・。(22/22)。(2018年8月3日6:42撮影)

小さいスッポンが大きいスッポンに背後から襲われる瞬間を収めた動画

最初は小さいスッポンがいるなーぐらいの感じで動画を撮っていました。1分半ほど経過してそろそろやめようかと思った時、何やら大きなものが下から現れました。巨大なスッポンです。仲間どうしで仲良くするのかと思っていたら、意外にも捕食しようと噛みつきました。小さなスッポンは必死に抵抗して何とか逃げることに成功しました。スッポンは共食いするんですね。スッポンの大きさにも驚きましたが、さらにその行動に驚愕しました。(2018年8月3日6:42撮影)(2018年8月3日公開)

まとめ

現れたスッポンの大きさにも驚いたのですが、それ以上にスッポンがスッポンを襲うなんて予想もできない出来事に遭遇して衝撃を受けました。3日前のヒヨドリの雛鳥の件といい、自然界で生物が生き抜くのはいろいろと大変だと痛感しました。人間も大概大変ですけど、普通は命までは取られませんからね。







関連記事

  1. 近所の用水路にいるコサギの観察(2020年5月〜)

  2. 赤ちゃんフナの飼育

  3. 近所の用水路のナマズの観察(2014年10月〜2018年3月)

  4. 日齢279日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

  5. 赤ちゃんタモロコの飼育

  6. モクズガニ

  1. 日齢279日以降の赤ちゃんスッポンの飼育と観察

    2020.07.12

  2. スッポンに関する記事一覧(時系列)

    2020.07.11

  3. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年6月〜)

    2020.07.10

  4. 近所にいるドンコの観察2020

    2020.07.08

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年7月)

    2020.07.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー