アルプス乙女の栽培

アルプス乙女の栽培

Growing Alps Otome.



栽培しやすさ ★☆☆☆☆
おすすめ度 ★☆☆☆☆

家で栽培しているアルプス乙女の生長を追っています。


AlpsOtomeApple
アルプス乙女


AlpsOtomeApple
アルプス乙女(2004年11月28日)


HimeApple
姫りんご(左)とアルプス乙女(右)
(2007年4月15日)


HimeApple
姫りんご(左)とアルプス乙女(右)
(2007年4月15日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(2007年7月17日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(2007年7月17日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(2007年8月14日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女(2008年8月15日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(2008年8月16日)

植えてから4年経った2008年には実が生りました。日光で赤くなりリンゴらしくなりました。


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(2009年1月3日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(奥は姫林檎)(2012年8月15日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(奥は姫林檎)(2012年8月15日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女
(左は姫りんご)(2012年9月8日)


HimeApple
アルプス乙女
(左は季節はずれの花が咲いた姫りんごの木)
(2012年10月21日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女の伸びた枝と青空
(2012年11月18日)


AlpsOtomeApple
アルプス乙女(左)の花芽
(2013年2月2日)


アルプス乙女の木
アルプス乙女(右)と姫リンゴ(左)の木の剪定前。
(2015年9月20日)


アルプス乙女の木
アルプス乙女(右)と姫リンゴ(左)の木の剪定後。
(2015年9月20日)

消毒をせずに栽培しているため、幹や枝にカミキリ虫の幼虫が入って、おがくずみたいなものを穴から出します。見るも無惨な感じの茶色の幹になってしまっています。

2013年9月21日(土)、あまりにも害虫にやられていた幹や枝をバッサリ切りました。これで来年は生りそうにありません。数年後に期待します。


HimeApple
小枝を残して幹をバッサリ切りました。左がアルプス乙女、右が姫林檎。害虫にだいぶやられていました。
(2013年9月21日)


HimeApple
害虫にだいぶやられています。無農薬はきついです。試している中では林檎系はほとんど無理です。
(2013年9月21日)

2014年4月5日(土)、姫林檎には花が咲きましたが、アルプス乙女にはと、花は咲きませんでした。今のところ、新緑のきれいな状態です。夏に、虫にやられます。


Alps Otome
花が咲いた姫林檎(奥)と、花が咲いていないアルプス乙女(手前)の木。新芽が出て、昨年の虫にやられていたひどい状態が嘘のように、すっきりしています。
(2014年4月5日)

これまでのまとめと今後の予定

結局、アルプス乙女は2007年、2008年に実が生って以来、2015年まで花も咲きません。木があまり大きくない時期が実が生りやすい気がします。今後は剪定方法を見直してやっていこうと思います。


Alps Otome
2016年は久しぶりに生ってほしいのですが、どうでしょう。
(2016年1月3日)







関連記事

  1. フェイジョア(パイナップルグァバ)の鉢植え栽培

  2. 倒れた白桃の木の根元の修復過程

  3. 富士りんごの果樹の栽培記録

  4. 梨の栽培

  5. 桃の栽培

  6. 発芽しやすいアボカドの種の特徴

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年6月)

    2020.06.01

  2. 2020年に観察した15匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.05.31

  3. 玄関のドアの上の電気メーターの中に巣を作ったスズメとその雛鳥の…

    2020.05.28

  4. 近所に生えていたモリムラマンネングサという多肉植物の栽培

    2020.05.20

  5. 用水路のギンブナの観察2020

    2020.05.19

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー