ビートルズのLPレコード(輸入盤)

ビートルズのLPレコード(輸入盤)

Imported Long-Playing Records of Beatles

2013年1月27日(日)に英検1級を受験しましたが、自分にご褒美ということで、Woodpeckerという中古レコード店で、ビートルズのLove Songsという輸入盤のLPレコードを買ってきました。アメリカ盤で2960円でした。さっそく開封してレコードプレーヤーでかけてみました。とても懐かしく思いました。特に、If I FellやThis BoyやHere, There and Everywhereは本当に懐かしく感じました。音はCDと比べて劣りますが、LPレコードも良いものです。


Beatles LP
Love SongsのUS盤のLPレコード
(2013年1月27日)


Beatles LP
Love SongsのUS盤のLPレコードジャケット
(2013年1月27日)

2013年2月19日(火)にWoodpeckerという中古レコード店で、ビートルズのYellow Submarine Songtrackの輸入盤のLPレコードを買ってきました。さっそく開封してレコードプレーヤーでかけてみました。このレコード盤は、何と蛍光色の黄色でした。こんなLPレコードは初めてですが、気に入りました。音はYellow SubmarineのSound Trackよりかなり良いです。さすがにCDと比べてみたら、CDの方が音が良いように思いましたが、LPレコードの方がレコードジャケットも含めて何とも言えない独特の味があるので好きです。


Beatles LP
Yellow Submarine Songtrackの輸入盤のLPレコード
(2013年2月19日)


Beatles LP
Yellow Submarine Songtrackの輸入盤のLPレコード
(2013年2月19日)


Beatles LP
Yellow Submarine Songtrackの輸入盤のLPレコード

のジャケット表側
(2013年2月19日)


Beatles LP
Yellow Submarine Songtrackの輸入盤のLPレコード
のジャケット裏側の曲名
(2013年2月19日)

今はデジタルが当たり前で、アナログはすっかり廃れてしまいましたが、古き良き物はいつか復活すると信じています。時代は繰り返すからです。レコード盤の時代がまた来ることを望んでいます。レコードの紙ジャケットには今のCDのジャケットにはない、何とも言えない風情を感じます。







関連記事

  1. 洋楽から入る英語学習

  2. ビートルズに関する妄想

  3. ビートルズの曲のタイトルを和訳してアルバム単位で見てみた感想

  4. ビートルズのアルバム

  5. レコードがCDよりも音が良いというのは条件を揃えて比較した場合

  6. 趣味のビートルズに関するページのメニュー

  1. 9月の減量におけるウォーキングの効果(2022年9月)

    2022.08.30

  2. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン9匹の飼育記録

    2022.08.22

  3. 泥の中から助け出され九死に一生を得た強運を“持っている”3匹の赤ち…

    2022.08.19

  4. 日齢1046日のスッポンの腹甲の細菌性皮膚炎が完治するまでのプロセス

    2022.08.18

  5. 日齢1010日以降のCH種のスッポンの飼育と観察(2022年)

    2022.08.17

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー