表面が突起して波のようになっているアボカド

こんにちは。熊の実です。

近所のショッピングモールからアボカドを3個買ってきました。メキシコ産で、表面が突起して波のようになっているアボカドをあえて選んできました。触った感じでは3個とも割と柔らかいので、すぐにでも食べられる追熟レベルです。色も緑ではなく赤褐色色です。左側から順番に食べました。

表面が波打ったようなアボカド3個

3個とも波打っているような表面になっています。サイズ的にははこれまでずっと見てきた中では小さい部類に入ります。

1個目のアボカドの底部の表面
1個目のアボカドの底部の表面
2個目のアボカドの底部の表面
2個目のアボカドの底部の表面
3個目のアボカドの底部の表面
3個目のアボカドの底部の表面

1個目のアボカドを割ってみました。果実は小さいですが、種も小さかったです。よって、果肉はまあまあありました。1個98円+税だったので、コスパはいいと思います。これが果実の表面に突起があるタイプのアボカドの特徴なのかはわかりません。残り2個も同様である可能性は高いと思われます。

果肉と表皮の境目の色はきれいな緑色です。
表皮をとったアボカドの色は緑色

1個目のアボカドの断面
1個目のアボカドの断面
1個目のアボカドの種
1個目のアボカドの種
1個目のアボカドの種
1個目のアボカドの種(左)
の大きさは小さめ(右側は最近の最も大きい部類の種)


2月21日に2個目を割ってみました。

2個目のアボカドの表皮
2個目のアボカドの表皮
2個目のアボカドの断面
2個目のアボカドの断面
1個目と2個目のアボカドの種1個目(左)と2個目(右)のアボカドの種

2個目もそうですが、今回のアボカドは種が小さいので果実があまり大きくないにもかかわらず果肉の割合が多いです。絶対量もそこそこあります。98円(外税)だったことを考えると、コスパはいいと思います。3個目はまだ割っていませんが、おそらく1個目、2個目と同じような結果になると思われます。

まとめ

今回の結果だけから判断するならば、果実の表面に波打ったような突起があるアボカドは、丸くて大きな種が入っている確率は低そうです。表皮もツルツルしているアボカドでした。ただ、今回のアボカドよりコスパが良さそうなのは洋なし型で長いアボカドと思われます。なぜならば、横幅が同じならば縦に長い分が果肉だからです。

それでは、また。







関連記事

  1. アボカドの種の発芽しやすさの再現性の検討

  2. アボカドの形から種の形と大小を予測する方法の再現性とまとめ

  3. テレビで紹介されていた「自宅でできる眼トレーニング方法」

  4. みかんの栄養

  5. 夏休みの自由研究の題材

  6. 里芋の葉っぱとアメンボウの足の構造

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜47匹目)

    2021.09.12

  2. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  3. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(33匹目〜38匹目)

    2021.09.11

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(27匹目〜32匹目)

    2021.09.10

  5. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年9月)

    2021.09.01

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー