夜明け前の薄明光線

↑上のアイキャッチ画像は2019年9月18日の5:44に撮影したものです。

夜明け前の薄明光線薄を動画に収めました。薄明光線は天使の梯子とか光芒とかの呼び方もあります。

夜明け前の薄明光線(2019年9月18日)

薄明光線5:44にアパートの窓から外を見たら、東の空に薄明光線が何本も見えていました。(2019年9月18日5:44撮影)

薄明光線東の空から南の空に伸びていた薄明光線。(2019年9月18日5:45撮影)

薄明光線東の空をズームで撮影。(2019年9月18日5:45撮影)

薄明光線上の写真の右側(東南東)を撮影。(2019年9月18日5:45撮影)

薄明光線上の写真のさらに右側(南南東)を撮影。(2019年9月18日5:45撮影)

薄明光線さらに2分後の東の空。(2019年9月18日5:47撮影)

薄明光線さらに1分後の東の空。(2019年9月18日5:48撮影)

薄明光線さらに11分後の東の空には薄明光線は消えていました。(2019年9月18日5:59撮影)

5:47に東の空を見たら光芒(薄明光線、天使の梯子)が見えていました。西の空の方まで伸びていました。そこで、東→南→西→南→東とカメラのレンズを動かして動画を撮影してみました。(2019年9月18日5:47撮影)(2019年9月18日公開)

まとめ(2019年9月18日現在)

薄明光線(天使の梯子、光芒とも呼ばれる)が夜明け前の東の空に見えていたので動画を撮りました。これまでは夕方によく西の空に出ているのを見たことはありますが、こんなに早い時間に見たのは初めてでした。早起きをした甲斐がありました。







関連記事

  1. ホームセンターで購入した甲長5.1cmのアルビノシナスッポンの飼育

  2. 田舎の川で捕獲したモクズガニと近所の用水路にいたモクズガニの観察

  3. 故郷の川のカワムツの観察

  4. スッポンの強制的な日光浴(甲羅干し)

  5. 川魚とスッポンを飼っている5つの水槽(5ヶ月目〜)

  6. ツクツクボウシ

  1. 2021年に保護したスッポンの幼体の飼育

    2021.10.10

  2. 近所の建物の屋根で休んでいた4羽のコウノトリの観察

    2021.10.03

  3. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年10月)

    2021.10.01

  4. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(45匹目〜50匹目)

    2021.09.12

  5. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(39匹目〜44匹目)

    2021.09.11

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー