果柄の取れた渋柿で干し柿作り

果柄の取れた渋柿で干し柿を作る方法

How to make Hoshigaki using a sour persimmon whose gynophore has come off

つくりやすさ ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★★☆

近所のスーパーから渋柿を買ってきました。干し柿にするためです。皮を剥いて紐でつるします。そのとき、果柄が取れてしまうことがあります。そうすると、紐でつるすことができません。そこで、一工夫。吊るす方法を紹介します。この方法によって、30個の渋柿全部で干し柿の仕込みはできました。


Hoshigaki without gynophore
果柄が取れてしまいました。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
へたの回りの皮を1周剥きます。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
そのあと全部剝きます。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
残った皮の外側の輪郭に沿って、包丁で切り込みを1周入れます。あまり深く切り込みをいれると、へたが捥げてしまうので注意。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
そのあと、2mmほど外側に切り込みを1周入れます。並行にではなく、鋭角気味に入れれば、取り外しが楽です。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
包丁で2mm幅の果肉を引きずり出して1周します。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
こんな感じで溝ができます。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
そこに、紐を嵌め込みます。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
切り込みに沿って紐を埋め込んだら、へたを軽く縛ります。あまりきつく縛るとへたが取れてしまうかもしれません。
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
こんな感じで天日干しすることができます。へたの部分に切り込みを入れて紐を回した成功例(1)
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
へたの部分に切り込みを入れて紐を回した成功例(2)
(2014年11月7日)


Hoshigaki without gynophore
へたの部分に切り込みを入れて紐を回した成功例(3)
(2014年11月7日)

果柄がとれてしまったからといって、その渋柿を捨ててしまうのはもったいないです。有効利用する私流のやりかたを紹介しました。

この方法で作った干し柿5〜6個の中に1個だけ、へたの部分の内部が若干酸っぱくなっているのがありました。そういう意味ではこの方法も万能ではないといえますが、残りの柿はOKでしたから、干す前に捨てるよりマシということで、良しとしましょう。







関連記事

  1. 愛宕柿で干し柿作り

  2. 横野柿で干し柿作り

  3. 愛宕柿で干し柿2014

  4. ドライフルーツ メニュー

  5. 渋柿で干し柿作り2014

  6. 渋柿で干し柿作り

  1. 2020年に用水路で保護した5匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.26

  2. 2020年に用水路で保護した3匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  3. 2020年に用水路で保護した2匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  4. 2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.22

  5. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー