過去50年で最も開花が遅かった一心行の大桜を見に行きました!

こんにちは。熊の実です。

一心行の大桜が2017年4月13日に満開になりました。過去50年で最も開花が遅かったそうです。そして、昨年より9日も遅いです。

一心行の大桜のこれまでの開花状況

開花日
満開日
平成18年
3月31日
4月10日
平成19年
4月8日
4月10日
平成20年
4月2日
4月6日
平成21年
3月29日
4月4日
平成22年
4月5日
4月10日
平成23年
3月22日
3月26日
平成24年
4月6日
4月10日
平成25年
4月4日
4月10日
平成26年
3月28日
4月2日
平成27年
3月30日
4月4日
平成28年
3月31日
4月4日
平成29年
4月9日
4月13日

その一心行の大桜を4月13日に南阿蘇村に見に行きました。所要時間は車で第二空港線経由で1時間半でした。駐車料金は車1台で何人乗っていても一律500円です。ちなみに同じ村内の観音桜の場合は1人200円です。

人が中に入らないように柵が作ってあります。人間が土を踏み固めると大桜の根が傷むからというのが理由ですが、墓地でもあるので人が踏み込むのはあまりよくないと思います。マナー違反のおじさんが1人いましたが、「おっさん、入ったらでけんばい」と別のおじさんに遠くから大声で言われていました。見ていて恥ずかしかったです。

4月13日の一心行の大桜

着いてすぐに桜の木のまわりを反時計回りに一周しながら写真を撮りました。これが1本の桜の木だというのが驚きです。あなたはどの形が好きですか。私は北東または南東の方向から見た桜が好きです。菜の花の黄色が入っている写真も好きです。

南東から見た一心行の大桜東南東から見た一心行の大桜
東から見た一心行の大桜東から見た一心行の大桜
東北東から見た一心行の大桜東北東から見た一心行の大桜
北東から見た一心行の大桜北東から見た一心行の大桜
北北東から見た一心行の大桜北北東から見た一心行の大桜
北から見た一心行の大桜北から見た一心行の大桜
北北西から見た一心行の大桜北北西から見た一心行の大桜
北西から見た一心行の大桜北西から見た一心行の大桜
西北西から見た一心行の大桜西北西から見た一心行の大桜
西南西から見た一心行の大桜西から見た一心行の大桜
南西から見た一心行の大桜西南西から見た一心行の大桜
南南西から見た一心行の大桜南西から見た一心行の大桜
南南西から見た一心行の大桜南南西から見た一心行の大桜
南から見た一心行の大桜南から見た一心行の大桜
南南東から見た一心行の大桜南南東から見た一心行の大桜
南南東から見た一心行の大桜南東から見た一心行の大桜

一心行の大桜は見る方向によって形が違います。Googleマップで上から見ると楕円形をしていることがわかります。

来る途中で俵山交流館 萌の里とコンビニのローソンに立ち寄って昼食を買ってきましたが、現地の出店で買った赤牛コロッケも買って、ベンチに座って食べました。そのあと、芝生の上に百均で買ったシートを敷いて少し昼寝をしたりして2時間ほど滞在しました。

赤牛のコロッケ250円+税
11:54 赤牛のコロッケ250円+税

赤牛のコロッケ250円+税
12:11 百均で買ってきたシートを芝生に敷いて休みました。

一心行の桜は山桜
12:27 一心行の桜は山桜です。柵から近いところにあった枝の花を撮影しました。

一心行の桜ソフトと一心行の桜ミルクMIX
12:35 一心行公園の案内を撮影

一心行の桜ソフトと一心行の桜ミルクMIX
13:35 ソフトクリーム(一心行の桜ソフトと一心行の桜ミルクMIX)

駐車場に向かって歩いている時に見た一心行の大桜
13:44 帰りに駐車場に向かって歩いている時に見た一心行の大桜

一心行の大桜の由来

この桜は天正8年(1580年)、島津氏との戦いで矢崎城(宇土郡三角町)で戦火に散った峯(中村)伯耆の守惟冬(ほうきのかみこれふゆ)の菩薩樹とされています。室(妻)と嫡男は少数の家臣と故郷のこの地に戻り、惟冬と一族の御霊を弔うため一心に行を修めたということで「一心行」の名がついたとされています。また、ふるさと熊本の樹木に平成3年に登録されています。

この一心行の大桜は墓に植えられた桜が400年でここまで育ったものです。50年前に落雷で被害を受けたりしたそうですが、現在の姿になっています。幹が傾いていて重いので突っ支い棒であちこち支えてあります。

ライトアップ(午後7時〜午後9時)

これから3日間(13〜15日)、午後7時から午後9時までライトアップされます。この週末は観光客が多いことでしょう。ただ、15日は天候が崩れるかもしれません。

熊本県内の桜の開花状況

4月13日夕方のローカルニュースで熊本県内の桜の開花状況を伝えていました。散り始めのところが多いですが、一心行の大桜と高森峠の千本桜と通潤橋横の二の丸公園は見頃となっていました。要するに山の方は気温が低いので遅れていて、今が見頃ということですね。

熊本県内の桜の開花状況4月13日現在

それでは、また。







関連記事

  1. 南阿蘇村の観音桜

  2. エコパーク水俣の水俣ローズフェスタ春(2017年5月14日)

  3. はな阿蘇美のバラドームはバラの香りも満喫できて最高!

  4. はな阿蘇美のバラドームのバラ2017(Part 2)

  5. 満開2日目の一心行の大桜を満開初日と比較してみた

  6. 水俣ローズフェスタ春のほぼ満開のバラ

  1. 2020年に用水路で保護した3匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  2. 2020年に用水路で保護した2匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.23

  3. 2020年に用水路で保護した4匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.22

  4. 2020年に用水路で保護した1匹目の赤ちゃんスッポン

    2020.09.18

  5. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー