知覧茶ジャムは売り切れだったけど黒豚と白熊を堪能した鹿児島市天文館のグルメ旅

こんにちは。熊の実です。

2017年8月14日に朝9:45出発で鹿児島市に車で出かけました。国道328号線 → 国道3号線で鹿児島市に行くのがお決まりコースで、1時間半見ておけば着きます。

まずはいつものように城山観光ホテルに知覧茶ジャムを買いに行きました。10:48に到着したので、ほぼ1時間で着きました。知覧茶ジャムは1FのBAKERY HIRAYAMAに売っています。しかし、今日は残念ながら売り切れでした。これまで何度も来ましたが、こんなことは初めてです!人気が出たのでしょうか、もしかしたら盆休みに帰省した人がおみやげにまとめて買って行ったのかもしれませんが、わかりません。
売り切れていた知覧茶ジャム

気を取り直してキウイジャムを買いました。知覧茶ジャムと同じ580円+税です。
キウイジャム

そして、天文館に向かいました。帰りに必ず桜島の写真を撮ります。今日は曇りです。
城山観光ホテルから見た桜島

11:20に照国神社のところの戊辰駐車場に止めて、歩いて天文館のアーケード街を抜けたところにある黒豚専門店「あぢもり」に向かいました。
歩きながら振り向くと照国神社があります。鳥居の後方に隠れているのが城山観光ホテル
照国神社と城山観光ホテル

天文館に向かって歩いています。市立博物館が写真左端にかすかに写っています。
天文館方面

天文館アーケード街を半分抜けて、この大きな交差点を渡って、アーケードを抜けると「あぢもり」があります。
天文館の交差点

11:30開店で、店の前で待っているのがいつものパターンなのですが、今日は時間がぎりぎりでした。1Fの定食は予約なしでも空いていれば入れますが、2Fのしゃぶしゃぶは予約客です。私たちはいつもの黒豚の豚カツ定食を食べるので、予約なしで間に合うように行きます。今回は盆休みのせいか、人が多かったです。

あぢもりに着く前に天文館むじゃきの前を通りますが、今日は行列ができていました。これだけ並んでも食べたい人達で溢れていました。私たちはランチを食べたあとに、復路で寄ります。

むじゃきの店の前の行列
むじゃき

白熊
天文館むじゃき

白熊
白熊

11:30過ぎにあぢもりに到着。1Fは入ることができました。奥の部屋に案内されました。こんな部屋があったなんて知りませんでした。

私は黒豚ロースかつセットという定食を注文しました。税込み1,480円です。黒豚ひれかつランチセットが980円です。

黒豚ロースかつセット
黒豚ロースかつセット

黒豚ひれかつランチセット
黒豚ひれかつランチセット

左側が豚カツソース、右側が野菜にかけるドレッシング。真ん中の小さい容器が豚カツに使う辛子。
ソースとドレッシング

黒豚ロースかつ
黒豚ロースかつ

辛子を1滴ずつかけてみました。好きなので。
ロースかつに辛子

黒豚を堪能したあとに、天文館むじゃきで白熊のテイクアウトを買って店の前で食べました。最初に並んで注文してお金を支払います。すると、番号札を渡されます。店の前で待っていると番号が呼ばれるので、商品を受け取ります。その時、スプーンは人数分とることができます。私たちは2人分。けっこう店の前で食べている人が多いです。店の中で食べるには並んでけっこう待たなければなりませんが、手軽に済ませようという人にはテイクアウトはうってつけです。

むじゃきで白熊のテイクアウト(税込み450円)を買って、店の前で食べました。
白熊のテイクアウト

完食
完食した白熊

このあと、タカプラに寄って、そのあとアーケード街を歩いてMARUZENに行きました。

この交差点を渡って、アーケード街を直進します。

天文館の交差点(私たちの復路)
天文館の交差点

赤信号になったので渡る人がいなくなり、車が動き始めます。
天文館の交差点

アーケード街を50メートルほど直進してから右折してまっすぐ行くと、交差点があります。そこに着く直前の左側MARUZENがあります。そこで本を30分ほど見て、駐車場に向かいました。ちょうど2時間半で500円で済みました。あと数分遅かったら600円になっていたと思います。でも、時計を全く見ずにこの結果だったので、時間に追われることなく楽しむことができました。ある意味ラッキー。

まとめ

盆休みの時の天文館は人が多いです。そのバロメーターになるのがむじゃきに白熊を食べに来て行列を作っている人達です。4月に来た時はこんな行列はできていませんでした。もしかしたら鹿児島に帰省した人達がなつかしの味を求めてきたからかもしれません。ちなみにテレビ局(KKB)のカメラも来て行列のところでインタビューしていました。

中学の頃、電車でレコードを買いにきていた思い出の天文館なので、当時とは店が変わってしまっていますが、好きな街です。黒豚も白熊も美味しかったので満足した2時間半でした。でも、「黒豚も白熊を食べた」と言ったら、知らない人が聞いたらびっくりするかもしれませんね。

行き帰りのドライブの時間も合わせると5時間の楽しい時間でした。また行きたい・・・







関連記事

  1. お手製ブルーベリージャムと城山観光ホテルで買ったキウィジャム

  2. 野菜と焼き肉を食べたくなったらすたみな太郎がおすすめ

  3. 2時間半で鹿児島市の天文館を楽しむ私のお決まりコース

  4. りんご3個を食べ比べてみた結果:ぐんま名月と金星とジョナゴールド

  5. ゆめタウンはません店のファーストフード店SUBWAYでランチ

  6. コスパが良くて足湯もできるバイキングのレストラン乙姫の森

  1. 2020年に住宅地の汚れた側溝で保護した11匹の野生の赤ちゃんスッポン

    2020.11.02

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年11月)と減量8kg成功…

    2020.11.01

  3. 魚を捕食するダイサギの観察とコサギとの行動の比較

    2020.10.29

  4. 本当はもう1匹いた月齢2ヶ月の台湾生まれの赤ちゃんスッポン

    2020.10.27

  5. 2020年に観察した51匹目以降の野生のスッポン(2020年10月24日〜)

    2020.10.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー