ネクタリン秀峰の栽培

ネクタリン秀峰の栽培記録

Growing Peach Nectarine Shuhou

栽培しやすさ ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

Nectarin
ネクタリン(秀峰)

家で栽培しているネクタリン(秀峰)という桃についてのウェブサイトです。

木が小さい頃は、けっこう実が生っていたのですが、生理落果で、最終的にはほとんど残りませんでした。植えて2年ぐらい経った2005年には結構たくさん生って、実もそこそこ大きくなってきたのですが、ひび割れが入ってきました。収穫には至りませんでした。それからは下り坂で、最終的には、もう7年ぐらい前に枯れてしまいました。それ以来、植え直してはいません。

ということで、ネクタリンについて調べてみました。ネクタリン(Nectarine)は、バラ科の果樹(意外です)。モモの変種で、和名はズバイモモといわれます。ツバキモモ(椿桃)、ヒカリモモ(光桃)、アブラモモ(油桃)などの別名もあるそうです。つるつるしているから油桃なんでしょうね。ネクタリンは落葉し、高木になります。果皮は紅赤色に着色し、モモのような毛がなくつるつるしています。現在、日本で栽培されている品種は黄色の品種が多いとのこと。ネクタリンにもたくさんの種類があり、秀峰(しゅうほう)のほかに、フレーバートップ 、 ファンタジア というものもあります。私が植えたのは秀峰ですが、これは晩生種で、長野県上田市でネクタリンとモモを交配させてできた品種とのこと。色は淡橙色で大玉だそうですが、私の栽培結果は上記の通りで、うまくいきませんでした。糖度と酸度のバランスがよく、果汁が多い品種です。 日本での生産地は長野県、山梨県、福島県などがあり、長野県が70%を占めるとのこと。


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2005年7月3日)


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2005年7月3日)


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2006年5月3日)


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2006年5月21日)


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2007年5月4日)


Nectarin
ネクタリン(秀峰)(2007年5月4日)

これまでのまとめと今後の予定

結局、このネクタリンの木は、根元の土の中がモグラに荒らされて穴を通って水が抜けていくようになって、シロアリにもやられて枯れてしまいました。この場所にはもう桃を植えるのはやめました。4年後、ザクロの実生を植えました。







関連記事

  1. 富士りんごの果樹の栽培記録

  2. キウイの栽培

  3. 霜で凍ったブルーベリーの紅葉

  4. 色づいたブルーベリー

  5. ほぼ放置でも栽培できた果樹とかなり栽培難度の高い果樹のレビュー

  6. プルーン(セイヨウスモモ)の栽培

  1. 観察開始から53日目以降のミシシッピアカミミガメ

    2020.09.14

  2. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年9月)

    2020.09.11

  3. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

    2020.09.08

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年9月)

    2020.09.02

  5. 2019年に保護した赤ちゃんスッポンのうち現在生きている3匹の飼育記録

    2020.08.25

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー