2019年に保護した少し成長が遅い5匹目の赤ちゃんスッポン

↑上のアイキャッチ画像は2019年11月12日11:53に撮影したものです。水槽No.2の中で泳いでいる10月17日17:24頃に保護した2019年5匹目の赤ちゃんスッポンです。

2019年11月12日から飼育を始めた2019年に保護した5匹目の赤ちゃんスッポンの記録です。ただ、1匹目が死んでしまったので、飼っているのは2019年保護分は全部で4匹になります。

住宅地の側溝のほとりにいた赤ちゃんスッポン(2019年11月12日)

スッポン
昼前に住宅地の側溝のほとりにいた小さな赤ちゃんスッポン。2019年に捕獲(保護)した順では5匹目になります。(2019年11月12日11:53撮影)

スッポン
手で持って帰る時に撮った写真。(2019年11月12日11:57撮影)

スッポン
光の当たり方によっては甲羅に縦方向に筋が通っていることがわかります。(2019年11月12日12:19撮影)

スッポン
背中の模様がわかるように撮影しました。(2019年11月12日12:31撮影)

スッポン
お腹の模様。(2019年11月12日12:32撮影)

スッポン
へその緒はもう消えています。少なくとも生後1週間は経っていると考えられます。(2019年11月12日12:32撮影)

スッポン
この赤ちゃんスッポンはそんなに攻撃的ではありません。まだ飼い主に馴れないうちに(捕獲してすぐに)この持ち方をすると、中には噛み付こうとする赤ちゃんスッポンもいます。(2019年11月12日12:32撮影)

スッポン
切り取って拡大しました。(2019年11月12日12:32撮影)

保護から1日後の5匹目の赤ちゃんスッポン(2019年11月13日)

スッポン
夕方に米用のコンテナに砂を敷いて、そこに入れて潜らせています。朝に取り出して水槽No.2に入れています。鼻の先を水面に出しています。(2019年11月13日7:08撮影)

保護から2日後の5匹目の赤ちゃんスッポン(2019年11月14日)

スッポン
水槽No.2の浮島の端に載っている赤ちゃんスッポン。(2019年11月14日15:58撮影)

保護から27日目の朝の5匹目の赤ちゃんスッポン(2019年12月9日)

スッポン
左端の1匹が捕獲2匹目(現在飼育している4匹の中では捕獲順で1匹目)。オーナメントに隠れているのが捕獲3匹目(現在飼育している4匹の中では捕獲順で2匹目)。右から2番目が捕獲4匹目(現在飼育している4匹の中では捕獲順で3匹目)。右端が捕獲5匹目(現在飼育している4匹の中では捕獲順で4匹目)。(2019年12月9日9:40撮影)

スッポン
4匹のお腹の色を撮影しました。まだ赤いですが、いちばん大きい1匹(捕獲2匹目)は赤色がだんだん消えてきています。(2019年12月9日10:25撮影)

2019年9月3日、10月16日、10月17日、11月12日に保護した4匹。捕獲順で2匹目、3匹目、4匹目、5匹目になります(1匹目は10月13日に病死)。これら4匹を一時的に3部屋に仕切った60cm水槽の真ん中のところに入れてみました。いつもは30cm水槽の中で魚と一緒にいるためか、なかなか落ち着かないようです。このあと1時間ぐらいしてから水槽No.2に移しました。いちばん小さい1匹(保護5匹目)は成長が遅れているように見えます。(2019年12月9日9:41撮影)(2019年12月9日公開)

保護から28日目の朝の5匹目の赤ちゃんスッポン(2019年12月10日)

スッポン
用水路で保護した5匹のうちの現在行きている4匹。上段の中央が2019年捕獲5匹目(現在飼育している分では4匹目、現在の甲長は3.1cm)。左上が2019年捕獲3匹目(飼育2匹目、現在の甲長は3.3cm)。右上が2019年捕獲4匹目(飼育3匹目、現在の甲長は3.4cm)。下の1匹が2019年捕獲2匹目(飼育1匹目、現在の甲長は3.8cm)。(2019年12月10日9:20撮影)

スッポン
2019年捕獲5匹目の赤ちゃんスッポンが3匹目と4匹目の上に乗りました。上に乗っても小さく見えます。(2019年12月10日9:22撮影)

2019年に捕獲した元気に育っている4匹のうちの時系列で最後のいちばん小さい赤ちゃんスッポン(2019年12月12日)

スッポン
2019年11月12日に住宅地の側溝で保護して飼育を始めて1ヶ月の赤ちゃんスッポンは写真左下の1匹です。現在生きている4匹のうちで時系列で4匹目の赤ちゃんスッポン(捕獲した5匹の中では5匹目)です。現在の甲長は3.1cmです。生きている4匹の中では時系列で4匹目としています。(2019年12月12日8:56撮影)

2019年に住宅地の側溝で保護した5匹のうち、最初の1匹が10月13日に病死して残った4匹の動画です。一時的にボウルに入れているところを動画撮影しました。2019年捕獲5匹目の赤ちゃんスッポン(現在生きている4匹の中では時系列で最後)はこの動画の中では甲長3.1cmでいちばん小さい個体です。(2019年12月12日8:57撮影)(2019年12月13日公開)

2019年に捕獲した元気に育っている4匹のうちの時系列で4番目の赤ちゃんスッポンを水槽に移す時(2020年1月10日)

2019年11月12日に用水路で保護した赤ちゃんスッポン(2019年捕獲した5匹ではで最後の5匹目で、現在生きている4匹の中では捕獲順で最後の4匹目)がこの動画の4匹目に登場します。水槽の中で上手に泳ぐ様子がわかります。(2020年1月10日9:06撮影)(2020年1月10日公開)

2019年に保護して現在生きている4匹の赤ちゃんスッポンの水槽の中の様子(2020年2月15日)

2019年9月3日、10月16日、10月17日、11月12日に用水路で保護した赤ちゃんスッポン4匹が朝に水槽No.2の中で活動を始めた時の様子を動画に収めました。11月12日に保護した赤ちゃんスッポンは動画の1分39秒から2分3秒あたりまで画面中央にいるいちばん小さい1匹です。(2020年2月15日9:57撮影)(2020年2月15日公開)

水槽No.2の中の中の4匹の赤ちゃんスッポンの行動(2020年2月26日)

2019年9月3日、10月16日、10月17日、11月12日に用水路で保護した赤ちゃんスッポン4匹が朝に水槽No.2の中で活動している様子を動画に収めました。11月12日に保護した飼育日106目の赤ちゃんスッポンは動画再生50秒のところで左側に映っている1匹です。1分26秒まで映っています。1分37秒あたりから最後まで左端に映っています。(2020年2月26日8:57撮影)(2020年2月26日公開)

3匹目の赤ちゃんスッポンがいなくなって残り3匹になってしまった赤ちゃんスッポン(2020年5月12日)

2019年に保護した2匹目と4匹目と5匹目の赤ちゃんスッポンを強制滝に日光浴させたあとにリビングで撮影した動画。(2020年5月12日8:55撮影)(2020年5月12日公開)

スッポン
強制滝な日光浴のあとにリビングで撮影した2019年に保護した2匹目と4匹目と5匹目の赤ちゃんスッポン。5匹目がいちばん小さかったのですが、大きさはほぼ同じぐらいになりました。亡くなったタケちゃんがいちばん小さかったです。お腹もまだ赤かったです。小さいスッポンほど弱いようです。(2020年5月12日8:55撮影)







関連記事

  1. 用水路にいたドジョウ

  2. 地震と生物

  3. 木切れに擬態したツマキシャチホコ

  4. 15分の間に見つけた4匹のスッポン

  5. 2羽のヒヨドリの巣立ち雛に餌を食べさせる親ヒヨドリ

  6. 2019年に観察した飛行機と飛行機雲

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年7月)

    2020.07.01

  2. 近所のクマゼミの観察2020

    2020.06.28

  3. ホームセンターで購入した甲長5.1cmのアルビノシナスッポンの飼育

    2020.06.20

  4. 水の音

    2020.06.18

  5. 夕方に住宅地の側溝にいた1匹の大きいクサガメ

    2020.06.14

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー