波状飛行するハクセキレイとキセキレイとセグロセキレイ

↑上のアイキャッチ画像は2019年12月9日12:02に用水路の浅瀬の石の上から飛び立ったハクセキレイを写したものです。

ハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイの3種はいずれも飛行軌跡が波を描く波状飛行で飛ぶことが知られています。2019年12月9日の昼に、ハクセキレイの波状飛行を動画撮影しました。なかなかチャンスがなかったのですが、今日はその機会がありました。

以下は動画と写真がありますが、波状飛行がわかるのは下の動画の57秒からあとの部分だけです。写真ではわかりません。上のアイキャッチ画像からは波状飛行の雰囲気だけは感じることができます。

用水路でエサを探してうろうろしていたハクセキレイが飛び去る時の波状飛行(2019年12月9日)

ハクセキレイ
昼の用水路のコンクリートの岸の上に1羽のハクセキレイがいました。この個体はいつもこの辺りにいます。縄張りなのでしょうか。(2019年12月9日12:00撮影)

ハクセキレイ
私が下流の方に移動したら、そこに先のコンクリートの岸の上にいたハクセキレイがいました。(2019年12月9日12:00撮影)

1羽のハクセキレイがコンクリートの岸から下の水のない川底に降りて歩いてから、反対側の岸のブロック壁の上に止まって、浅瀬の石の上に乗りました。そのあと一旦ブロックの壁に移って、下流の方に波状飛行で逃げていきました。(2019年12月9日12:01撮影)(2019年12月9日公開)

ハクセキレイ
なかなか精悍な顔をしています。(2019年12月9日12:02撮影)

ハクセキレイ
浅瀬の石の上から飛び立ちました。(2019年12月9日12:02撮影)

ハクセキレイ
コンクリートの岸の上に止まりました。(2019年12月9日12:02撮影)

ハクセキレイ
このあと別の場所に飛んでいきました。(2019年12月9日12:02撮影)

まとめと今後の予定(2019年12月9日現在)

この辺りにいつもいる1羽のハクセキレイはいつも同じ個体であると思われます。昼前に行くとだいたいいます。あまり私を怖がっていないように見えます。

今後はキセキレイとセグロセキレイの波状飛行を撮影したいです。キセキレイはこの辺りでよく見かけるので可能性はあります。一方、セグロセキレイはほとんど見かけないのでいる場所を探さない限り無理そうです。

用水路の側壁でエサを探してうろうろしていたキセキレイの波状飛行(2020年1月1日)

ハクセキレイ
昼前の用水路のコンクリートの側壁の斜めになっている下の部分を1羽のキセキレイがエサを探しながら歩いていました。(2020年1月1日11:53撮影)

ハクセキレイ
私から逃げるように側壁を歩いていくキセキレイ。(2020年1月1日11:55撮影)

1羽のキセキレイが用水路の側壁の下部を歩きながらエサを探している様子を動画に収めました。私が歩いて近づいた時に少しだけ波状飛行して逃げるところが見られました。39〜40秒のところで短距離ですが波状飛行を見ることができます。16〜17秒のところでも波状飛行していますが、私がちょうど歩いて移動しているところだったので揺れていてわかりにくいです。最後は旋回して上の方に逃げていきました。(2020年1月1日11:56撮影)(2020年1月1日公開)

ハクセキレイのけっこう長距離の波状飛行(2020年1月14日)

2019年12月9日には短い波長での波状飛行を動画撮影することはできましたが、長距離の波状飛行はまだ撮れていませんでした。2020年1月14日午後に用水路から飛び立った1羽のハクセキレイは田んぼの上を住宅地の方へけっこう長距離で大きな波長で波状飛行しました。その様子を動画に収めました。(2020年1月14日14:46撮影)(2020年1月14日公開)

波状飛行して飛んで行った1羽のセグロセキレイ(2020年4月15日)

セグロセキレイ
2羽のセグロセキレイが田んぼ脇のコンクリートの上にいるところを撮影しました。(2020年4月15日17:21撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイの部分を拡大しました。(2020年4月15日17:21撮影)

セグロセキレイが2羽で一緒に鳴いていましたが、それぞれに分かれて、1羽は波状飛行して用水路の下流の方に飛んで行ってしまいました。(2020年4月15日17:22撮影)(2020年4月15日公開)

夕方に用水路の下流方向に飛び去ったセグロセキレイ(2020年4月18日)

セグロセキレイ
1羽のセグロセキレイが夕方に用水路のコンクリートの上を歩き回る様子(1枚目/12枚)。(2020年4月18日17:10撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(2枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(3枚目/12枚)。上の段に飛び移ろうとしているところ。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(4枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(5枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(6枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(7枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(8枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(9枚目/12枚)。何かをつついているのか、つまずいてまえのめりになったのか、わかりません。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(10枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(11枚目/12枚)。(2020年4月18日17:11撮影)

セグロセキレイ
セグロセキレイが歩き回る様子(12枚目/12枚)。このあとは動画に続きます。(2020年4月18日17:11撮影)

1羽のセグロセキレイが用水路のコンクリートの上にいて歩き回っていました。波状飛行して用水路の下流の方に飛び去流までを動画撮影しました。(2020年4月18日17:12撮影)(2020年4月18日公開)








関連記事

  1. スズメの巣立ち雛の観察

  2. 羽化して数時間後のクマゼミを公園の歩道から救出

  3. 用水路の側壁に止まっていたゴマダラチョウ

  4. 野生のスッポンの一時的捕獲とリリース

  5. 飼育を開始して6ヶ月目に入った大きい方の子スッポン

  6. バラタナゴ の幼魚の飼育

  1. 甲長26cmと17cmの大きいスッポンの観察とリリース

    2020.08.14

  2. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(8月6日〜8月12日)

    2020.08.12

  3. 夕方の用水路にいたショウジョウトンボ

    2020.08.06

  4. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年8月)

    2020.08.02

  5. 甲羅が白化したミシシッピアカミミガメの経過観察(7月28日〜8月5日)

    2020.07.30

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー