寄って来るニシキゴイの群れ

寄って来るニシキゴイの群れ

A school of Nishiki-goi in irrigation channel in my neighborhood

2014年10月1日(水)夕方、近くの用水路でニシキゴイが自分に寄って来るのが面白くて、写真と動画を撮りました。ヒトを恐れないところを見ると、餌付けされているようです。寄って来るとかわいいですね。

a school of carp
近所の用水路で泳いでいるニシキゴイを立ち止まって見ていたら、だんだん寄ってきました。
(2014年10月1日)


a school of carp
数が増えてきました。
(2014年10月1日)


a school of carp
さらに増えてきました。
(2014年10月1日)


a school of carp
さらに増えてきました。
(2014年10月1日)


a school of carp
金色のニシキゴイ
(2014年10月1日)


a school of carp
ほぼ白いニシキゴイもいます(写真右下)。
(2014年10月1日)


a school of carp
金色が映えますね。
(2014年10月1日)


a school of carp
さらに増えてきました。
(2014年10月1日)


a school of carp
これから私が移動してみます。ついてくるかどうか。
(2014年10月1日)


a school of carp
移動しました。ついてきています。
(2014年10月1日)


a school of carp
水面に背中が出ているコイもいます。
(2014年10月1日)


a school of carp
エサを期待しているのでしょう。
(2014年10月1日)


a school of carp
人面魚みたいな赤いコイもいます。
(2014年10月1日)

(2014年10月1日17:46撮影)(2014年10月1日公開)

目立っているのは緋鯉とか錦鯉ですが、よく見ると真鯉の方が数は多いようです。誰も捕獲していかないので、日本は平和ですね。
ニシキゴイとは、コイの色変わり種をもとに日本で改良された品種だそうです。色彩や斑紋はきわめて多様で、色鯉、花鯉、変わり鯉とも呼ばれます。錦鯉は緋鯉を改良してつくられたものだそうです。ということは、真鯉と緋鯉以外が錦鯉となりますね。







関連記事

  1. 飼育64日で甲長3.6cmになったシナスッポン

  2. クロマダラソテツシジミ

  3. 夕方に口を開けたまま空を飛んでいたアオサギ

  4. ナミアゲハの幼虫の蛹化と羽化

  5. アゲハ蝶と幼虫の観察

  6. 「ザ!鉄腕!DASH!」で見た絶滅危惧種のスナヤツメ(砂八目)

  1. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  2. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  3. イシマキガイ

    2022.06.28

  4. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録(19匹目〜)

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー