アシダカグモ

↑上のアイキャッチ画像は2019年10月13日5:15に撮影したアシダカグモです。

早朝に障子の桟にいたアシダカグモ(2019年10月13日)

アシダカグモ
アシダカグモが早朝に障子の桟にいました。(2019年10月13日5:15撮影)

アシダカグモ
蜘蛛の部分を拡大しました。(2019年10月13日5:15撮影)

アシダカグモが早朝に障子の桟にいるところを動画に収めました。じっとしていました。カメラを近づけても逃げませんでしたが、しばらくして見てみるとすでにどこかに消えていました。(2019年10月13日5:17撮影)(2019年10月13日公開)

まとめ(2019年10月13日現在)

アシダカグモは有益な蜘蛛として知られています。家の害虫を捕食してくれるし、人間にとっての毒はないからです。だから私は見つけても怖くもないので退治しません。







関連記事

  1. 2021年に観察した野生のスッポンの記録(9匹目〜12匹目)

  2. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2018年6月〜2019年5月)

  3. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

  4. 万座ビーチのところの木にいた逃げないクロイワツクツク

  5. 実家の庭や近所の山に現れるホオジロ

  6. 公園の満開の桜の木の上で激しく鳴いているヒヨドリ

  1. 12月の体重と体調の管理におけるウォーキングの効果(2022年12月)

    2022.11.25

  2. ケミストが作ったお役立ちサイト

    2022.11.23

  3. SI Captcha Anti-Spamが突然機能しなくなってワードプレスサイトに…

    2022.11.17

  4. 11月の体調維持におけるウォーキングの効果(2022年11月)

    2022.11.03

  5. 10月の適正体重維持におけるウォーキングの効果(2022年10月)

    2022.09.30

  1. 2022年に観察した近所の公園のチョウトンボ

    2022.07.20

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥はツリスガラ(吊…

    2020.04.16

  5. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー