アシダカグモ

↑上のアイキャッチ画像は2019年10月13日5:15に撮影したアシダカグモです。

早朝に障子の桟にいたアシダカグモ(2019年10月13日)

アシダカグモ
アシダカグモが早朝に障子の桟にいました。(2019年10月13日5:15撮影)

アシダカグモ
蜘蛛の部分を拡大しました。(2019年10月13日5:15撮影)

アシダカグモが早朝に障子の桟にいるところを動画に収めました。じっとしていました。カメラを近づけても逃げませんでしたが、しばらくして見てみるとすでにどこかに消えていました。(2019年10月13日5:17撮影)(2019年10月13日公開)

まとめ(2019年10月13日現在)

アシダカグモは有益な蜘蛛として知られています。家の害虫を捕食してくれるし、人間にとっての毒はないからです。だから私は見つけても怖くもないので退治しません。







関連記事

  1. 2020年に観察した27匹目から40匹目までの野生のスッポン

  2. カタツムリ

  3. 近所の用水路にいたミナミヌマエビの観察

  4. 近所の用水路にいるオイカワの観察(2021年6月〜11月)

  5. 2022年に観察した野生のスッポンの記録:冬眠明け間近の兆候と2匹目〜9匹目の観察

  6. 小鳥

  1. 2020年3月に最初に保護した甲長7cmの子スッポンの2年3ヶ月後

    2022.07.06

  2. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  3. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  4. イシマキガイ

    2022.06.28

  5. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー