モクズガニ

↑上のアイキャッチ画像は2019年10月13日16:00に撮影したモクズガニです。

ハサミが片方しかない1匹の大きなモクズガニ(2019年10月12日)

モクズガニ
衣装ケースの中に入れられた1匹の大きなモクズガニ。(2019年10月12日14:17撮影)

衣装ケースの中に入れられた1匹の大きなモクズガニを動画に収めました。(2019年10月12日14:18撮影)(2019年10月12日公開)

7匹のモクズガニ(2019年10月13日)

モクズガニ
大きなハサミを持っている大きなモクズガニ。(2019年10月13日9:56撮影)

モクズガニとテナガエビ
テナガエビもいます。(2019年10月13日9:57撮影)

モクズガニ
7匹のうち特に大きな3匹のモクズガニ。(2019年10月13日9:59撮影)

モクズガニ
最も大きなモクズガニ(左)と水面に顔をあげているモクズガニ(右上)。(2019年10月13日9:59撮影)

衣装ケースの中に入れられた7匹の大きなモクズガニを動画に収めました。テナガエビもいます。(2019年10月13日9:59撮影)(2019年10月13日公開)

7匹のモクズガニ(2019年10月13日)

衣装ケースの中で塩ビ管に隠れている大きなモクズガニの鋭い目力を動画に収めました。(2019年10月13日15:54撮影)(2019年10月13日公開)

モクズガニ
モクズガニの横顔。(2019年10月13日16:01撮影)

モクズガニ
モクズガニの鋭い視線。(2019年10月13日16:03撮影)

住宅地の側溝にいた1匹のモクズガニ(2020年5月10日)

モクズガニ
側溝でじっとしていたモクズガニ。(2020年5月10日11:19撮影)

1匹のモクズガニが住宅地の側溝にいて、穴から体を半分出してじっといているところを動画に収めました。(2020年5月10日11:54撮影)(2020年5月10日公開)

住宅地の側溝の穴から用心深く出てくるモクズガニ(2020年5月10日)

モクズガニ
側溝の穴から少し出ている1匹のモクズガニ。(2020年6月30日18:12撮影)

モクズガニ
モクズガニの部分を拡大。(2020年6月30日18:12撮影)

1匹のモクズガニが住宅地の側溝の穴から出てくるところを動画に収めました。(2020年6月30日18:14撮影)(2020年6月30日公開)

住宅地の側溝の穴の近くの石を押しのけるモクズガニ(2020年5月10日)

モクズガニ
側溝の穴から出ている1匹のモクズガニ。(2020年6月30日18:14撮影)

モクズガニ
モクズガニの部分を拡大。(2020年6月30日18:14撮影)

1匹のモクズガニが住宅地の側溝の穴から出てきて小石を除けているところを動画に収めました。(2020年6月30日18:19撮影)(2020年6月30日公開)

モクズガニ
側溝の穴から出たまま、まだ私に気づいていないモクズガニ。(2020年6月30日18:19撮影)

モクズガニ
モクズガニの部分を拡大。このあと、私が立ち上がって帰ろうとしたらササッと穴に隠れました。今回、なぜ近くで気づかれずに観察できたかというと、モクズガニが穴から出てくる前からじっとガードレールに隠れてしゃがんで観察していたからです。(2020年6月30日18:19撮影)







関連記事

  1. 公園で巣立ち雛にムシを食べさせている親ムクドリ

  2. 魚やスッポンなどを飼っている3つの水槽

  3. 水槽No.6で飼育している11匹の小さいフナ

  4. カタツムリ

  5. 近所の湿地帯に飛来するアオサギ(2015年〜2018年)

  6. 近所の公園のため池にいるカルガモの観察2020

  1. 夕方の用水路にいたショウジョウトンボ

    2020.08.06

  2. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2020年8月)

    2020.08.02

  3. 皮膚病を患ったミシシッピアカミミガメの経過観察

    2020.07.30

  4. 2020年に観察した27匹目以降の野生のスッポンの観察結果

    2020.07.30

  5. 近所の用水路で網に入っていたマツモムシ

    2020.07.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥

    2020.04.16

  4. 用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができていない珍しい水鳥

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  4. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

  5. 西郷どん第17回で出てきた鹿児島弁の解説

    2018.05.07

アーカイブ

カテゴリー