コンニャクの花

コンニャクの花

Flowers of Konjac

コンニャクの花の写真です。ちょっとグロテスクですが、面白い写真です。育てて掘り起こしてお手製コンニャクをつくることができます

2014年5月3日(土)、家に生えている蒟蒻に花が出ていました。大きさ的には小さいです。埋まっている芋はあまり大きくないと思います。コンニャク芋は2〜3年で収穫するので、4~5年に1度しか開花しない花はなかなか見ることができないそうです。


konjac
2010年7月18日


konjac
2012年4月30日


konjac
2012年4月30日


konjac
2012年4月30日


konjac
2012年4月30日


konjac
2012年7月15日


konjac

1本目のキウイ香緑の枝を落としたので、下がだいぶ明るくなりました。そこには蒟蒻が植えてあるのですが、雑草をきれいに取ったため、芽が出て来ているのがはっきりとわかります。
(2014年5月3日)


konjac
少し接近して撮りました。
(2015年5月30日)


konjac
少し接近して撮りました。
(2015年5月30日)


konjac
上の方を近くで撮りました。
(2015年5月30日)


konjac
この時期は葉っぱが生長しています。
(2015年7月2日)







関連記事

  1. カワセミの求愛行動

  2. 偶然にしては出来過ぎの私のお気に入りの自然の一発撮り動画(Part 1)

  3. ニホンイシガメの幼体の飼育

  4. 近所の用水路で網に入っていたマツモムシ

  5. 通算6匹目のすっぽんの目が新鮮な水道水で白濁してしまう現象についての原因と対策

  6. 台湾生まれのシナスッポンの幼体の飼育

  1. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年4…

  2. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年3…

  3. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年2…

  4. ビリルビン(Bilirubin)のIUPAC名を自分なりに付け…

  5. 夕方のウォーキングによる体重と体調の管理(2024年1…

  1. 通算6匹目のすっぽんの目が新鮮な水道水で白濁してし…

  2. 観察した近所の公園のチョウトンボの観察(2022年〜2…

  3. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  4. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  5. 図鑑で見つけることができていなかった珍しい小鳥は…

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察…

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目…

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

アーカイブ

カテゴリー