シマエナガの鳴き声

電線に止まったシマエナガの鳴き声

柿の木の下にいたら、上の電線のところから「チーチー」という鳴き声が聞こえてきました。急いでデジカメを向けて写真を撮りました。

電線の上のシマエナガ
残念なことに、手前の柿の葉っぱにピントが合ってしまって、小鳥には合いませんでした。(2018年6月3日15:59)

電線の上のシマエナガ
柿の木の下から外に出て、急いで写真を3枚撮りました。(2018年6月3日16:00)

電線の上のシマエナガ
2羽います。番いのようです。(2018年6月3日16:00)

電線の上のシマエナガ
飛び立った瞬間。このあと竹やぶの方へ鳴きながら飛んでいきました。(2018年6月3日16:00)

電線の上のシマエナガ
100メートル先の竹やぶの近くまで行き、写真を撮りました。でも、結局どこにいるかはわかりませんでした。鳴き声はかすかに聞こえていました。(2018年6月3日16:02)

15:59〜16:00の音声メインの動画です。↓ 画像はかなりブレています。途中、カラスの鳴き声も聞こえます。

画像の方はシマエナガだとわかるものはありませんでしたが、尻尾をよく振る鳥で、スズメよりも小さく、鳴き声が主に「チーチー」で、時々「ツリリ」「ジュリリ」みたいな感じの鳴き声が混ざっていたということなどを手掛かりにネットで調べたところ、シマエナガでほぼ間違いないという結論に至りました。







関連記事

  1. 2匹目の子スッポンの飼育記録(2020年6月〜7月)

  2. ニホンイシガメの飼育記録2022

  3. コサギの観察2019

  4. 落葉樹の中にあったスズメバチの巣

  5. 2019年に入って観察した20匹目から23匹目までのスッポン

  6. 近所の用水路に生息している大きいナマズの観察(2020年4月)

  1. 2020年3月に最初に保護した甲長7cmの子スッポンの2年3ヶ月後

    2022.07.06

  2. 7月の減量におけるウォーキングの効果(2022年7月)と健康診断結果…

    2022.07.01

  3. ヤマトヌマエビ

    2022.06.28

  4. イシマキガイ

    2022.06.28

  5. 水田で反時計回りと時計回りに回転している2つの小さい渦

    2022.06.26

  1. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  2. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  3. 図鑑で見つけることができていない珍しい小鳥はチゴモズ(稚児百舌…

    2020.04.16

  4. クサシギかもしれない用水路の浅瀬にいた図鑑で見つけることができ…

    2019.12.18

  5. 卵から生まれた7匹の赤ちゃんスッポン

    2019.11.17

  1. 減量におけるウォーキングの効果の検討(2021年4月)

    2021.04.01

  2. 激しい喧嘩のあとに皮膚病になっていた2020年に観察した3匹目のスッ…

    2020.05.05

  3. 2020年に観察した5匹目と6匹目の野生のスッポン

    2020.04.29

  4. 40分以上喧嘩していた2020年に観察した3匹目と4匹目の野生のスッポン

    2020.04.12

  5. ウグイスが気を失ったあとに回復していく過程の観察

    2019.12.14

アーカイブ

カテゴリー